CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< D.Gray-man 第12話「そして街に雪が降り…」 | main | 武装錬金 #12「カーニバル」 >>
ちょこッとSister 第24話「ハッピー・クリスマス」

いよいよちょこシスも最終回ですね…… クリスマスということで、ちょこが可愛らしいサンタさんの格好でみんなにカップケーキをプレゼントするお話です。アパートのみんな、商店街の皆さん、そして駆にゆりぴょん。これまでちょこが作り上げてきた人間関係の広がりがよくわかるようになっています。マフラーは回り回って戻ってきましたね。クロとユキちゃんはカップケーキを半分こ…… クロ、なじんでますね(笑)。


クリスマスパーティーを開くことにしたちょこは、駆とゆりぴょんを誘います。駆はもちろん飛びつきますが、ゆりぴょんはパパとお食事する予定のため辞退…… 「しみったれたパーティーなんかに参加しない」と、ツンデレの本領発揮しております。本当は迷ったんだと思いますけどね。


ところがゆりぴょんのお父様は残念ながら都合がつかなくなった様子…… でも誘いをはねつけた手前、行くとは言い出せないゆりぴょんです。ここは駆が手を差し伸べてパーティーへ。サプライズのねこにゃんサンタでオダエリも登場。真琴さんナイスです。ちょこの人脈はすごいですね。


ちょこをはるまにプレゼントしたサンタのお姉さん。妙に所帯じみた生活してます…… 本部(?)から連絡があり、担当分が増えてしまったので、不機嫌のお姉さん。公園でブランコに座っていると、ちょこからプレゼントをもらいました。サンタさんが、自分がプレゼントしたちょこからプレゼントをもらう…… なかなか妙な関係ですね(笑)。


日常の幸福、といった感じで終わったちょこシスでした。まあ、しばらくはこんな感じの日常が続いていきそうですね。


●まとめ
この番組が始まったときは、「サンタさんが妹をプレゼント」という狙ったような展開に、またキワモノ…? と思っていました。どうもすみません(笑)。前半は感想を書いていなかったのですが、ゆりぴょんの登場から書き始め、最後まで続きましたよ。やはりゆりぴょん効果は大きかったですね。

クロや安岡に関わるお話など、しみじみ感動させられるものもありました。ちょこは「お兄ちゃんの妹」として現れたわけですが、「兄妹」の関係性だけではなく、ちょこが周囲の人々と新しい関係を築き、絆を深めていく様子は興味深かったです。

電車の描写に関しては…… 西武線は沿線のはずなのに、ダメダメでした(笑)。でも温泉に行く回の185系特急型電車だけは妙にリアルでしたね。西武線もそれくらい気合を入れてくれればよかったのに(笑)。

人気blogランキングへ
| ちょこッとSister(終) | 21:25 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ちょこッとSister 第24話「ハッピー・クリスマス」(最終回)
博士「ちょこタソの笑顔に花丸!」 助手「清々しい話でしたねぇ・・・」
| 電撃JAP | 2006/12/21 11:29 PM |
(アニメ感想) ちょこッとSister 第24話 「ハッピー・クリスマス」
ちょこッとSister 第3巻 自宅開く予定のクリスマスパーティーに、駆とゆりすの二人を招待するちょこ。駆は絶対に行くと大喜びですが、ゆりかは、その日は父との食事があるため行けないと話します。そして・・・突然ゆりかに父から電話。なんと、それはクリスマスイブ
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2006/12/25 6:11 PM |