CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 地獄少女 二籠 第三話「愛しのけいちゃん」 | main | 牙 第31話「野望の代償」 >>
太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。(10/27)

どうもアニメ以外の番組はうっかり見逃してしまうことが多くて…… 2回間が抜けました。


●政治に関する世論調査を禁止します(否決)
趣旨:世論調査に左右されず自分で意見をもつべき。
論点としては、世論調査の調査手法の問題、世論調査自体が世論に及ぼす影響、の2点が考えられます。

番組中でも指摘されていましたが、設問のしかたや順序などによって、調査ごとに違う結果が出ることはありえます。社会学などの調査全般に言えることかもしれませんが…… 電話調査だって、政治に関心のない人は応じないことも考えられるので、無党派層の割合は実際はもっと高いかもしれません。正確な数字により近づける調査方法を考えたいものです。

調査の結果が公になることで新しく世論が形成され、選挙などの結果に影響することも十分ありうる話です。自民党の総裁選も早くから出来レースでしたしね…… わたしは安倍さんはあんまり好きじゃないですけど(笑)。やはり多数意見に従うのは安心できますし、選挙で勝つにはそれが一番安全なのでしょう。

だからといって世論調査をなくせばよいかといえば、それはあまりおもしろくないと思うのです。世論調査の結果が報道されて、自分たちの意見とは違うものが多数だった場合、危機感を覚えてそれまでよりもっと強くアピールしようと思うでしょう。政府は、国民の反対意見が多くてもやらなければならない政策もあります(特に増税など)。その場合、みんなに必死に訴えて理解・納得してもらおうとするはずです(それが望ましい)。

というわけで、議論をうながしてより多くの人が納得するためにも、世論調査は意義があると思うのです。より公平性・信頼性の高い調査が行われること、一人ひとりがそれなりに自分の意見を持つことが前提ではありますが。

人気blogランキングへ
| 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:43 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック