CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 土ワイ・鉄道捜査官(9/29) | main | ひぐらしのく頃に解 第11話 皆殺し編 其の六「強い意志」 >>
ななついろ★ドロップス 第12話「初恋はななついろ」

忘れてしまった正晴
半年ほどの記憶を失って、すももとのことも覚えていない正晴。本人も、そのことについては違和感を覚えているようです。何か大事なことを忘れているような気がする…… でもそれが何なのかはわかりません。無理に思い出させようとするのはよくないということで、周囲も気を遣っています。


薬で記憶は戻るというけど……
そんな状況でも待っているすももでしたが、さすがに何もかも忘れられてしまうのは辛そう。そこへノナが、星のしずくからつくったという薬を持ってきました。それを飲ませれば正晴の記憶は戻るといいますが…… すももは感謝しつつも、薬は使わず正晴を信じて待つことに。確かに、いろいろな力の影響で記憶がなくなってしまったわけですから、薬でそれをあれこれするのもどうかと…… それに、正晴が「またすもものことを好きになる」と言ってくれたわけですから、それを待ちたいところです。


ノナはすももの強さを知った
これまで意地を張っていたノナでしたが、勇気と寛容こそがすももの強さであることを知ったのでした。あそこまで正晴のことを信じると言い切られたら…… 誰でも「負けた!」と思うでしょう(笑)


一方の正晴は、ユキちゃんの衣装を発見。園芸部に入っていたということを聞いて、何か思い出せないかと模索しています。かつてすももとデートした公園を巡って、何かに思い当たる正晴……

推測変換機能
ケータイの推測変換機能! これが手がかりに。メールや写真などは全て消去したのですが、さすがにここまではリセットできなかったようですね。すももも盲点でした(笑) おもしろい時代になったものです。


そして正晴は思い出した…… 「すもものことを好きだったという事実」だけでなく、「すもものことが好きだという気持ち」も取り戻したようです。それなら無理なくお付き合いができそう…… でも、まだお互いがどういう経緯でそうなったかまではわからないわけですが、これからゆっくりとわかってくるはずです…… すもものいいところ。


口づけ
結局ノナからもらった薬は使いませんでしたが…… これから自然な感じで2人はまたお互いを理解していくんでしょう。


幸せな笑顔
いい話だった…!


●まとめ
星のしずく収集という特異な経験を通じてすももと正晴は親密になっていったのですが、ちょっと気弱でロマンチストのすももと、クールで理知的な正晴という対照的な2人が惹かれあっていくようすには、何かリアリティを感じました。やはり相手の自分には無い部分を好きになる、というのは、ドラマティックになりがちなんでしょうね(笑) 2人のお話は見ているほうが恥ずかしくなってくるぐらい純真で、幸せな気分になりました。

星のしずくを集めてユキちゃんを元の姿に…… というのが初めの流れだったのですが、いろいろあってそのへんはうやむやな感じに…… これは、2人の関係とか、そういう描写に重点を置いたから、ということなんでしょうか。

正晴が非常に好感触なキャラだったことも、良かったと思います。そのせいで同時期のSchool Daysと比較されることが多かったのは不幸な気もしますが…… でも、本作品があったおかげでスクイズも見られたようなところがあります(笑)

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 16:34 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 16:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
レビュー・評価:素敵探偵ラビリンス/第1幕 「旧都な名探偵」
品質評価 11 / 萌え評価 26 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 3 / お色気評価 5 / 総合評価 10レビュー数 84 件 今から三十年前、東京は「大崩壊」と呼ばれる大地震で、全ての都市機能が新都へと移された。その後、旧都には警察でも解決できない不思議な事
| ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン | 2007/10/06 7:02 PM |