CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< もえたん 第7話「狙われた学園祭」 | main | さよなら絶望先生 八話「私は宿命的に日陰者である」 >>
エヴァンゲリオンTV版と旧劇場版
緒方恵美,三石琴乃,山口由里子,林原めぐみ,宮村優子,貞本義行,庵野秀明,GAINAX
キング

9月の『ヱヴァンゲリヲン』公開に先立って、比較的廉価なDVD-BOXが発売されたので、買ってみました。この話は幾度となく繰り返し見ましたが、数年ぶりに改めて通して見てみると、やはり若干印象も変わってくるものです。


エヴァに登場する3人のヒロインのうち、綾波レイだけがずば抜けて知名度が高くなっている(ように思う)わけです。レイは混沌や謎といったエヴァの世界観を体現している象徴的な存在です。それに、出生や生き方がヒトの根幹に関わるような感じがして、存在自体がエロスですからね(笑) なので、どうしてもレイの存在に目を奪われがちになってしまいます。


でも、今回見てみると、ミサトやアスカにもかなり共感する部分がありました。ミサトはもうひとりの主人公と言っていいくらい重要な役割だと思いますし、アスカもかなりシンジに影響を与えていますから、3人のヒロインのうち誰が抜けても話が成立しないんでしょう。というか、不完全燃焼のまま壊れちゃうなんて、劇中でのアスカの扱いはカワイソ過ぎますすね(笑) 『ヱヴァ』ではなんとかなるのかな…?


考えてみれば、レイは無口少女キャラのはしりですし、アスカはその後のツンデレ・ヤンデレにつながっていそう。ミサトみたいなお姉さんキャラはなかなか登場していない気がしますが…… 「属性」はかなりその後の作品群に影響を与えているんでしょう。


『エヴァ』はアニメ史を語る上では外せない名作であると同時に、かなり病的で破綻していて理解に苦しむ問題作であると思いますが、そこが観客を惹きつけたのかもしれません。やり方・見せ方が斬新だったというのもあるでしょう。実際、わたしの人生にも少なからず影響したと思いますし…… かつてはかなりのめり込んだものの、今は冷めているとは思いますが。


そういうわけで、『ヱヴァンゲリヲン』を見ない選択肢はないですね。初めて『エヴァ』を見た頃とは違う視点で見ることになるんでしょうが、今度はどういう印象を受けることになるのか、楽しみではあります。『ヱヴァ』は公式的な二次創作、とでも見ればいいんでしょうか(笑)


DVD-BOXではTVスポット、劇場予告などエヴァに関する映像がほぼ網羅されていると言っていいと思いますが、『シト新生』のREBIRTHが収録されていません。あの量産機が舞う中でエンディングが流れ始めるのが良かったんですが…… 「魂のルフラン」は、特典ディスクにPVが収録されていますけど。

人気blogランキングへ
| エヴァンゲリオン | 00:25 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
エヴァ
エヴァンゲリオン
| エヴァ | 2007/12/11 12:12 PM |