CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 秋の新作アニメラッシュ! 感想その1 | main | ブルックナー:交響曲第2番 >>
映画 「交渉人 真下正義」

ドラマを見ないわたしも、「踊る」シリーズはずっと見てきましたので、テレビで放送するならこれも見ませんと。しかも地下鉄ネタですから、鉄道ファンとしても注目なのです。「踊る」シリーズ自体、「機動警察パトレイバー」からのオマージュ(パロディ?)が数々含まれますので、アニメファンとしても注目です。


作品はネゴシエーターの真下を中心として進んでいきますが、交渉よりも地下鉄マンの人々のほうががんばっている感じです(笑)。線引き屋(「スジ屋」のほうがよく聞きますけど)のおじさん、いい味出してました。大都市の地下は謎が多いです。東京の地下鉄はどの線とどの線がどこで繋がっていて、車両基地はどこにあるとか、そういうことはよほどのマニアでないとわかりません…… 「脇線」なるものが存在するのかどうかは知りませんけど。


音楽にも詳しいと思われる犯人、コンサート会場に爆弾を仕掛けていました。コンサートで流れていた曲は、
・モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
・ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第1楽章
・チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より「花のワルツ」
そしてラヴェル作曲のバレエ音楽「ボレロ」でした。最初は小さな音で始まって、次第に盛り上がりを見せ、クライマックスを築くラヴェルの傑作です。クライマックスに向け、音楽の盛り上がりに合わせてみんなが新宿に集結する演出はなかなかです。できればCMを入れずに放送してほしかったですが……


結局犯人は何者だったのか、わからないところに後味の悪さが残ります。真下の交渉だけを中心に据えたわけではなかったので、交渉の場面は意外と少なかったかも。でもエンターテイメントとしては良かったように思います。鉄道ファンでクラシックファンのわたしは盛り上がるしかないのですね(笑)。


ネタとしては……

地下鉄海岸線の電車
最初の舞台となった「東葉線」(東京地下鉄東西線がモデル)の電車は、神戸市営地下鉄海岸線の電車でした。それから、車両基地爆破のシーンで出てきた電車は東京臨海高速鉄道りんかい線ではないでしょうか。SATが地下鉄坑内を走っていくシーンでは、オレンジ色のドアの車両が走っていましたが、札幌市営地下鉄東西線だと思われます。

劇中で何回も「ATO」という単語が出てきた割には、その説明がなかったですけど……
ATO――Automatic Train Operation(自動列車運転装置)のことで、コンピュータによる自動運転を行う装置。
ですね。

「機動警察パトレイバー」とかぶるネタで、気づいたものです。
・電波を使ったテロ、時限式コンピュータウィルス、ソフト開発会社の犯人、犯人は死んでいる…?、カラスの群れ→パトレイバー劇場版第1作
・路線図にない地下鉄の線路→劇場版第2作
こうして見ると、「パトレイバー」の先見の明に改めて驚かされます。


交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

人気blogランキングへ
| 映画鑑賞記 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
踊るレジェンド『交渉人 真下正義』
3週に渡って放送される踊るレジェンドスペシャルプロジェクトの第1弾『交渉人 真下正義』が登場トラックバック260、コメント170以上を記録した『交渉人 真下正義』舞台挨拶@日劇2では、マニアックなリンクネタを少々。。。
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2006/10/15 12:15 PM |