CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< もえたん 第8話「トラブル」 | main | 新世紀エヴァンゲリオン碇シンジ育成計画 (04) (角川コミックス・エース (KCA148-4)) >>
近鉄養老線最後の夏〜沿線めぐり

関西を代表する大手私鉄・近畿日本鉄道の一角を構成していた養老線(桑名〜揖斐)ですが、赤字路線のため、2007年10月1日をもって養老鉄道株式会社に移管されることが決まりました。養老線はもともと別会社の「旧・養老鉄道」だったところを吸収合併になった歴史があるわけですが、また別会社になるわけですね。そういうわけで、運賃が値上がりする前にぜひもう一度乗っておこう、と思い、沿線観光もするべく向かいました。


名古屋から出発して、まずはJR関西本線で桑名へ。名古屋〜桑名間は近鉄よりJRのほうが運賃が安いため、こちらを使いました。桑名駅はJRと近鉄ののりばが改札内でつながっているのですが、東口(正面)はJR、西口は近鉄がそれぞれ改札を担当しています。


いったん東口から出て、近鉄の窓口で「養老線休日フリーきっぷ」を購入。養老線全線が乗り降り自由で、沿線の施設の優待も受けられます。東口から入ったので、近鉄のきっぷにJRの改札スタンプが押されました。


養老線の列車@桑名駅
養老線の列車に乗って、出発。養老線は右手に田んぼの広がる平野、左手に連なる山を見ながら進みます。純然たるローカル線です。線路は曲がりくねっているところも多く、あまりスピードは出ません。


養老駅舎
50分ほどで養老駅に到着。時代を感じさせる味のある駅舎です。ここから歩いて名瀑・養老の滝へ向かいます。


滝までは上り坂がずっと続きます。暑い日だったのでちょっとつらかったですが…… 木陰も多く、ミンミンゼミがたくさん鳴いていました。秋に来ると、紅葉がきれいかもしれません。


養老の滝
坂を上りきって養老の滝。圧倒されるほどの迫力はありませんけど、なかなか美しい姿です。


帰りは、リフトで下ってみることにしました。リフトに乗るためにさらに坂を上がらないといけないんですが……

リフトから見た濃尾平野
リフトからは濃尾平野が一望できます(と、リフトは宣伝しています)。確かに、遠く名古屋の高層ビル群まで見ることができました。


養老の滝は観光地としてどうなのかな? さびれていないのかな? と思っていましたが、意外と人出は多かったようです。ただ自動車での来客が多かったので、鉄道利用にはなかなか結びつきにくいのかも。その養老線に乗って、今度は大垣まで向かいます。


養老線の列車@大垣駅
大垣に到着。養老線は桑名〜揖斐間ですが、全線を通して運転する列車はなく、大垣が分岐点になっています。大垣では路線がちょうどスイッチバックするような形になっていて、大垣駅のホームは頭端式です。


大垣城
大垣城に行ってみました。今もそうなのですが、戦国時代も大垣は交通の要所として重視されていたそうです。フリーきっぷの優待で入場料が半額に。大垣城はそれほど高い建物ではないので、眺望もそこそこでした。中では関ヶ原の合戦の資料なども展示されています。駅から城まではアーケードを歩いて行くことができます。


揖斐駅舎
せっかくフリーきっぷがあるので、終点の揖斐まで行ってみました。ここですぐ折り返してまた大垣へ。大垣から東海道線の特別快速に乗って名古屋へ戻りました。313系の新型は乗り心地がよくて、ずっと寝ちゃいました…… とても120km/hで走っているとは思えません。


養老線はローカル線で、データイムは一時間に一本ほどしかなく、乗客は少ないかもしれませんが、通学利用や桑名・大垣付近での利用は結構あるようです。養老鉄道に転換した後も、続いていってほしいところです。

人気blogランキングへ
| 鉄道旅行記 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:32 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック