CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※未明の深夜番組は日付変更前の曜日
★配信

全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アバド指揮の管弦楽曲・合唱曲(ブラームス、ムソルグスキー、ドビュッシー)
評価:
アバド(クラウディオ),ブラームス,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
アバド(クラウディオ),ムソルグスキー,キューン(パヴェル),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
アバド(クラウディオ),ドビュッシー,ドビュッシー(クロード),ヒコックス(リチャード),ジョリイ(サイモン),ロンドン交響楽団,ロイド(ピーター)
ユニバーサル ミュージック クラシック

アバドはスタンダードな名演を多く残した指揮者という印象がありますが、ここで取り上げたアルバムはまさにそうした期待にこたえてくれるものです。

まず、ブラームスのハンガリー舞曲集。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との1982年の録音です。まず、第1番から21番までの全曲(管弦楽編曲はいろんな人による)を収録しているアルバムは、意外にもあまりないようなので、それをメジャーなオーケストラによる演奏で聴けるのは貴重。アバドは緩急はしっかりつけますが、あまりわざとらしくもったいつけた節回しではないので、わりとすんなりと聴けます。

ムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』(ラヴェル編曲)も、ポピュラーなナンバーで、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との1993年の録音。こうしたメジャーな曲に加えて、交響詩『はげ山の一夜』の原典版やムソルグスキーの合唱曲のような珍しい曲も収録してくれるのが、うれしいところ。『展覧会の絵』も緻密で見通しの良い快演です。

ドビュッシーの曲を集めたアルバムでは、カンタータ『選ばれた乙女』、『牧神の午後への前奏曲』、管弦楽のための映像〜第2曲『イベリア』を収録。『選ばれた乙女』は、ずっと前にNHKで放送していたのを見たことがありますが(演奏者は失念)、CDを売っているのを見たことがありません。こういうレアな曲を取り上げてもらえるのがまずうれしいですが、演奏も良いと思います。女声合唱の美しさに魅了されます。

アバドの演奏は交響曲にしても他の管弦楽曲にしても、聴くと非常にすっきりとよくまとまった印象を受けます。ゴチャゴチャした感じはしません。そのためとても聴きやすく、何度も繰り返し聴きたくなる魅力があります。まあ悪く言えば没個性的だとか、パンチが弱いとかいうことになるのかもしれませんが…… でもこうした見通しの良いスタンダードな名演を数多く作り上げるというのも、そう簡単なことではないと思いますので、やはりアバドのすごさや才覚を感じます。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバド&ウィーン・フィルによる新ウィーン楽派の演奏
評価:
アバド(クラウディオ),ウェーベルン,ウェーベルン,バッハ,シェーンベルク,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

クラウディオ・アバドがウィーン・フィルを指揮して、シェーンベルク、ヴェーベルンの曲を取り上げた演奏を聴いてみました。

シェーンベルクの『グレの歌』は、いわゆる現代音楽の難解なイメージとは少し違って、わりと聴きやすい曲だと思います。演奏には巨大な編成を必要とするということで、実演で取り上げられることはあまりありませんが…… 何回か他の演奏でこの曲を聴きましたが、第3部で語り手がいきなり話し始めるのはビックリします。しかもこの録音では、女声のバルバラ・スコヴァが語り手を務めているのでなおビックリ。

もうひとつは、シェーンベルクとヴェーベルンの管弦楽作品を集めたアルバム。シェーンベルクの『ワルシャワの生き残り』の他はヴェーベルンの作品で、
・『音楽の捧げもの』から6声のフーガ(J.S.バッハ作曲、ヴェーベルン編曲)
・オーケストラのためのパッサカリア 作品1
・オーケストラのための6つの小品 作品6
・オーケストラのための5つの小品 作品10
・オーケストラのための変奏曲 作品30
を収録。ヴェーベルンの作風の変遷をたどることができます。『ワルシャワの生き残り』の対訳が欲しかったのもあり、国内盤を入手しました。十二音技法を用いて論理的に展開させていく作品群はとっつきにくい感じもしますが、音色を重視したヴェーベルンの作品にウィーン・フィルは合っているように思われます。アバドによる旋律の浮かび上がらせ方はさすが。

このあたりの作品は、カラヤンやブーレーズの演奏と聴き比べてみるのも良いかもしれません。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバド指揮によるヴェルディの合唱曲
評価:
アバド(クラウディオ),ヴェルディ,ガンドルフィ(ロマーノ),ミラノ・スカラ座管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
アバド(クラウディオ),ヴェルディ,バラッチュ(ノルベルト),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
ヴェルディ,アバド(クラウディオ),ガンドルフィ(ロマーノ),ミラノ・スカラ座管弦楽団,ミラノ・スカラ座合唱団
ユニバーサル ミュージック クラシック

アバドはヴェルディのレクイエムを3度録音しており、特に3回目、2001年のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との録音は同曲中一番の名演と言ってもいいと思います。さて、1回目(ミラノ・スカラ座管弦楽団、1979, 80年)と2回目(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、1991年)の録音についても、国内盤が出たので入手してみました。

スカラ座の演奏は、非常に硬派な印象です。ウィーン・フィルとの方も、悪い演奏ではないと思いますが、合唱が若干ぼやけた感じに聞こえたり(録音の問題?)、独唱者の歌い方のクセが強いように思われるので、どちらかと言われればスカラ座の方をとりたいところ。ウィーン・フィルの方は聖歌四篇も聴けるのが魅力です。

ヴェルディのオペラから、合唱曲を集めたアルバムもあります。こちらもスカラ座との演奏。有名な、『行け、わが思いよ、金色の翼に乗って』(ナブッコ)、凱旋の合唱(アイーダ)なども、もちろん収録しています。盛り上がり十分で、ヴェルディによる合唱曲の魅力を味わうには良い演奏です。

『レクイエム』はやっぱり、ベルリン・フィルとの録音が一番良いようです。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバド指揮による交響曲の演奏(「シンフォニー・エディション」以外)
評価:
アバド(クラウディオ),ドヴォルザーク,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
アバド(クラウディオ),ヒンデミート,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
アバド(クラウディオ),シューマン,モーツァルト管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

アバド指揮の交響曲の比較的新しい演奏をまとめた「シンフォニー・エディション」を聴くと、主な曲はだいたい網羅できるのですが、それ以外の交響曲に就いてもアバドは録音をのこしています。特にシカゴ交響楽団とのチャイコフスキーの全集は、個人的にはこの演奏で初めてチャイコフスキーの交響曲をちゃんと聴いたので、印象に残っています。ここでは、その他の録音についても聴いてみました。

まず、名曲中の名曲、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」です。ベルリン・フィルの整ったアンサンブルによる、アバドの緻密な演奏ということで、悪いはずがありません。序曲「オセロ」もカップリング。

ヒンデミットの交響曲『画家マティス』は、この作曲家の代表曲ですが、国内盤があまりないので、解説を見たいという意味でも入手。あまりほかの演奏と比べられませんが、ヒンデミットの入門編としては十分だと思います。演奏も良いです。

上記の2枚は、国内盤で出ているベルリン・フィル世紀の名盤100シリーズ(SHM-CD)で入手しました。

少し意外ですが、アバドが録音したシューマンの交響曲は、モーツァルト管弦楽団による2012年録音の第2番だけでした。『マンフレッド』序曲、『ゲノフェーファ』序曲とのカップリング。もしかするとほかの曲も録音して交響曲全集となる予定だったのかもしれません。アバドが亡くなった今となっては実現はかないませんが、この第2番は十分良い演奏だと思うので残念です。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバド指揮によるモーツァルトの協奏曲
評価:
パユ(エマニュエル),モーツァルト,アバド(クラウディオ),ラングラメ(マリー=ピエール),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ワーナーミュージック・ジャパン

アルゲリッチ(マルタ),モーツァルト,アバド(クラウディオ),モーツァルト管弦楽団
ユニバーサル ミュージック

アバドはモーツァルトを得意としており、交響曲や協奏曲の録音をいろいろと残しました。グルダとのコンビによるピアノ協奏曲が非常に評価が高いですが、ほかの演奏も聴いてみました。

まず、『フルートとハープのための協奏曲』『フルート協奏曲第1, 2番』を収録したアルバム(1996年録音)。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との演奏で、フルートはエマニュエル・パユ、ハープはマリー=ピエール・ラングラメ。パユはベルリン・フィルの主席フルート奏者として活躍しています。パユによるフルートののびやかな美音が楽しめますし、演奏もうまい。さすがです。この曲の入門にはもってこいです。

そして、おそらくアバド最後の新録音となると思われる、『ピアノ協奏曲第20, 25番』を収録したアルバムは、モーツァルト管弦楽団との演奏で、ピアノはマルタ・アルゲリッチ。2013年のルツェルン音楽祭でのライヴ録音です。ドイツ・グラモフォンからアバドのデビュー盤が出たときも、アルゲリッチとのコンビでプロコフィエフ&ラヴェルのピアノ協奏曲だったとのこと。アルゲリッチはモーツァルトが得意という話は特段聞きませんが…… 長年やってきただけあって、こちらの演奏も見事。これが最後だと思うと…… さびしい気がします。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モーツァルトの交響曲(アバド指揮)
評価:
Wolfgang Amadeus Mozart,Claudio Abbado,Berliner Philharmoniker,Carlo Maria Giulini,Zubin Mehta
Sony Classical

評価:
モーツァルト,アバド(クラウディオ),ロンドン交響楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

BOXセットの「シンフォニー・エディション」に収録されていた、アバド指揮モーツァルト管弦楽団の演奏を聴いて感心したため、アバドによるほかの曲も聴いてみたくなり、入手しました。

この7枚組のセットは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるモーツァルトの演奏を集めたもの。アバド指揮のものが中心で、交響曲は第23, 25, 28, 29, 31, 35, 36, 39番を収録。ほかに行進曲、セレナーデ、ディヴェルティメント、協奏交響曲なども収録しています。アバドの演奏はピリオド・アプローチを踏まえたもので、速めのテンポによる躍動感がある演奏となっています。聴いていて気持ちが良いです。第35番「ハフナー」は、モーツァルト管との聴き比べをしてみてもおもしろいかも。

ほかにベルリン・フィルによる演奏ということで、交響曲第40, 41番(ジュリーニ指揮)、セレナーデ「グラン・パルティータ」(メータ指揮)なども収録されていますが、やはり指揮者によってアプローチがまったく異なり、特にジュリーニはかなりじっくりしたテンポでやっているので、だいぶ印象が異なります。これらを一緒のセットで販売するのは、かなり無理があるのでは……

近年ピリオド・アプローチでモーツァルトを演奏していたアバドですが、その前はどうだったのでしょうか。1979, 80年にロンドン交響楽団と録音した交響曲第40, 41番を聴いてみました。こちらは非常に優雅に歌わせているような印象です。特に第41番「ジュピター」は、モーツァルト管の引き締まった演奏も名演だと思いましたが、こちらはこちらで良いです。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバド指揮による交響曲の演奏
クラウディオ・アバド氏が亡くなってから、いろいろと残された録音を聴いていますが、交響曲の比較的新しい録音をまとめたセットが出ています。初回発売時にはすぐに品切れとなりましたが、アバド死去にともない再生産された模様。前々から入手していましたが、このたびまとめて聴いてみました。

●モーツァルト
モーツァルト管弦楽団との演奏、第29, 33, 35, 38-41番を収録。モーツァルトはアバドが得意としていた作曲家のひとりです。ピリオド・アプローチを踏まえた引き締まった演奏となっており、第35番「プラハ」や第41番「ジュピター」などは見事。聴いていても楽しく、やっぱりこういう名曲を生み出したモーツァルトはすごかったんだなぁ…… と感じられます。この素晴らしい演奏と比べると、第40番は若干ゆるい感じがします。

●ハイドン
ヨーロッパ室内管弦楽団との演奏、第93, 96, 98, 100-103, 105番を収録。ハイドンの交響曲はあまり聴いたことがないので比較が難しいですが…… こちらもピリオド・アプローチを踏まえた演奏。

●ベートーヴェン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との全集。ドイツ・グラモフォンからCDが出ていた録音ではなく、映像が発売されていたライブ録音をCD化したものです(第9番以外)。というわけでほとんど聴いたことのある録音でしたが、やはりこれは名演。

●シューベルト
ヨーロッパ室内管との全集。劇音楽『ロザムンデ、キプロスの王女』も収録。これはアバドがシューベルトの自筆譜を研究して臨んだ録音とのこと。『ザ・グレイト』では通常と異なる音型なども出てくるようですが、よくわかりませんでした。『ザ・グレイト』はリピートを励行するとかなり長くなり、この録音でも1時間以上要していますが、ダレずに聴けます。

●メンデルスゾーン
ロンドン交響楽団との全集。これは比較的新しい録音の全集の中では決定盤と言ってよい名演だと思います。第4番『イタリア』で聴ける歯切れの良さと颯爽として躍動感に富んだ演奏は、誰にも真似できません。

●ブラームス
ベルリン・フィルとの全集。ブラームスは重く粘るよりも、このような演奏の方が聴きやすいと思っています。交響曲だけでなく、セレナーデや管弦楽曲、合唱曲も収録しているのは特筆できます。

●ブルックナー
第1番はルツェルン祝祭管弦楽団、第4, 5, 7, 9番はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏。アバドはいわゆる「マーラー指揮者」として知られていますが、ブルックナーだって悪くありません。ブルックナーを得意とする指揮者の演奏を聴いていると、演奏はなるほど見事ですが、時折神経質さが感じられることがあります。しかしアバドの場合はあまりそういうこともなく、特に第4番『ロマンティック』は非常に見通しが良くて歌心が感じられるような演奏になっています。このような演奏は繰り返し聴きたくなります。第5番はガチガチで難解な曲ですが、結構テンポの幅をとって演奏しているので、ブルックナーの演奏に悠然としたダイナミックさを求める場合はちょっと違うと感じられるかもしれません。

●マーラー
第2番はルツェルン祝祭管、第1, 3-9番はベルリン・フィルとの録音。アバドはマーラーを得意とし、録音も繰り返し行ってきました。映像で出ているルツェルン音楽祭でのライブ演奏はどれも文句なしの名演で、ここに収録されている第2番も同じものです。ベルリン・フィルとの演奏ももちろん悪いわけがなく、第1, 4, 5, 9番は特におすすめできます。

こうして聴いてみると、アバドは何か変わったことをしているわけではまったくなく、スタンダードで何度も聴きたくなるような名演を数多く残していることがよくわかります。考えてみればベルリン・フィルの前任者であるカラヤンもそのような傾向がありましたが、カラヤンが力強くゴージャスな音響を追及していたのに対し、アバドは風通しが良くピリオド・アプローチも取り入れた演奏をしていました。基本に忠実ということなのかもしれませんが、愛聴盤になるような名演を多く生み出すというのはなかなかできることではなく、改めて感心する次第です。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロッシーニとヴェルディの序曲集(アバド指揮)
評価:
アバド(クラウディオ),ロッシーニ,ヨーロッパ室内管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
アバド(クラウディオ),ヴェルディ,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

先日亡くなった巨匠、クラウディオ・アバドの演奏をいろいろと聴いています。これまで主に交響曲ばかり聴いていましたが、他のジャンルも聴いてみることにしました。ミラノ・スカラ座で指揮をしていたアバドは、オペラも得意としていたそうですが、まずは序曲を。

ロッシーニの序曲集は、1989年のヨーロッパ室内管弦楽団による演奏です。歌劇『セビリャの理髪師』『セミラーミデ』『アルジェのイタリア女』『ウィリアム・テル』『シンデレラ』『絹のはしご』『どろぼうかささぎ』の序曲を収録。歯切れよく推進力のある演奏で、いわゆるロッシーニ・クレシェンドも鮮やかに決まっています。

ヴェルディの序曲・前奏曲集は、1996年のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏。歌劇『運命の力』『ルイーザ・ミラー』『ナブッコ』『アイーダ』『椿姫』『マクベス』『ドン・カルロ』『シチリア島の夕べの祈り』から、序曲や前奏曲、バレエ音楽を収録しています。ここでのベルリン・フィルによるアンサンブルは、ゴージャスさというよりもみずみずしさや色彩感を感じさせるものです。

ほかの演奏と聴き比べたわけではないですが、いずれも文句なしにお勧めできるものだと思います。こうなるとオペラ本編の演奏も聴いてみたいところです。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モーツァルト:ピアノ協奏曲(グルダ、アバド&ウィーン・フィル)
評価:
モーツァルト,アバド(クラウディオ),グルダ(フリードリヒ),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

評価:
モーツァルト,アバド(クラウディオ),グルダ(フリードリヒ),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

先日亡くなったクラウディオ・アバドは、モーツァルトを得意としていたのですが、肝心のモーツァルトの演奏を聴いたことがなかったので、評価の高いCDを入手して聴いてみました。

アバドとフリードリヒ・グルダが競演した、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番&21番、25番&27番です。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と1974, 75年に録音したもの。グルダもモーツァルトを得意としていたということなので、名演でないはずがありません。数あるモーツァルトのピアノ協奏曲の録音の中でも、かなり高く評価されているもののひとつです。

モーツァルトのピアノ協奏曲は、今までにあまり多く聴いたことがなくて、他の演奏と比べるのは難しいですが…… 確かに、グルダの明晰なタッチと、アバド指揮のウィーン・フィルによる溌剌としたオーケストラがマッチしていて、作品の持つみずみずしい魅力を非常によく引き出していると思います。27番はストレートな明るさではなくて、達観したような雰囲気のある作品なので、グルダも比較的ソフトなタッチで臨んでいる印象です。

モーツァルトのピアノ協奏曲入門としても良い演奏だと思います。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モーツァルト:レクイエム(アバド&ルツェルン祝祭管)
先日亡くなったクラウディオ・アバドは、マーラーのほかに、モーツァルトも得意としていました。交響曲やピアノ協奏曲にも名演がありますが、レクイエムもベルリン・フィルと録音しており、独特なバージョンを使用していましたが、今回のルツェルン祝祭管弦楽団による演奏でも、同じようにしています。

ベルリン・フィルとの演奏は以前テレビでやっていたのを見た覚えがありますが、CDは持っていません。今回、Blu-rayで映像が発売され、アバドのかくしゃくとした(と年齢的には言えるはずですが、若々しいイメージが強い)指揮姿も見ることができます。

レクイエムで使用している版は、ポピュラーなジュスマイヤー版ではなく、新校訂版を組み合わせているようです。すなわち、バイヤー版を基本としつつ、ジュスマイヤー作があまり褒められていない「サンクトゥス」の部分はレヴィン版を使用しています。演奏の方は、合唱もソリストもうまく、文句なしです。モーツァルト管弦楽団との交響曲では、ピリオド・アプローチによるエッジの利いた演奏を聴かせてくれたアバドですが、こちらではテンポも急がず、じっくり進めています。

わたしが入手したのは輸入盤ですが、日本語字幕付きです(決まった文言のミサ曲なのであまり大事ではないかもしれませんが)。なお日本語解説書付きのものも出ています。

亡くなったアバドを、このレクイエムで追悼することにします。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/15PAGES | >>