CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 金色のコルダ Opus 4「迷い心のワルツ」 | main | おとぎ銃士 赤ずきん 第18話「うたう三銃士」 >>
ひぐらしのく頃に 第26話「罪し編 其の伍 リテイク」

知恵先生はレナからかかってきた電話に騙されて、外出。そこへ鉈を持ったレナが現れ、人質をとって教室を占拠しました。レナの要求は、オヤシロ様復権を狙って細菌テロを行おうとしている園崎家に対して強制捜査を行うこと。ガソリンを撒き、時限発火装置まで用意する周到さ。狂気の沙汰です。鉈で魅音を殴りつけるレナ。刃ではないとはいえ、相当痛そうです。額が切れて出血。あとで圭一が言いますが、この傷で魅音と詩音を見分けようという話ですか…… それもひどい気がしますが(笑)。


圭一はレナの味方をすると見せかけて外部と連絡を取ります。時限発火装置が19時に作動することを知って、阻止に乗り出します。トラップの専門家・沙都子のアドバイスも加わって装置を捜索。コードをたどりますが、これはレナによるフェイクでした。鉈を振り下ろそうとするレナにタックルして止めたのは、梨花でした。前回はもっとがんばりがあれば…… って、詩音のときのことですか。確かにあれはちょっと惜しかったかも……
「遊んであげるわ、おいで鉈女」
梨花ちゃんしびれます!


沙都子の推理では、発火装置は屋根の雨どいの中。悟史のバットでガラスを叩き割り、ダッシュで装置をストップ。爆発の危機は免れました。人質もみな脱出して無事です。そしてレナと圭一は最終決戦に…… 鉈vsバット。激しいバトルです。勝ったほうが正義…… 圭一はこれを部活の延長線上としてレナに語りかけます。圭一が勝ったらレナは専属のメイドさんに。
そこはがんばれ圭一!(笑)
レナは自分が勝っても空しいだけであることに気づき、涙を流します。そして今回は、部活の仲間は誰も死ぬことなく、事件は幕を閉じたのでした。


惨劇は回避できるのかもしれない。仲間を信頼し、相談する、疑心暗鬼を取り払う、ただそれだけのことによって。その可能性を見せられて、涙する梨花でした。


でもまだ6月は繰り返す。今度は梨花が大石に呼ばれました。もしかして、誰が大石に呼ばれるかによって事件の展開が変わってくるのでしょうか? 梨花は最後まで付き合う覚悟です。


●まとめ
前半の謎が謎を呼ぶ展開、後半の謎解きにはかなり引き込まれました。結局全ての謎が明かされたわけではないですが、最終話はこれまでの中でもっともましな結果に終わり、幾分かすっきりしました。今までは後味が悪いものばかりでしたから…… 謎が残ったままであることに対しては不満もあります。テレビアニメの尺としてはこのあたりが限界だったということでしょう。ただ凄惨なシーンの描写に関しては、かなり踏み込んでいたと思います。特に詩音の狂気は群を抜いていましたね。


この作品を通して思ったことですが、凄惨な暴力的シーンは眉をひそめたくなりますが、一方で官能的であり、かえって魅了される部分もあります。暴力や死というものは人間の本能と深く結びついているのかもしれません。それが人の業というものでしょうか…… 疑心暗鬼も人の性。この作品ではそういった部分を描こうとしたのかも。


「ひぐらし」では梨花がキーパーソンであることに間違いなさそうです。少なくとも梨花は「繰り返している」ことに気づいています。次回予告も田村ゆかりさんですし…… 繰り返しているうちに精神年齢も上がっていくでしょう。「暇潰し編」での予言めいた言い方は気になりますが……

いずれにせよ、かなり引き込まれた作品でありました。


●さらにまとめ
かぁいいレナをお持ち帰りしたい〜
艶っぽいからだつきの魅音と詩音に両側から挟まれたい〜
沙都子をにーにーのかわりにかわいがってあげたい〜
梨花ちゃんをレナと一緒にお持ち帰りしたい〜

おしまい(笑)

人気blogランキングへ
| ひぐらしのなく頃に(終) | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 17:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック