CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< おとぎ銃士 赤ずきん 第14話「おかしな森の記憶」 | main | ちょこッとSister 第13話「はじめてのゆりぴょん」 >>
さよならピーチライナー…… 新交通の廃線

9月30日いっぱいで、桃花台新交通・桃花台線(通称ピーチライナー)が廃止となりました。新交通システムの路線としては、全国で初めて廃線になってしまいました。


ピーチライナーは愛知県小牧市内の路線で、名古屋鉄道小牧線の小牧駅と、桃花台ニュータウン内の桃花台東駅のあいだを結んでいました。ほかの新交通の多くが側方案内軌条式であるのに対し、ピーチライナーは中央案内軌条式のVONAシステムという方式を用いていました。


廃止前の最終日には現地に行けませんでしたが、在りし日のピーチライナーのようすです。
ピーチライナー100系
車両はこんな感じで、左が後ろ、右が前からみたところです。ピーチライナーは一方向にしか運転しないため、後ろは省略されているわけです。どういうことかというと、
ループ線
終点にはループ線があってここで向きを変えていました。


車内
車内のようすです。一方向にしか運転しないため、乗降ホームはすべて島式で、ドアは進行方向右側だけにあり、反対側は座席だけでした。


このように結構ユニークな路線だったのですが、利用者が増えず、廃止となってしまいました。愛知県内は、上飯田連絡線、あおなみ線、地下鉄名城線、リニモ、名鉄空港線と、近年新線開業ラッシュだったのですが、廃線も出てしまいました。やっぱり鉄道路線は使われてなんぼ、ですからね…… 写真を撮ったのは平日の昼間ですが、ガラガラでした。通勤時間帯はもっと違ったのかもしれませんけど。


鉄道路線の存続に当たっては、開業前に十分な需要予測をすることと、沿線の人たちが積極的に利用することが不可欠です。ピーチライナーも今後の教訓としたいところです。

人気blogランキングへ
| 鉄道の話題 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
桃花台新交通 視察レポート7(まとめ)
記事の目次導入編駅・本線編車輌編車両基地編バス編その他編廃止後編まとめ(この記事)視察旅行の所感7月の第1次視察旅行はボーナスを貰った直後ということもあり、金満状態だったのだが、ホテルが取れた時期が金曜日から土曜日に掛けてという時期で、出発がかなり慌ただ
| tomocky@岡山急行電鉄のブログ | 2006/10/15 11:11 PM |