CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※深夜番組は日付変更前の曜日
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
金色のコルダ Opus 15「高鳴る胸のアリア」

今回録画したのを見ようとしたら、なぜかビデオの調子が悪く、映像が乱れまくっていたので、画面を見ないようにしました(アニメの意味がない)。そんなことにもめげず、今回も、アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第15弾です。


※アリア
オペラ、カンタータ、オラトリオなどの声楽曲では、叙事的な語り口調で旋律が重視されないレチタティーヴォと、叙情的で旋律重視のアリアを交互に繰り返し、間に合唱曲などを挟んで進行していきます。「アリア」はまさに「歌」の部分で、聴かせどころ。


今回の使用楽曲です。
●火原が吹いていた曲
マスネ:エレジー
知らない曲…… マスネは「タイスの瞑想曲」ぐらいしか知らないんですけど。「エレジー」は「悲歌」「哀歌」です。愛のかなしみ、ですか……


天羽さんと森さんの、音楽科男子品評コーナー!(笑)
●月森
演奏もルックスもいいけれど、あの性格じゃあね……

●火原
かわいい!

●柚木
理想かもしれないけど、趣味には合わない……

●志水
ビバ後輩!!

森さん、いいキャラです…… 柚木に関しては、「趣味に合わない」という見解ですが、この2人はなかなか鋭い勘をしているようですね。


月森は、香穂子とは恋人でもなんでもない! ということに、妙にこだわっています。意識しすぎですね…… 土浦は土浦で、自分がこのまま進んでいっていいのかどうか、悩みがあるようです。ピアノについては元カノにも黙っていたのですね…… それを「土浦は女の子と付き合ったことがある!」ということで妙に感銘を受けた火原が、どんどんしゃべっちゃいます(笑)。まあ、火原が空気を読めないのは今に始まったことじゃないので……


土浦の元カノ・崎本さんは、今度は火原が香穂子の彼氏? とか言っています。そんなに香穂子を誰かとくっつけたいんですか?(笑) で、なぜか土浦と火原でバスケの勝負に。これは、香穂子を賭けての戦いということで良いですか?


兄貴やバスケ仲間になぜか急に用事ができて(笑)、香穂子と2人にさせてもらったりしていた火原。香穂子だけじゃなく、火原にも柚木ショックが効いていたようです。それで、
「香穂ちゃん」
とか言ってみたりする火原です。しかし「恋人に名前で呼んでもらいたかった」と言っていた崎本さんを思い出して、香穂子は
「遠慮します」
あ〜あ、残念でしたね、火原! 「香穂」の権利は、冬海ちゃんに譲ってあげましょう。


しかし、火原はようやく「好き」ということを認めたのですね……
バレバレでしたけどね!(笑)

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 15:24 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
金色のコルダ Opus 14「乙女心のカプリチオ」

今回は、クラシックは飛ばして女性キャラのことだけを書こうかと思ってしまうお話でした(笑)。でも、いつもどおりの形でいきます。アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第14弾です。


※カプリチオ
「奇想曲」のことで、自由で軽快な形式。器楽曲が多い。イタリア語で「カプリッチョ」という表記が多いですけど(フランス語では「カプリース」)。


今回の使用楽曲(?)です。
●火原の鼻歌
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第1楽章
言わずと知れた名曲なので、解説の必要ナシ(笑)。火原も、もっと楽しそうな曲を歌えばいいのに……

●柚木のフルート
アルビノーニ:弦楽とオルガンのためのアダージョ ト短調
これも有名な曲で、コンピレーション・アルバムなどによく収録されています。オーケストラのバージョンをよく聞きますが、フルートだと切ないメロディが際立つ感じで、良いですね。


今回は柚木と香穂子が婚約! ……のフリをするお話でした。それを聞きつけた各所の反応です。

○火原
火原は見た! みたいな感じで第1発見者(?)です。いてもたってもいられず、コンクール参加者を連れて柚木邸へ。「婚約」の単語に動揺しすぎです。そのあと、礼乃に「負けている」香穂子を擁護したりしております。
香穂子のことが大好きなんですね!
よくわかりましたから(笑)


○土浦
月森を挑発してから、柚木邸へ(笑)。いつの間に仲良くなっていたのか? と思いつつ、後先考えない香穂子をうまくフォローしました。相変わらずナイスです。しかし、元カノの登場で、修羅場が?(ない)


○月森
土浦の「売り言葉に買い言葉」で、彼も柚木邸へ。柚木邸では影が薄かったですが、土浦の元カノに香穂子との仲を指摘されて、動揺したんでしょうか? 否定する香穂子に対して「即答かよ……」みたいな感じでした。


○志水
以外に、一番やってくれたのが志水。積極的に柚木邸に突入しようと、呼び鈴を催促しております(笑)。一夫多妻制については、
「そんなにたくさんは、無理です」
……これって、真面目に検討した上での回答に聞こえます(笑)。


肝心の柚木ですが、香穂子を車に連れ込んで、お姫さまで着せ替え遊びを…… さっそく「俺の香穂子」って感じですか? ダメよ! 香穂子は渡さないから!(笑) なかなか難しい家庭環境のようです。音楽活動にも消極的なようですし…… 常に社会的な体裁を気にしないといけないなんて、息が詰まります。それで、あんな性格になっちゃったんでしょうか?(笑) ただ、「周りが見えていない」と言って礼乃を諭したところ、あのあたりが、柚木の本心、というか良心なのでしょう。


さて、ここからが本題です(笑)。金色のコルダ・女の子特集!

○柚木 雅
あの柚木先輩の妹さんというだけあって、中学生ですが、なかなかの美少女(香穂子談)。兄貴については、好きな人なんていない…… とコメント。雅は、お兄さんのことが、好きなんですね! あにいもうと?(そこまでは…)


○高階礼乃
和服美少女来たぁ〜!!
ごめんなさい、香穂子、礼乃に負けてますわ! 口元が艶っぽいですよ…(笑) 小さいころ柚木に口説かれて(?)以来、一途に想い続けてきた礼乃…… 健気ですね。柚木! どんな小学生ですか? 今回柚木は、「鬱陶しい」礼乃を何とかするために、香穂子を持ってきたわけですけど、もったいないもったいないもったいない…… でも、大丈夫! 柚木がダメでも、
あやのタンの貰い手は、いくらでもいると思います!(笑)
……まあ実際は、柚木も、それほど悪くは思っていないでしょう。


○お婆さま
柚木のお婆さま! この人も、なかなかの美人だと、おもいますよ…? お婆さままでこのレベル。コルダ恐るべし……


○崎本さん
土浦の元カノらしい…… しかし、この作品に出てくる女性キャラは、全体的にレベル高いですね。桑島法子さん…… 「遥か」にも出ておられましたが、KOEIでは常連でしょうか?(笑)


メガミマガジン1月号に、「金色のコルダ」の特集があって、高木礼子さん・佐藤朱さん・水橋かおりさんのインタビューも載っておりました。この作品には女性キャラもたくさん出てくる上に、かなりレベルが高いですから(笑)、良いと思いますけど。……いいところに目をつけましたね、メガミマガジン。

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 10:39 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
金色のコルダ Opus 13「かけがえなきメロディ」

アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第13弾です。


※メロディ
「旋律」のこと。以上…… と思ったら、チャイコフスキーの方でしたか。これについては以下で。


今回の使用楽曲です。
●香穂子が弾いた曲
チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」より第3曲「メロディ」
「なつかしい土地の思い出」はヴァイオリンとピアノのための作品で、第1曲は「瞑想曲」、第2曲は「スケルツォ」、第3曲が今回の「メロディ」です。タイトル通り美しいメロディが魅力です。手元のCDを聴いてみると、独奏ヴァイオリンとオーケストラで演奏されて、ヴァイオリン協奏曲みたいになっているのですが、これは編曲版なんでしょうか…?


香穂子、ヴァイオリン禁断症状(笑)


中間試験が近いので、香穂子はリリにヴァイオリンを取り上げられました。リリの真意としては、思いつめたまま練習して欲しくないという意図だったようですが…… おかげで自身のヴァイオリンに対する気持ちに気づけたのでした。……わたしもチェロがこのくらい好きになれればよかったのかもしれませんけど(笑)


試験終了後、第3セレクションのテーマが発表されました。テーマは「かけがえなきもの」ということです。そんな中、香穂子のまわりの皆さんは、ポイントアップ作戦を続けているのでした……


●火原
自分がトランペットを初めて吹いたときの話をして、香穂子に初心を思い起こさせるきっかけを作っています。


●志水
弦楽器の歴史展で、香穂子に弦楽器の解説。香穂子が「自分はヴァイオリンが好きなんだ」と改めて実感させるきっかけを与えています。しかもさりげなく「先輩のことが気になるんです」とアピール。……演奏のことでしたか。


●月森と土浦
月森はヴァイオリンの持ち方と姿勢について、香穂子にアドバイス。意外とよく香穂子のことを見ているようですね。土浦は、勉強をちょっと教えてあげました。この2人は実は同じイニシャルだったんですね…… 月森は「Lを使うことにしている。」だそうです。この2人の会話で、香穂子は自分たちが「音楽で繋がっている」ことを実感するのでした。


●冬海ちゃん
セレクションの曲決めに関して香穂子に相談しようとするものの、天羽さんが現れたので失敗(笑)。しかし、確かに曲くらいは自分で考えたほうがいいと思いますけどね。


そんな中、かなり変わったアプローチをする人が……
●柚木
かけがえなきもの……
「人の優しさ」
柚木、食えない人! 屋上では、香穂子のテスト答案を見つつ「バカは嫌いだよ」とか言って、香穂子を呼び捨てにしております。すでに「俺の香穂子」状態ですか?

しかし柚木はわかっていないようですね。
香穂子を呼び捨てにしていいのは視聴者だけだってことがね!
そして次回は、こ、こ、婚約!?
その前にウチが香穂子をいただきます(落ち着け)


何を柚木と張り合ってるんでしょうね?(笑)

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金色のコルダ Opus 12「後ろめたさのピアニッシモ」

アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第12弾です。


※ピアニッシモ (pp)
強弱に関する記号で、「とても弱く」の意味。って、それくらいはみんな知ってますか。


今回の使用楽曲です。
●オケ部の1年・小泉麻衣が弾いた曲
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番第1楽章
これはCD持っていない曲ですね…… モーツァルトのヴァイオリン協奏曲では第5番「トルコ風」がわりと有名だと思います。

●王崎先輩が弾いた曲
ドビュッシー:「美しい夕暮れ」
ドビュッシーは交響詩やピアノ曲が有名なのですが、これは歌曲です。これも聴いたことない曲ですね…… このお話では、「歌の翼に」「アヴェ・マリア」など、歌曲がわりと多く出てきますね。


今回は柚木の言動に注目。香穂子に「ウザい」と言い放って、コンクールを辞退するように迫りました。
香穂子をいぢめちゃダメぇ〜!!(落ち着け)
いきなりそんな脅迫まがいのことを言われても……


困った香穂子は誰かに相談しようとしますが、柚木は品行方正な優等生で通っているので、このショッキングなお話を切り出せません。天羽さんに言おうかと思うと、いきなり後ろに本人登場。これはこわいよ…… 階段から落ちた香穂子は保健室へ。手当てはしてくれたものの、相変わらずの柚木です。そうすると柚木は香穂子を押し倒して……
待て!! それ犯罪!
柚木は自分の世間での評価まで視野に入れつつ迫っているようです。柚木はある程度香穂子を自由にできる立場にあるわけですか。なんてうらやましい…… いやいや、みんな騙されちゃダメ! そいつは女の敵よ! しかし何が柚木をそこまでさせるんでしょうか…?


香穂子も魔法のヴァイオリンを使った上での入賞だから、後ろめたい部分がありますし、それは誰にも言えないことです。思い悩む香穂子を、オケ部の練習に呼ぶ火原。火原! 空気読め!(笑) まったく悪気がないのはわかるんですけど。オケ部の関心は柚木だけじゃなく香穂子にも集中。しかも香穂子が土浦と付き合っているという噂が……
火原は全力で否定!
火原が香穂子のこと大好きだっていうのはよくわかりましたよ。しかしよく考えると、火原も事故とはいえ、合宿で香穂子を押し倒してましたね…… まったく先輩2人して何やってるんだか(笑)
やっぱり後輩萌えとか……


オケ部の麻衣の演奏を聞いた香穂子は、意見を聞かれてその場を飛び出してしまいました。香穂子も音楽に対しては真摯に取り組んできたものの、やはりまだ日が浅く付け焼刃である点も否定できません。でもセレクションで上位に入ったことで、相当な上級者とみなされるわけです。同じ制服を着ればお客から見てベテラン正社員も新人アルバイトも関係ないので、入りたてなのに専門的な質問をされると非常に困りますよね(全然違いますか……)。


そんな香穂子でしたが、王崎先輩の素晴らしい演奏に感動し、なんとか持ち直すのでした。いろいろな人に心配してもらった回でしたね。「普通科のよしみ」の土浦に、プレッシャーに対する心構えを説く月森。月森ったら優しい言葉は出ないのにちゃんと心配はしてるのね。この2人はどんどん株を上げてますよ。


しかし、柚木だけに好き放題させてはダメですよ…… よ〜し!
これからみんなで1回ずつ香穂子を押し倒すこと!
――含む冬海ちゃん(嘘)

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 21:43 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
金色のコルダ Opus 11「白と黒のアダージョ」

アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第11弾です。


※アダージョ
速度を指定する用語 "Adagio" で、「ゆるやかに」の意味。「アダージョのテンポで演奏する曲」の意味にも使われます。交響曲の緩徐楽章でよく用いられるテンポです。


●今回の使用楽曲
アルビノーニ:アダージョ
アルビノーニという作曲家自体はあまり有名ではないですが、この曲だけは有名です。イージーリスニングやコンピレーションのアルバムにもよく収録されています。この人はオーボエ協奏曲をたくさん描いたようです。よく知りませんけど…(笑)


香穂子と冬海ちゃんは、打ち上げで天羽さんの家に呼ばれました。
「ひ、日野先輩のこと、か、香穂先輩って呼んでもいいですか?」
冬海ちゃんきましたよ〜!!(落ち着け)。「先輩みたいに、なりたいんです」と言ってもらえるなんて、どれだけ光栄なことでしょう。でも香穂子の気持ちは……


第2セレクションは、1位・土浦、2位・香穂子の順で、最下位は演奏できなかった月森でした(棄権じゃないんですね)。香穂子はこの結果に、居心地の悪さを感じているようです。「魔法のヴァイオリン」という強力アイテムを使っているわけですからね……


図書室で本を探していた志水は、その本を香穂子が枕にしているのを発見。土浦は志水のボケっぷりに戸惑っているようですが…… どうやら論理的に繋がっているのは志水の頭の中だけで、会話は飛躍しているようです(笑)。志水は土浦の姿勢について大いに評価する一方、香穂子の演奏について土浦が「素直な音」と言うのに納得。志水はいろいろ考えているんですね…… モノローグを聞いて初めてわかりましたよ(笑)。


今回はコンクール参加者のきょうだいの話がいろいろ出てきました。志水には、衣装を贈ってくれる姉がいるらしい…… どうも弟にいろいろ着せて楽しんでいるようですね(笑)。香穂子・火原には兄が、柚木にはさらにたくさんきょうだいがいるみたいです。でも柚木の家はいろいろ大変なようで……


兄の誕生日プレゼントを買うため、香穂子に付き合ってもらうことに火原。お、これは2人でデートですか? でもその計画は柚木が出てきたせいで失敗(笑)。その柚木、音楽の道を進むのかと思いきや、大学は商業か経済系にするのだとか。経営者にでもなるんですか(笑)。もしかしたら、家庭の都合で音楽を諦めざるを得ないんでしょうか。


「うざいんだよ」と言い放つ柚木は、自分の置かれた状況にいら立ってあんなことを言ったようにも見えましたが…… 柚木の心中については今までまったくと言っていいほど触れられていないので、わかりませんね。それにしても、
柚木先輩、黒……


フルートもねピッコロも木管楽器です。「木管」「金管」の区別は、材質の違いではなくて、音の出し方の違いです。
リードや呼気で「カルマン渦」を発生させて音を出すのが、木管楽器。
唇を振動させて音を出すのが、金管楽器。
……だったと、記憶しています。だから、金属製でも、フルートやサクソフォンは木管楽器です。この原理でいくと、口笛は木管楽器。おならは金管楽器ですね(ォィ

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 22:07 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
金色のコルダ Opus 10「孤高のヴィルトゥオーソ」

アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第10弾です。ついに2桁突入!


※ヴィルトゥオーソ
「ワンポイントアドバイス」でリリが言っていた通りです。ロマン派以降の協奏曲では、ヴィルトゥオーソ的技巧を要する曲が増えていきます。ヴァイオリンのパガニーニのほか、ピアノではリストが超絶技巧で有名ですね。


第2セレクションの演奏曲です。テーマは「信じるもの」
●土浦梁太郎
ショパン:即興曲第4番ハ単調「幻想即興曲」
土浦の見事な演奏。ショパンのピアノ曲の中でも傑作のひとつですね…… 中間部の穏やかな旋律も聴いてみたかった気がします。

●日野香穂子
パッヘルベル:カノン
いい曲なんですが…… やっぱりヴァイオリン一挺とピアノだけでは寂しい感じがします。同じメロディーをそれぞれの楽器が繰り返すのが、この曲の聴き所ですからね。

●火原和樹
メンデルスゾーン:歌の翼に
前にも書きましたが、もともとこの曲は歌曲です。声楽パートをトランペットで吹いていることになるんでしょうか。華やかさと違った、こういう落ち着いた感じもいいですね。

●冬海笙子
サン=サーンス:ロマンス
よく知らないのですが、「ロマンスハ長調Op.48」でしょうか? 普通はヴァイオリンで演奏する曲だと思います。しかし、演奏は…… カット!? プレッシャーに負けずがんばって、冬海ちゃん……

●志水桂一
サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」より「白鳥」
チェロ曲の定番中の定番です。チェリストなら弾けて当然! と言いたいところですが、わたしは一回も通して弾けませんでした…… なかなか難しいんですね、これが。

●柚木梓馬
マスネ:歌劇「タイス」より第2幕の間奏曲「タイスの瞑想曲」
この曲はイージーリスニングのCDなどにもよく収録されている、クラシックのポピュラー曲です。歌劇「タイス」がどんなものなのか、全然知りません…… というか、取り上げられませんけど。

●月森蓮
ヴィタリ:シャコンヌ
前にも書きましたが、「シャコンヌ」はバッハのものが格段に有名です。なのでヴィタリという名前も知りません(笑)。ヴィタリさんごめんなさい…… この曲、ぜひ月森にはセレクション本番で弾いてほしかったですね。

しかし、テーマ「信じるもの」とそれぞれの曲がどう関係しているのか、演奏者から聞きたかったです……


セレクションでは土浦・香穂子の普通科コンビが好評を博しています。土浦は月森の母親・浜井美沙のファンだったのですね…… 確かに、ピアノを志す者として偉大なピアニストにあこがれるのはよくわかります。火原は金澤先生に食事おごってもらう約束。その余波で冬海ちゃんをけしかける金やんでしたが、冬海ちゃんは緊張してうまくいかず。先生……


そうこうしているうたに、香穂子は月森がいないことに気づきました。みんなで探すものの、見つからず…… 金澤先生は冗談めかして志水に「ゆっくり歩け」と言いますが、たたでさえいつもあんな感じの志水にそんなこと言ったらダメですよ…… というわけで志水は「牛歩戦術」をとったのでした(笑)。


クローゼットに閉じ込められていた月森。香穂子が気づきますが、月森は「どうせ間に合わない」と言って、諦めてしまいました…… 香穂子はなんとか説得して月森を助け出しましたが、既に聴衆は帰った後。今回は月森は棄権ですか…… 残念です。


月森も敵が多いんですね…… 月森をクローゼットに閉じ込めたのは、音楽科2年の連中でした。卑劣な手段で月森の舞台を奪って…… 法が許しません!

刑法第220条
不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、3月以上7年以下の懲役に処する。


君らみんな退学ね!!(笑)
その前に土浦に成敗されちゃいましたけど。ちなみに第1セレクションで伴奏をドタキャンしたの庄司恵の場合、刑法233条・偽計業務妨害罪(3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)にあたるかもしれません…… くわばらくわばら。


今回の注目点はそこではありません。クローゼットを開けるため、月森は中から押して、香穂子は外から引っ張ることに…… これって、
2人の初めての共同作業ってことでいいですか?(笑)

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金色のコルダ Opus 9「安らぎのコンチェルト」

アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第9弾です。


※コンチェルト
協奏曲のこと。オーケストラと独奏楽器で演奏する曲。独奏楽器が華やかに活躍する曲が多い。


今回の演奏曲です。だんだん何度も演奏される曲が出てきたので、初めて出てきた曲だけ。
●サロンで演奏していた室内楽曲
シューベルト:ピアノ三重奏曲第1番変ロ長調から第2楽章
シューベルトは「歌曲王」と言われたとおり歌曲作品が非常に多いですが、室内楽曲でも数多くの名曲をのこしています。この曲は聴いたことないですが…… まあ、わたしは交響曲や声楽曲をたくさん聴いているのですが、室内楽曲はまだまだですね…… でも最近は落ち着いた感じの室内楽曲も、けっこういいのではないかと思っています。


今回は、いつも寝ている志水君の出番が多かったですね(笑)。いきなり赤信号を突っ切ろうとしているんですもんね…… ねぼけているのかと思いましたよ。歩きながら本読んでたんですか…… そりゃ危ないですよ。チェロ持ちながらって、危険極まりないですね。


しかし志水は、思いのほか音楽に対する姿勢は真摯なのですね。本を読んだり、コンサートに行ったりするのも、趣味と言うよりは自身に生かすための涵養のようです。趣味と実益を兼ねられるというのが、一番良いのですけど。で、志水は練習室で倒れた! ……のではなくて、またしても寝ていたのでした。志水が笑った〜! こりゃオドロキです。普段あまり笑わない人は、こういうときに破壊力があるのですよ。


月森に言った言葉がわだかまって、練習に集中できないという香穂子。確かに月森にとって両親の存在は大きなプレッシャーとなっているようです。何をやっても「さすがあのご両親の子」と言われるので、彼自身をそのものとして評価してもらったことがないのでしょう。だからこそさらに実力をつけて、「あの両親の子だから……」と言われないようになりたい、と月森は思っているのかもしれません。そんな月森に対し、やんわりとプレッシャーを加える柚木、恐ろしい人…… 絶対わかっててやってるでしょ? うん、ヤな奴です(笑)。


悩める香穂子に声をかけるのは、土浦。今回は対戦相手なのですが、普通科のよしみで引き続き相談に乗ってくれるそうです。頼もしい限りです。土浦、ほんとにいい奴です…… こんなこと言われたら、確実に好きになっちゃいますよ(笑)。「馬子にも衣裳」は、どうかと思いますが……


土浦に言われたとおり、人前で演奏する練習をしようとする香穂子でしたが、天羽さんに発見されてしまいました…… それから、冬海ちゃんも交えて衣装選びタイム。冬海ちゃんは、着せ替え人形ちゃん(笑)。ゴスロリ衣装がとっても似合う逸材です。セレクションと関係なさそうな衣装も。で、なぜか天羽さんも試着…… 趣旨変わってます。ところで、冬海ちゃんが会っていた人は、伴奏者の人でしょうか? あんなにうれしそうに手を振るなんて…… そこがちょっと意外な感じでした。


香穂子は室内楽コンサートを聴いて、舞台で演奏するときの心持ちについて感じるところがあったようです。ガチガチの月森とは、かなり違う方向の考えようだと思いますが…… 楽しんでできれば、一番でしょうね。


大勢の前で舞台上で演奏するというのは、大変緊張しますけど、一方で楽しいものですし、曲の盛り上がりに合わせて高揚するものです。これが非常に良いのですが、独奏となると話は別で…… やったことないですが、相当プレッシャーでしょう。香穂子にはがんばってもらいたいですね。

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 00:58 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
金色のコルダ Opus 8「こころ紡ぐカノン」

アニメでクラシックを振興するの〜! の企画、第8弾です。


※カノン
リリが言っていた通り「追走曲」です。特に付け加えることはありません(笑)。輪唱では、「かえるの歌」「静かな湖畔で」などが有名ですね。


今回の使用楽曲です。
●月森が自室で弾いていた曲
ヴィタリ:シャコンヌ
初めて聴きました。ヴィタリって誰!(笑) というわけで解説は、なしです…… 「シャコンヌ」で断然有名なのは、J.S.バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番」から第5楽章「シャコンヌ」でしょう。月森もマイナーな曲弾きますね……(ヴァイオリン学習者にとってはメジャーな曲なんでしょうか?)

●オルゴールの曲
パッヘルベル:「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ」より第1曲「カノン」
「パッヘルベルのカノン」として有名な曲です。カノンなので同じ旋律をずらして弾いていくだけなのですが、これが聴けば聴くほど味が出る傑作です。比較的易しい曲なので、わたしも部活メンバーとよく弾きました。チェロは同じメロディーを繰り返すだけなので簡単な反面あまりおもしろくないですけど…(笑)。「ジーグ」の部分は聴いたことがないのでわかりません。ところで、曲名の通りこの曲を演奏するにはヴァイオリンが3挺必要なのですが、香穂子はどうするんでしょう…… ピアノ伴奏を編曲して何とかするんでしょうか?


今回は、
香穂子、地雷を踏みまくる!
もっとうまいこと立ち回ってください(笑)。


体調崩した月森に付き添った香穂子でしたが、どうやら寝ちゃったようです…… 月森は、声はかけずに上着をかけていったというわけですか(笑)。上着を返しに行く途中、火原・土浦と遭遇。この2人なんでいつも一緒にいるんでしょうね……


いい具合のタイミングで火原のお腹がなったので、月森くんちでご馳走になっちゃいました。
「勝手に見るな」
って言われても…… 写真立ててあるんだから、見るなっていうほうが無理ですわ(笑)。香穂子はCD借りて帰りました。物の貸し借りっていうのは、なかなか良いのです。返すときにもう一度会うことになりますしね。……火原、まだ食い足りないの。別腹のほうが大きいんじゃないんですか?


真剣な月森の姿勢に触発されたのはいいのですが、香穂子は焦って周囲のことにまで気が回らなくなってしまったようです。「時間がない…!」といってやたらと焦る気持ちは、非常によくわかります。でも友人関係をおろそかにしちゃダメですよね…… 壊れても直せないものなんてない…… と言う火原のとおり、美緒・直のふたりとはちゃんと仲直りできましたけど。


柚木は、生徒会役員でもないのにアンケート募集活動に協力しております。香穂子たちはまんまと駆り出されてしまいました…… ま、土浦と月森が愛想振りまくなんて無理でしょうけど。冬海ちゃんは、「アンケート…… お願いします。てへっ☆」とか言えば、みんな大いに協力してくれるはず(笑)。


香穂子は月森の陰口をたたいていた連中にちょっと抗議したため、ケンカを売られますが、ここは月森が阻止。でも今度は月森のやばい部分に触れてしまった…? 香穂子もなかなか危機回避がままなりませんね。

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金色のコルダ Opus 7「秘めやかなデュエット」

アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第7弾です。


※デュエット
二重奏のこと。「ワンポイントクラシック」でも言っていましたね。デュエット、カルテット、クインテット…… ベートーヴェンの曲で「ホルン、ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネット、チェロ、バスーン、ダブルベースのための七重奏曲」というのがありますが、それくらいが最高でしょうか。七重奏は何て言うのか知りませんが……


今回使用された楽曲です。
●香穂子と月森のデュエット曲
シューベルト:アヴェ・マリア
前にも出た曲です。エンディングで「演奏曲」がクレジットされていましたが、今までにもあんなのありましたっけ…?


香穂子は金澤先生に連れられて夕食の買出し。おみやげ選びです。冬海ちゃんのチョイスは可愛いです。志水の湯呑みは、渋いです(笑)。志水は練習するとき、あまり時間などは気にしないのだとか。結構感覚に任せているのでしょうか。「気づいたら朝」ということもあったそうです。だからいつも眠そうなんですかね(笑)。


買出し部隊が出かけている間にも、事件が。月森が作り置きの昼食を炭にしてしまいました(笑)。月森って、繊細なようでいて、じつはヴァイオリン以外のことはまるっきり音痴なんでしょうか…? 火原は香穂子のペットボトル茶を勝手に口つけて飲んでおります。無邪気って怖いですね。火原のうっかりもこう続くと犯罪ですわ(笑)。……わざとじゃないでしょうね?


両親にしろきょうだいにしろ、家族に優秀な人がいると、どうしても比較されることになってしまってプレッシャーかもしれません。月森もなかなか難しいんですね…… ふと聞こえてきた旋律に音を重ねてみる月森。柚木から「君らしくない音」と言われるくらい、優しい音色を奏でたようです。


いよいよ第2セレクションのテーマを発表。「信じるもの」だそうです。そのまま考えると、宗教音楽…? 発想力が貧困です。


天羽さんしつこすぎ…… 月森も閉口しております。練習室に逃げ込んで、バッチリ香穂子の口を押さえ、難を逃れました。惜しい…… こういう場面を撮影しないと!(笑) 月森はどうやら体調を崩した模様。「騒ぐな」って言われても…… あまり無理はよくないですよ。しかしこれで香穂子は月森とも接近…? いろいろな人に寄られて大変です(笑)。

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 21:55 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
金色のコルダ Opus 6「胸騒ぎのポルカ」

アニメでクラシックを振興するのだ〜! の企画、第6弾。


※ポルカ
速い2拍子が特徴の、チェコの民俗舞曲。高鳴る鼓動と対応…… するんでしょうか?


今回使われた楽曲です。
●火原が朝日に向かって吹いていた曲
メンデルスゾーン:歌の翼に
もとはハイネ作詞の歌曲です。メンデルスゾーンの歌曲では一番有名ではないでしょうか。原曲聴いたことないですけど…… よくオーケストラ編曲のものを耳にします。


●今回は鉄道ネタも……
駅の改札付近
合宿で駅に集合した一同。駅構内や自動改札は、JR東日本みたいな感じです。背後の路線図、首都圏のような雰囲気。

720円区間のきっぷ
発駅がどこか見たかったのですが、4文字らしいことしか判別できません…… JRの運賃体系では、、720円という区間はないですね。きっぷの色がピンクがかっています。

橋を渡る列車
列車はこんな感じ。片開きの片側2ドアです。ディーゼルカーのキハ40系のような雰囲気。

キハ48形気動車(烏山線)
首都圏だと栃木の烏山線ぐらいしか走ってませんが…… アニメでは車内の様子が出なかったので何とも言えません。


リリの計らいで土浦もコンクールに参加することになりました。なかなかおもしろいことになりそうです。コンクール参加者は、みんなで合宿。火原ははしゃぎすぎ。恥ずかしいですよ。先生と土浦は他人のふりでした…… 宿泊先は冬海さんちの別荘。妙なものがいろいろ置いてあるものの、練習環境としては良いみたいです。


香穂子は「冬海ちゃん」と同じベッドで寝ようとします。はにかむ冬海ちゃんから萌えが発されていますよ…… これはときめき〜。
ゲ、ゲームでは冬海ちゃんも攻略できるんでしょうかね?(落ち着け


一方、土浦と月森はやはり反りが合わないようす。早速翌日部屋が変わりました…… 夕食のときはボケボケの発言をしていた志水。クライスラーの話をしてくれました。クライスラーが自分の作品を過去の作曲家の作品と偽って発表していたのは有名な逸話です。それでも結果としてはよかったのでは…… という話を聞いた香穂子は、自分もがんばらなければと思うのでした。


夜、みんなで盛り上がっていたところハプニングが…… 火原が香穂子の上に倒れ込んでしまうのでした。思わずその場を立ち去る香穂子。火原も動揺しすぎで、
「女の子って、柔らかくて、何だかいいにおいがするよね」
なーんてナイスなことを口走っちゃったりして。いいこと言ってくれましたわ火原 ハァハァ…… 柔らかいって? いいにおいって? もっと詳しく述(略)


後輩の土浦に「つきあった経験」なんかを聞いてしまう火原が可愛すぎますよ…… というわけで、お泊りにつきものの色恋話に発展…… はあまりせず、土浦は寝ることにしました。この夜、土浦は「柔らかいって? いいにおいって? もっと詳しく述(略)」と思いながら寝ました(嘘)。


車の中で香穂子から「初心者」という言葉を聞いた柚木は、それを月森に話してどうするんでしょうか…? 月森と張り合わせて楽しむつもりなんでしょうか。


今回はテンションが上がったのでアホなことをいっぱい書いてしまいましたわ……

人気blogランキングへ
| 金色のコルダ(終) | 18:34 | comments(4) | trackbacks(2) | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>