CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※深夜番組は日付変更前の曜日
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 大魔法峠 2 | main | 北関東・南東北の旅 2日目 〜会津から松島へ〜 >>
北関東・南東北の旅 1日目 〜名古屋から会津へ〜

9月初旬、北関東・南東北あたりに旅行に行ってきました。もちろん鉄道旅行です。廃止が決まっている路線に乗っておく、という目的もあります。


1日目は、名古屋から朝の新幹線でスタート。
じゅ〜すうぃ〜なグリーン車マーク
じゅ〜すうぃ〜♪
じゅうしぃなグリーン車には乗れませんので、いつも通り一般車へ……
ひかり 名古屋→東京
行きがけに富士山でも見られればよかったのですが、朝早かったので静岡あたりで眠ってしまいました。目が覚めると小田原でした。真新しい品川駅を過ぎて、終点の東京へ。新幹線だと東京も近いものです。


東武鉄道への乗換えを目指すのですが、都区内までの乗車券を持っているので、北千住へ向かうことにしました。まずは山手線内回り。
普通 東京→上野
上野で常磐線に乗り換えです。交直流通勤電車のE501系。モーター車に乗ると、期待通り「ドレミファインバーター」の音を聞かせてくれました。
快速 上野→北千住
北千住駅のE501系と東武の駅名板
北千住では東武に乗り換え。つくばエクスプレスの開業にともなって改装されたらしい連絡通路を通って、東武のりばに行きます。券売機で東武・野岩・会津鉄道経由の西若松行ききっぷを購入。2日間有効で、途中下車ができます。


乗り換え時間、北千住で待っているとさまざまな電車が見られました。常磐線ホームは国鉄型の電車から特急まで。東武のホームでも、スペーシアに加えて東急や地下鉄半蔵門線の車両がやってきます。相互乗り入れ全盛の時代ですね。さて、ここからは快速会津田島行きに乗って終点まで向かいます。東武では「急行」より「快速」のほうが停車駅が少ないのですね。
快速 北千住→会津田島
電車は6050系の6両編成。停車駅もほどほどに、複々線高架区間を快調に飛ばします。途中の栗橋では、JR東北本線との連絡線も見えました。両社の直通特急はここを通っているわけですね。


下今市(しもいまいち)で前の2両は日光へ。4両で単線区間を走ります。線形もだんだん険しくなり、東武の終着駅・新藤原へ。ここでさらに2両切り離します。そして電車は野岩鉄道の区間に。トンネルが多いですが、渓谷に沿って走る車窓はとてもきれいです。紅葉の季節がいいかも。会津高原尾瀬口からは会津鉄道の区間です。構内踏切などが、JRのローカル線のような雰囲気をかもし出しています。もともと、国鉄の路線だったわけですけど。車内も閑散としてきましたが、終点の会津田島に到着です。
東武6050系
乗ってきた電車を撮影。6050系の車内はセミクロスシートです。


会津鉄道・会津田島駅
会津田島の駅前は整備され近代的な雰囲気。駅舎の脇にはC11蒸気機関車が保存されていました。会津田島には車両基地もあり、気動車の整備などが行われています。


ここからは「AIZUマウントエクスプレス」でラストスパート。
AIZUマウントエクスプレスと会津若松駅
キハ8500形気動車です。この車両はかつて、名古屋と飛騨地方を名古屋鉄道経由で結んでいた特急「北アルプス」に使われていました。車内はほぼ名鉄時代のときのまま。回転リクライニングシートで楽ちんです。特別料金は不要なので乗り得です。
快速AIZUマウントエクスプレス 会津田島→会津若松
西若松からはJR只見線の路線。そして終点の会津若松に到着です。きっぷは西若松までだったので、窓口で精算します。この日はここまで。会津若松で一泊です。

人気blogランキングへ
| 鉄道旅行記 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/619
トラックバック
AIZUマウントエクスプレス号 鬼怒川−会津田島−会津若松
 東武鉄道・鬼怒川温泉駅より野岩鉄道、会津鉄道を経由し乗り換えなしで会津若松駅まで直通する「AIZUマウントエクスプレス」号。  ふつうは、会津高原尾瀬口駅や会津田島駅で乗り換えとなりますが面倒もなく、また鬼怒川直通列車は快速運転をするため、鬼怒川と会
| グリーン車 アッパークラス体験記 | 2006/10/23 7:58 PM |