CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 金色のコルダ Opus 10「孤高のヴィルトゥオーソ」 | main | あさっての方向。 第8話「あさっての方向」 >>
地獄少女 二籠 第九話「あにいもうと」

真帆は、男と付き合いだすとすぐ別れられてしまいます。どうやら兄の幹夫がそうさせているらしい…… ということで、地獄通信に名前を書き込みます。一目連が、調査に乗り気。眼鏡をかけて現れます。モデルの幹夫と張り合ってますよ……


兄貴は、真帆の相手を女装して寝取っていたのでした! なかなかとんでもないですね…… 瑞穂くんや準にゃん並みの名人芸だったのでしょうか…? しかし、ホテルにまで行っちゃったらばれますよね(笑)。それでも良いと思うくらいだったってことでしょうか? ……深く考えるのはやめます(笑)。


なぜ幹夫はそんなことをしたのか? 結論から言うと、次のようだったわけです。

●一目連の解釈
大事な妹に変な虫がつかないように守っている。
●真帆の主張
兄は、自分より美しくない妹に彼氏ができるのは気に食わない、と思って邪魔している。
●幹夫の真意
真帆のことを愛しているので、他の男のものになるのは我慢ならない。

しかし、真帆のほうはどうだったかというと…… 男をわざわざ兄貴に紹介したり、勤務先を兄貴に教えたりしていますよ。本当に邪魔されるのがイヤなら、そんなことしないはずです。結局真帆も、兄貴と同じような気持ちだったということですね…… それで、兄貴が邪魔することを密かに期待していたか、そのことによって兄貴を試そうとしていたか、そういうことでしょう。


幹夫は真帆の朝シャンをのぞいて、「ゴメン」て…… わざとですよね?(笑) 幹夫が女装するのに使った衣装を身につけて、兄を問い詰める真帆。ついに兄貴は思いのたけをぶつけちゃいしたよ…… で、「もうこのままではいられない」と、藁人形の糸を引く真帆でした。幹夫は地獄に流されても、「もう真帆を傷つけずに済む」と、半ば満足げでした。一方真帆は、兄貴がいなくなっても生きていけるのか…… これじゃ心中と同じで、地獄少女はそのダシに使われたような感じになってしまいました。


お互い想う気持ちは同じでも、やっぱり近親愛だと難しいです。今回の行き着く先も、破滅…… 真帆が兄の行動について上のように主張していたのも、誤魔化しでしょう。タブーに対しては、そう考えるしかなかったんでしょうか。もしくは自分が禁忌を犯して相手を想っているだけあって、相手にはそんな気持ちをもってほしくない、と思ったのかも知れません。これぞ人の業、という感じのお話でした。


実際問題として、異性のきょうだいがいる人は、相手に対してどんな感情を抱くものなのでしょうか? ……と、「武装錬金」の早坂姉弟などを見ていて思うのでした。異性のきょうだいがいないわたしはわかりませんけど(笑)。真帆は「このままでも天国には行けない」というようなことを行っていました。やっぱりただならぬ関係になってしまってはね…… でも倫理的にはどうか知りませんが、法的には問題ないですよね? 結婚はできませんけど(笑)。


今回の見せ場は、さくらんぼの柄を取っていくあい。……これは別に普通ですか?(笑)

人気blogランキングへ
| 地獄少女(終) | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 22:20 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック