CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< D.Gray-man 第38話「フロワ・ティエドール」 | main | 廃止間近・急行「みよし」に乗る旅 >>
これは…! MURDER PRINCESS 第1話、2話
朴路美,小清水亜美,矢尾一樹,高瀬右光,石森達幸,山下喜光,黒川智之,犬威赤彦,浦畑達彦
エイベックス・トラックス

MURDER PRINCESS DVD II
MURDER PRINCESS DVD II


レンタルDVDでOVA「MURDER PRINCESS」の第1巻を見ました。お話は……


ファリス
魔物を狩る賞金稼ぎ・ファリス(CV:朴璐美)

アリタ (before)
フォーランド王国の王女・アリタ(CV:小清水亜美)


王国でクーデターが発生。国王は殺され、森へ逃げ延びたアリタでしたが、そこで出会ったファリスと体が入れ替わっちゃった! アリタは戦うファリスに助けられます。


アリタに国を救って欲しいと頼まれたファリスは、協力することに。城へ舞い戻ったアリタとファリス。姫は素晴らしい剣さばきで反逆者をなぎ倒して、王座を奪い返すのでした。


玉座奪還
あああ〜!
カッコええ!!

「Murder Princess」の誕生でした。

したり顔
この表情がたまりません。


侍女・ミラノ
入れ替わったアリタは、侍女ミラノとして姫をサポートします。


入れ替わったキャラクター名が紛らわしいですが、第2話のエンディングのテロップでは
アリタ:朴璐美
ミラノ:小清水亜美
となっていたので、以下それに従います。


戴冠
アリタは空位を埋める形で、女王として即位しました。ポニーテールがいい感じです。王位継承者の兄が遠征している最中に即位してしまって、あとで問題にならなければいいのですが……


戴冠式パレードの最中にもアリタの命をねらって攻撃を受けますが、アリタ自ら剣を振るって撃退。国民も大いに盛り上がります!


暴走
ただ、何かのスイッチが入ると自制が効かなくなり、見境なく攻撃してしまうことがあるようで…… 原因はよくわかりませんが。


そんな感じで、アリタ様(というかファリス?)が大活躍するお話でした。ただ、それだけではなくて…… ミラノの振舞い方も見どころだと思うのです。


姫の提案
「私を報酬として差し上げます」
ファリスにこう宣言するミラノ(アリタ)。これは、自らの体だけでなく、権力も地位も名誉も、すべて差し出すという意味でした。なかなか言えることではありませんが、すべては国を、国民を守るため。

動じない
暴走するアリタから国民(女の子)を守るため、立ちはだかって微動だにしないミラノ。ミラノはただ助けを求めるだけのお姫様ではなくて、ちゃんと強い部分を持っているということです。この点はアリタも評価していました。


つまり、アリタとミラノは、2人でひとつの「王女」という存在を作り出している、ということなのでしょう。この2人の今後に期待が持てます。特に、アリタの縦横無尽な大活躍に(笑) これは、いいアニメかも……

人気blogランキングへ
| MURDER PRINCESS(終) | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック