CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 土ワイ 西村京太郎 「五能線の女」 | main | 牙 第38話「終わりなき戦い」 >>
おとぎ銃士 赤ずきん 第25話「ちいさなお姫さま」

オープニングが変わりましたよ。第一印象としては、
○赤ずきん、健 康 美(笑)
○マレーンが出てくる。サンドリヨンこわいよ……
○グレーテルが、微妙に強調?
こんな感じでした。


今回は白雪のお話です。

●みんながよく知っている白雪姫
白雪姫の継母はいつも鏡に自分が一番美しいと言わせていたが、白雪姫のほうが美しいと言い出したので白雪姫を追い出した。白雪姫が生きていることを知った継母は胸紐や毒つきの櫛を贈って殺そうとするが、7人の小人たちに助けられて無事。でも毒リンゴを食べた白雪姫は目を覚まさず、王子様の口付けで蘇る。

この基本データを踏まえて今回のお話を見ると、いろいろ示唆深いですね。「櫛」「継母」「鏡」というポイントが登場しますし、今さらの気もしますが、白雪と「りんご」の相性が悪いのもわかります。


魔法の櫛で、小さくなってしまった白雪。

3人「か〜わ〜い〜い〜」
ヴァル「かわいくねぇ――っ」


見解の相違ですね(笑)。犬として乗り物扱いのヴァルでした。寝る前に白雪にお話を聞かせてあげる一同。でも白雪はお気に召さないようで…… いばらは自分が寝てますから。ところで、タガメとゲンゴロウが夫婦として幸せに暮らすって、どういうお話ですかね?


●今回の白雪のお話
いばらが感じ取った、白雪の夢です。白雪の父王はよくお話を聞かせてくれる優しい父親だったが、継母が来てからは戦争ばかり進める王になってしまいました。寂しさを紛らわせるために白雪は魔法の本を読みふけり、魔法に秀でた人になったのでした。

あとで白雪が思い出しますが、この継母はサンドリヨンの手下だったようです。単に王に取り入ったのか、魔法で操ったのかは知りませんが、国を乗っ取ったということでした。もう故郷に帰れない状態なんでしょうか、白雪。


三銃士はお互いの過去のことは良く知らないそうです。いばらのときもそうでしたしね。お互い深く立ち入らずにうまくやっていくというのが、この3人の付き合い方なのでしょう。過去なんか知らなくても、現在の深い友情を維持できると。3人ともハードな過去を背負ってそうですし……


白雪がちいさくなったので結界がなくなり、「鍵」の存在地がバレバレに。サンドリヨンの命を受けてグレーテルがやって来ます。それに対してちび白雪は、
「エプロン女!」
これは「赤ヘルメット」に続いて、視聴者の印象を代弁する企画ですか?(笑) 今回は本編ですけど。グレーテルは当然、この呼び名が気に入らないようで、ナイトメアリアンを使って白雪を人質に。そうですよね。グレーテルの姿は「エプロン」じゃないんです。「エプロン」の前になにかつくんですよね…?


プリンセスモードの前に、ナイトメアリアンは敵じゃありません。白雪もいつの間にか戻ってヴァルを押しつぶしたので、万事OK、ということで(笑)。過去を知っても、受け止めて支えてくれる、良い仲間です。

人気blogランキングへ
| おとぎ銃士 赤ずきん(終) | 02:10 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 02:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
12月17日(日)に視聴したアニメの感想。
アニメ魂 Gift〜eternal rainbow〜  11th Gift「Giftの秘密」 最近の萌え系アニメの主人公のヘタレさ加減に比べれば、春彦はかなり良い方ですね。 今回は、無駄にストーリーのスケールがでっかくなっているのに疑問を感じました。 わざわざ全ての「Gift」を消滅
| sincere | 2006/12/17 9:15 PM |
おとぎ銃士 赤ずきん 第25話「ちいさなお姫さま」
 魔法の櫛で幼女になってしまった白雪がそのときに消された記憶を思い出す話
| 移り気な実況民の日々 | 2006/12/23 1:27 AM |