CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< おねがいマイメロディくるくるシャッフル! 第52話「夢がかなったらイイナ!」 | main | D.Gray-man 第25話「元帥の鎖」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
牙 第51話「風吹く場所へ」

ノアに代わって今度はゼッドがタスカーに取り込まれて…… タスカーは、人間の世界を破壊して、「スピリットの、スピリットによる、スピリットのための世界」をつくろうとしていたのですね(たぶん)。


と、ここでギンガが登場! 生きてたんですか…… そんなツッコミは、なし(笑)。エクスマキーナでタスカーと対決です。ちょっと健闘しますが、やられちゃいました。すると、ジーコがロイアをかばってお亡くなりに…… でもジーコの働きかけで、ゼッドの意識が戻りました。


アミル・ガウルとタスカーの決戦です。血の雨が降りますよ…… アミル・ガウルのとどめで、タスカーは倒されました。ゼッドはちゃんと「救世主」になったわけですね。


しかし、肝心のゼッドはそのあと、少なくともテンプラーなどとは別の世界に行ってしまったようでした。


残る謎は、タイトル「牙」の意味ですが…… いろいろな意味がありそうですけど、タスカーに乗っ取られると、牙か生える、ということから(笑)


●まとめ
一年間にわたって丹念に物語を描いてきただけあって、非常に見ごたえのある作品となりました。スピリットを使った戦闘…… とかじゃなくて、人間ドラマに軸足を置いていたのは確実です。裏切り、権謀術数、そして戦争…… と、深みのある描写でした。「戦争」がテーマの一つだったことも、わかります。強さと権力を求めて戦って、結局どうなるのか、犠牲になるのは誰なのか…… といったことを、考えさせる意図もあったように思われます。


ということで、なかなか良かったのでは…?


ここで、特別企画です(笑)

特別企画・「牙」と薄幸の女性たち
この作品にはいろいろな女性キャラが登場しましたが、よく見ると、不幸と受難の人々です。それについての、まとめです。


●ロイア
本作品のヒロインですが、生い立ちは、かなり複雑です。タスクに生まれるものの、捨てられて、母親は殺され、精神だけの存在に…… もう一度母親に会えて、それが新たな生きがいを見つけることにつながったのは、よかったですけど。


●レベッカ
おそらく、本作品随一の不幸キャラです(笑)
元・ジーモットの王女で、反乱軍の頭目として担がれるものの、仲間に裏切られ、ヒューにはヒドイ目にあわされ、性格が捻じ曲がっちゃいました。そんなレベッカも、何とか生きる道を見つけたかと思ったところで、エルメイダにやられてお亡くなりに…… 考えれば考えるほど、不幸です。最後に穏やかな心を取り戻せたのが、せめてもの救いでしょうか。


●ダイアナ
ネオトピアの、エロいお姉さん(笑)
ノアを召喚して、「絶対規律」で懐柔。ノアを「救世主」にしようと画策しますが、ジーモットの侵攻でピンチ。生き埋めになって死んじゃったか…… と思いきや、再登場し、ノアを思いとどまらせようとします。洗脳したことの責任を感じていたようです。ノアには相手にしてもらえませんでしたが…… ノアは何とか助かったので、それが救いでしょうか。吹き飛ばされても、生きてますよね、この人は…… どこかでひっそりと暮らしていてほしいです。


●キーラ
ネオトピアの、たたかう眼鏡っ娘(笑)
絶対規律に違反したかどで肉親は処刑され、兄のヘリックはウルバークスに。それなのに軍人として絶対規律に尽くす、苦労の人です。ジーモットが侵攻してきて、混乱の中で兄貴は妹と再会。でもこのとき、キーラには意識がありませんでした。国が滅びて、それでもみんなのために尽くしているキーラ。真の、愛国者だったのですね……


●サラ
ゼッドのお母さん。
アミル・ガウルに選ばれた者としてテンプラーに呼び出され、さんざん担がれるものの、実は選ばれたのはお腹の子のゼッドだったという…… それでもアミル・ガウルのことが忘れられなくて、実の子に手をかけようとする始末。狂気です。それでも最後は何とか絆を思い出して、穏やかな表情を見せてくれましたが…… やっぱり、親子ですから。


●ミレッド
ジームが手塩にかけた、箱入り娘(笑)
ここでも「救世主」と持ち上げられ、城から一歩も出ることなく過ごしてきた娘です。外で出会ったドルガー(ノア)に惹かれるものの、実はキースピリットが目当てだっただけと知って落胆。タスカー復活の儀式のせいで、記憶を失ってしまいました。ギトラとの小さな幸せが、わずかな救いです。


こうして見ると、みんな不幸とはいえ、最後には何らかの救済があるので、それほどハードではないかもしれません。死んでしまうのは、気の毒ですが……


そんな多数の不幸な女性キャラの中で、数少ない成功者。
●エルメイダ
ジーモットの幹部の1人としてうまく立ち回りました。ヒューの死にもめげず、最後にはきっちり権力を手にした模様です。なんとたくましい…(笑)


数々の不幸キャラを生み出した、「牙」でした。特に、レベッカがあそこで死んでしまうのは、けっこうショッキングでした。でも、不幸キャラがたくさんいたおかげで、物語に深みが出ておもしろくなったのも事実ですから、ここで不幸キャラたちを讃えたいですね。

人気blogランキングへ
| 牙(終) | 00:32 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:32 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
牙51話
牙51話 ゼッドがタスカーに吸収で 完全体に覚醒したのか… スピリットの世界の創造が目的って 明確な目的持ってるのか… 全てのスピリットが暴走開始? ノア「ゼッドなら何とか〜」って… ゼッド完全に操られてるっぽい
| 流れに身をまかせて | 2007/03/26 11:39 PM |