CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 第4話「ヴァリエールの三姉妹」 | main | ひぐらしのく頃に解 第5話「厄醒し編 其の四 雛見沢大災害」 >>
ななついろ★ドロップス 第5話「ときめき色の星空」

この作品は「星ヶ丘」が舞台ということで、名古屋在住者としては馴染み深い地名です。でも、「舞方市星ヶ丘」とのことなので、地名からして大阪・枚方市(ひらかたし)の星ヶ丘のほうがモデルなんでしょう。……今回はそれはあんまり関係なくて、臨海学校のお話です。いわゆる「水着回」(笑)


お泊りの場合、日没後ユキちゃんに変身してしまう正晴にとっては、何かと不都合だとは思いますが…… 特にそこは気にしないのね。カレー作りでプリマ・アスパラスこと結城ノナと一緒になった正晴。ノナは「米を研ぐ」という日本語表現を知らなかったわけですか…… そもそも、米自体日常的に食さない文化のようです。でも、米を食べるために洗うわけですから、米までいっしょに流しちゃまずいって、ちょっと考えればわかるのでは…?(笑)


夜になってヒツジさんになっちゃった正晴。女性陣といっしょにお風呂ですか…… 深道さんはFの逸材のようで…… 転倒してもキャッチ(笑) すももは自分のを気にしているようですが、アニメの登場キャラはみんな胸の大きさを気にしすぎです。それが全てじゃないのに(笑) しかし、一緒にお風呂にまで入っちゃって、正晴=ユキちゃんであるとわかった後が少々面倒な気もしますが……


パジャマパーティーでのすももの発言を耳にして、いろいろと気にしている正晴です。
「秋姫には好きな奴がいるのか……」
……それは君ですよ、君!
「秋姫が誰を好きだろうと、関係ない」
いや、君に一番関係あると思いますよ?(笑)


気になって脱力している正晴でしたが、翌日は新月なので変身はナシ。肝試しでまたノナと一緒になって…… ノナは意外と怖がりだったようです。ノナは意外と抜けた部分があってかわいらしいキャラクターかも。ツンデレに入りそうです。正晴は冷静ですね。腰が抜けちゃったノナをおぶって進む正晴でした。それを目撃するすもも…… カレーのときのことも相まって、2人の仲を誤解するすももでした。それで遠慮するすももの態度に、「避けられた……」と感じる正晴。……2人していい勘違い(笑)


深夜、浜辺でばったり、そのまま語り合う正晴とすももです。星の話題で、今見えている星の光はずっと前に出たものなので、今はもうその星は存在しないかもしれない…… という、せつない話をする正晴でした。いい話なんですが…… もっと話題を選んだほうがいいかもね(笑) なんだかぎこちないまま終わってしまう2人でした。


お互いのことを認めつつ、好意を抱いている2人ですが…… それゆえに微妙なすれ違いが。何かすごく甘酸っぱいですね。
でもこんな展開が好きです(笑)
ラストの会話も、すももの無邪気で純粋な面と、正晴の論理的で理知的な面がよく出ていたと思います。こう書くと2人の性格はまるで違うように思えますが…… やっぱり相手の自分にない部分に惹かれるものです、人は。それってとてもいい感じ(笑)

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 23:25 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
レビュー・評価:ななついろ★ドロップス/【第5話】 「ときめき色の星空」
品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 0 件 二泊三日の臨海学校にやってきた正晴は、ぬいぐるみになってしまう夜をどう乗り越えようかと悩んでいた。 そんな正晴の悩みをよそにそれぞれ楽し
| ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン | 2007/08/04 4:39 PM |
ななついろ★ドロップス 第5話
今回は、すももさんたちが臨海学校へ行くというお話でした。 まぁ、夏の定番といったところでしょうか。とりあえず、最初はみんな楽しそうに海で遊んでいました。やっぱり、海はいいです。 その後は、みんなで夕飯を作ることに。ノナさんは、どうやら「米を研ぐ」とい
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記 | 2007/08/09 2:35 AM |