CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ゼーガペイン #16「復活の戦場」 | main | 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。(7/21) >>
夏のアニメ新番組 その2 -真面目にツンデレ論-

また第2話まで見た作品について印象を。


●となグラ!
勇治みたいにストレートで節操なしのキャラは久しぶりかも…… テンションの高さについていけるでしょうか? まあ、香月とまりえに毎回がんばってやっつけてもらいましょう。


●ちょこッとSister
うーんと、どっかで見たようなアパート暮らしですね(笑)。クリスマスに妹をプレゼントされたはるま。でもそんなに不純な動機ではないのです。あの偏った知識のあんちょこは誰が仕込んだのでしょうか…? ちょこがもしはるまの妹の生まれ変わりか何かだったら、ちょっとW ウィッシュみたいかも…… と思ったり。ちょこの知識は偏っていて、ちょっと普通の女の子との断絶のようなものを感じます。そこが切ないところです。


●つよきす
「ヒロイン全員ツンデレ」と銘打って始まった本作、ギャグですね。なかなかの超展開…… 各ヒロインの印象です。近衛素奈緒はめげない人。いつも明るく振舞うのは好印象です。「ツンデレなのにスナオなの?」というツッコミは置いといて…(笑)。鉄乙女は武人です。必殺地獄蝶々が華麗に舞います。蟹沢きぬはハイテンション過ぎます。あとの人は…… まだわかりません。


ところで「つよきす」にはいろいろ言いたいことがあるのですが…… ということで、勝手にツンデレ論です。

「つよきす」は、「ヒロイン全員ツンデレ」と銘打っています。そして公式サイトへ行ってみると、各キャラクターの属性まで事細かに書いてあります。これは果たしてよいことなのでしょうか?

まず、公式見解として最初から「全員ツンデレ」と言ってしまっていることは、「ツンデレ」の趣旨を没却することに他ならないのではないでしょうか。初めのころはツンツンしていて、そういうきつい性格の人なのか…… と思いきや、ちょっと親しくなると素の部分を見せてくれる。その意外性がいいのです。最初からツンデレとわかっていたら、そのようになっても「やっぱりね」で終わってしまうではありませんか。これでは意外性にはっとさせられる楽しみがありません。

次に、各キャラクターを全て「ツンデレ」とひとくくりにすることは、それぞれのキャラの可能性を狭めることになるのではないでしょうか。公式サイトではさらに細かく属性にも分類されています。これは、本来ファンや視聴者がすることであって、公式でやることではないのでは。最初からこのように分類されてしまったら、見る側の楽しみがなくなります。

そして、公式に「ツンデレ」という言葉を用いることは、「ツンデレ」の陳腐化を招くのではないでしょうか。言葉はたくさん用いられるほど陳腐化する傾向にあります。さらに、スラングが公に用いられると、他の場面で敢えてスラングを使う意味が没却されて楽しみがなくなります。「ツンデレ」の濫用が言葉の寿命を縮めることになるかもしれません。

最後に言いたいのは、「つよきす」の姿勢は「巷ではツンデレが人気だそうですね。だったらツンデレばっかり集めてみました。さあ、お好きなのをどうぞ」と言われているみたいで気に入らない、ということです(笑)。確かにツンデレは嫌いではありません。むしろ好きです。でも、ツンデレキャラが好かれるのは、ツンデレだからではありません。各キャラにそれぞれ個性があって、それを知った上でそのキャラ全体が好かれるのです。だからツンデレという面ばっかり押し出すのは、何か違うと思うのです。

ここまで書きましたが、別に「つよきす」や「ツンデレ」が嫌いなわけじゃないんです。ツンデレという性格は、自らに信念を持っていて他人に媚びないところから出てくるものです。素晴らしいではありませんか。だからこそそれを大事にして、乱発しないで欲しい…… というところがあるのです。
これからもツンデレに栄えあれ!

人気blogランキングへ
| アニメ関連 | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 02:04 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック