CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 初秋のアニメ最終回ラッシュ その3 今期はこれでおしまい | main | おねがいマイメロディくるくるシャッフル! 第28話「ギターが上手くなったらイイナ!」 >>
牙 第28話「存在の証」

なぜだか知りませんが(笑)対抗心を燃やしていたキーラとロイアが対戦です。キーラは歴戦の猛者であるらしく、ロイアは終始押されっぱなし。アプカレルも苦しそうな声を上げています。しかし追い詰められたところでロイアの反撃。刺す寸前までいってしまいました…… キーラはたまらず降参。これはロイアの火事場の馬鹿力(?)なのか、それともロイアにはまだ秘められた力があるのでしょうか…?


ウルバークスの面子はしっかり2人の戦力分析をしています。顔はロイアが勝っていますか…… そうですか。ジーモットでも一応戦いは見ております。でも、政権の高官の前で「ヒューを倒す」とか言っちゃっていいんでしょうか? いかにも小物っぽいんですけど…… これはエルメイダの言うとおり「死ぬ」かもしれませんね。


ゼッドはネオトピアの教皇ハイラムによびだされ、スカウトを受けます。ハイラムもおそらくはキースピリットが目当てなのでしょう。でも確かに人材は欲しいところ。ジャウストでもネオトピアの代表は不甲斐ないですから…… まだ一勝もしていないのでは。


ゼッドは「絶対規律」に懐疑的です。ノアの言うとおりの世界に平和をもたらす法というよりは、どうも人民を支配するための手段に見えますからね。規律の素晴らしさを説くノア。信じるのは勝手ですが、信条を他人に押し付けるのはあまりよくないことです。宗教の場合でも、熱く語られると閉口してしまいますから……


ロイアは意識が戻らなかったのですが、夢の中で母親と出会い、ヒーリングシャードの力を手に入れました。でも「勝手な医療行為」のかどで連行されてしまいます。規則は規則なのかもしれませんけど…… 普通の法治国家では規定に違反することがあっても実害がなければ不起訴や処分保留になり、処分を受けたとしても軽いもので、実際は柔軟に運用されているわけですが、「絶対規律」のもとでは即公開処刑につながったりするので恐ろしいったらないですね。


何となく不協和音が出始めていたゼッドとノアですが、ここへきて完全に対立。ノアが絶対規律を信奉している以上、相容れることはないわけです。これが今後どうなってしまうのか…… ロイアは自らに今までと違う方向性の存在意義を見出したようです。もうジャウストはしないんでしょうか?


↓ポニテの眼鏡っ娘、がんばれ!(笑)
人気blogランキングへ
| 牙(終) | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック