CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ギャラクシーエンジェる〜ん 第3話「伝説!食材サバイバる〜ん」 | main | ちょこッとSister 第15話「プールDEじゃぷん!」 >>
大魔法峠 1
大魔法峠 1
大魔法峠 1

リリカルトカレフキルゼムオール! かわいい(?)呪文で魔法を操る田中ぷにえちゃん。でも…… 魔法必要ないじゃん!


見たいと思いつつ見ていなかった作品その2です。鉄道ネタがあるので見るしかないですね(笑)。「ドクロちゃん」とあわせると、両方水島努監督作品でした。「ピピル」「ピルピル」「ピピルピイ」とかいう名前のキャラも出てますし……


ぷにえはさっそくスケバンを魔法でとっちめて覇権を築きます。何だか野菜の動きがおもしろいですよ。不良は国鉄子たち鉄道研究会のカレー模擬店にイチャモンつけますが、ぷにえの登場ですごすごと退散。魔法でカレーを調理するぷにえ…… じゃがいもたちの悲壮な最期であります。自分でルーに飛び込むなんてね。


国鉄子のエプロンには「キハ65」の文字が。
急行「だいせん」(エーデル車)
手元のキハ65はこの写真しかないですが…… 改造車のエーデル車です。これは今はなき夜行急行「だいせん」です。さらにほかの子のエプロンには「EF63」と書いてあります。EF63は、今は廃止になった信越本線横川〜軽井沢間の碓氷峠で、すべての列車の捕機についていた電気機関車です。区間の廃止に合わせて、保存車両以外は廃車になったようですが…… マニアックですね(笑)。


魔法無効化アイテムを手に入れた姉御たちはぷにえに勝負を挑みますが、ここでぷにえのサブミッションが炸裂! 壮絶な肉体言語です。スケバンは関節を粉砕され、埋められちゃいました〜(笑)。関節技を喰らった場面での川澄綾子さんの強烈な叫び(悲鳴?)がすごいです。


第2話は、ぷにえのマスコット・パヤたんのお話。シモベを手に入れるためわくわくマスコット村に乗り込んだぷにえ。パヤたんと死闘を繰り広げます。関節が360度回転する特異体質のパヤたんには関節技が通用せず、あばらを砕かれるぷにえ。しかし今度は強烈なヘッドロックで逆襲です。頭蓋骨の割れ目をずらして脳を圧迫するって…… そんなことできるんでしょうか。ともかくパヤたんはたまらず屈服したのでした。


でもパヤたんはちゃんとぷにえの命を狙っているのですね。でもマスコットって何のために必要なんでしょうか…… 斎藤千和さんと中田譲治さん、差がありすぎです。中田さん渋いです。


水島監督は作画のミスとか、いろいろとぶっちゃけすぎですね(笑)。未完成品にコメント…… って、「ドクロちゃん」と同じじゃないですか。

人気blogランキングへ
| 大魔法峠(終) | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:48 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック