CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< はぴねす! 第8話「夏の思惑」 | main | 武装錬金 #9「早坂姉弟」 >>
ちょこッとSister 第21話「Let's 遊園地!」

ちょこの、不思議体験…… 前回のできごとも、ある意味超現実的でしたが、今回はさらに不思議な世界です。


ちょこは、クロが死んでしまったことをまだ気にしているようす。駆とゆりぴょんはちょこにプレゼントをあげて励まそうとします。ちょこはいい友だちを持ちましたね。ゆりぴょんは、オダエリのサインをどうやって入手したんでしょうか…? 管理人さんの計らいで、遊園地に行くことにします。……いじけないように真琴さんも一緒(笑)。


めったに出番がなく、管理人さんにさえも忘れられているかわいそうな安岡のオジサンですが、今回はなかなかにいい味を出してくれました。悲しいことを忘れたいというちょこに、「楽しい思い出まで忘れることはない」と言います。この人は、遊園地に行く途中に交通事故で妻子を失ったのでした。この日は命日。家族をいっぺんになくすというのは相当辛い体験に違いないですから、ちょこに言ったような言葉が出るようになるまでは、長い時間がかかったことでしょう。そういう人が言う言葉は重みがあります。


寝古田(江古田?)からお手軽に行ける遊園地といえば、やっぱり豊島園ですよね(笑)。本編では"TOSHIMOEN"となっているみたいでしたが…… ちょこは楽しそうです。真琴さんも楽しそうです。真琴さん調子に乗りすぎ…… お化け屋敷で笑われちゃ、お化けもやる気出ませんよ。


トイレに行った帰りに、ちょこは泣いている女の子に会います。迷子のようです。ちょこはいっしょにお母さんをさがすことに。ちょこが幼稚園に行ったときも思いましたが、ちょこよりも小さい子が出てくるとちょこはお姉さんなんです。これがちょっと不思議な感じです。


お母さんには会えました。お母さんの話によると、お父さんとは年に2回しか会えないと決まっているのだとか。夏にはこちらから、冬にはあちらから…… まあ、これはつまり…… そういうことなんですよね。そもそも、あれだけ泣きじゃくっている子がいるのに、誰も気に留めないなんて不自然ですし。ちょこは、「覚えていてくれることがうれしい」という言葉に、納得するところがあったようです。


墓石に、マフラー…… 怪奇現象ですわ……


帰りの足は西武線
●やっぱり帰りは西武線です。2000N系か9000系みたいです。池袋線なら9000系でしょうか。どうして右側の線路を走っているのか知りませんけど(笑)


今回ちょこには、この世の理とはちょっと違うものが見えました。でも考えてみれば、クリスマスにやって来たちょこ自身が、不思議な存在であるわけです。もしかしたらちょこも、あの子やお母さんと近い位置にいるのかもしれません。そうすると、ちょこはこの世に生まれてこられなかったはるまの妹がルーツ、という話も、現実味を帯びる気がします。


ちょこシスって、こういう風にしみじみするお話だったんですね……

人気blogランキングへ
| ちょこッとSister(終) | 21:26 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ちょこッとSister 第21話「「Let's 遊園地!」
前回の「禁じられた遊び」風の幼い秘密と喪失のお話を引きずって重い出だし。 サブタイから受ける賑やかさは無い。 ようやく謎の住人安岡さんが絡んで、彼の家族の記憶とちょこのクロへの想いの二本の筋を並行して描く。 安
| Cross Channel | 2006/11/30 10:21 PM |
ちょこッとSister 第21話「Let's 遊園地!」
博士「2週連続で泣かせやがって。゚・つД`)・゚・。」 助手「いい話でしたね・・・。゚・つД`)・゚・。」
| ちょこッとSister 第21話「Let's 遊園地!」 | 2006/11/30 11:13 PM |
(アニメ感想) ちょこッとSister 第21話 「Let’s 遊園地!」
ちょこッとSister 第3巻 クロを失って以来、すっかり元気を失くしたちょこ。そんな彼女を気遣い、千歳ははるまにちょこを連れて遊園地に行かないかと誘います。そして、当日・・・すっかり元気を取り戻し、遊園地で楽しむちょこですが、迷子で泣き続けている一人の女
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2006/12/01 2:13 AM |