CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ひぐらしのく頃に解 第2話「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」 | main | さよなら絶望先生 二話「トンネルを抜けたら、白かった」 >>
魔法少女リリカルなのはA's 全13話

『リリカルなのは』に続いて、『A's』のほうも見てみました。今度は「闇の書」をめぐるお話ですね。


フェイトは前回の件ではお咎めナシということで、管理局の嘱託という立場に。なのはを襲撃から守って颯爽と登場です。あいかわらずカッコイイですね、フェイト。序盤は状況がよくつかめないまま、ヴォルケンリッターの面子と勝負。英語 vs ドイツ語なので、柿原徹也さん大活躍ですね。八神はやては関西弁の植田佳奈さん。……って、佐倉蜜柑じゃん(笑)


終盤は怒涛の展開に。騎士たちが消えちゃったと思ったら、闇の書が発動して大変なことに。でも復活してはやても変身して戦うよ! まさに血湧き肉踊る展開です。そして大団円…… これがわかっているから安心して見られますね。


敵として戦った相手と共闘。みんなの力を合わせて…… という王道的展開を踏まえつつ、SF色の強い世界観と、感動を呼ぶストーリー。これがうまい感じにミックスされているのが良いのでしょう。クロノの父親の話なども出てきて、前作に加えて深みが増したように思いました。ただやっぱり、グレアム提督の行動とか、説明不足の点もあるように感じましたが。


「闇の書」に取り込まれたフェイトがアリシアと、はやてが書の意思と対峙する場面はこの作品のクライマックスのひとつ。フェイトは出生の経緯自体が哀しすぎますし、はやても孤独や不条理な思いとずっと闘ってきたわけですが、それでも「夢」に留まらず前へ進もうとする姿勢には感銘を受けます。


さらに、主の幸せのみを願って戦い続ける騎士と、リインフォース。自分たちの存在自体が主を傷つけるというジレンマを抱えつつ、身を砕いていきます。こういう真摯でまっすぐな愛というのも、美しいですね。結局のところ、こういったことが、本作品のテーマなのでしょう。つまり、強い意志と真っすぐな気持ち。「強い意志があれば何でもできる」というような言葉に、個人的にも励まされました。


すずかとアリサやなのはの家族には魔法のことを話したわけですね。前作では将来についてビジョンを描いていたわけではないなのはでしたが、次第に具体的なものが見えてきたようです。StrikerSも見てみたいですね。いつになるかわけりませんけど……

人気blogランキングへ
| 魔法少女リリカルなのはシリーズ | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 18:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック