CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ゼロの使い魔〈8〉望郷の小夜曲(セレナーデ) | main | おねがいマイメロディくるくるシャッフル! 第36話「家族になれたらイイナ!」 >>
牙 第36話「よみがえる翼」

ヒューは、ますます正気を失っているように見えます…… ネオトピアを征服して具体的に何がしたいんでしょう。抽象的勝利が得たいだけなんでしょうか? サギリは人のよさそうな獣人に助けてもらいました。でもその獣人も深手を負ったようで、サギリが去った後に力尽きました。ゼッドやサギリも言ってましたが、戦争っていうのはイヤですわ。


ヒューは攻撃が思うように進まないのに業を煮やして、自ら前線に出て戦います。立ちはだかるのはノア。キースピリットどうしの戦いは、なかなかの激闘です。互いにとどめをさせずに終わりましたが……


ウルバークスのヘリックは、禁断のエクスマキーナを持ち出し。ギンガが止めるのもきかず、ネオトピア中心地へ向かいます。しかしこれは無茶…… 博士が言っていたように、破滅へ一直線ですね。ここで期せずして、兄妹の対面です。互いにそれとは知らず、戦うヘリックとキーラ。ヘリックはエクスマキーナを発動! キーラのスピリットは一瞬で倒されちゃいましたよ…… まさに反則的強さ。でも倒れたキーラの首筋を見て、その素性に気づくヘリック…… その場から去るヘリックでしたが、エクスマキーナを止めようとして攻撃を受け、帰らぬ人に。キーラのほうがそれと知る前にいなくなってしまいました。身から出た錆とはいえ、皮肉なものです。


しかし暴走するエクスマキーナは「身から出た錆」とか言っている場合ではなく、敵味方の区別なく破壊の限りを尽くします。ネオトピアを守るノアはもちろん止めようと戦いますが、そこにヒューも登場。このままでは前線本部が破壊されますので。そしてゼッドも、アミル・ガウルを出すことができました。この3人が共闘するとは…… 極めて珍しく異例の展開ですね。とくにヒュー。アミル・ガウルは身体の色が変わっていますが、どういうことなんでしょう。

人気blogランキングへ
| 牙(終) | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック