CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< スクールランブル二学期 #14「at メルカド in アメリカ(26F) with アメリカ(26h)」 | main | いぬかみっ! #15「ウハウハ啓太に恩返しっ!」 >>
塩野七生:ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中)
ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中)    新潮文庫
ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) 新潮文庫
塩野 七生

地中海を挟んで共和制ローマと敵対した最大のライバル・カルタゴとの壮絶な戦いが始まります。カルタゴの軍勢を率いるのは、智将ハンニバル。アルプスを越えてイタリアに侵攻し、ローマの目と鼻の先で暴れまわります。ハンニバルの巧みな戦略の前に、会戦はことごとく敗北し、何人もの執政官が戦死します。


ハンニバルの手並みの鮮やかさが最も発揮されたのは、やはりカンネの会戦でしょう。圧倒的多数のローマ軍を翻弄し、ついには包囲殲滅した戦術は見事と言うほかありません。ただ、ハンニバルは会戦のみで正面からローマを撃破しようとしたのではなく、同盟国をローマから離反させて切り崩すという戦略が基本にあったようです。それは重要なことではあったのですが、あまりうまくいきませんでした。


ローマもやられたままで黙ってはいません。カルタゴ本国からハンニバルへの支援を遮断し、徐々に追い詰める作戦です。そして登場したのがスキピオ。スペインにおけるカルタゴの本拠地・カルタヘーナをあっさりと攻略する活躍を見せます。そしてハンニバル以外の軍勢を次々と破るローマ軍。今後の歴史からも目が離せません。


この本を読んでまず感じたのは、情報収集の重要性です。ハンニバルはこの点に余念がなかったため、十分な活躍ができたのでしょう。それはスキピオも同じでした。情報の把握が最重要、という今に通じる考え方は、すでにこの頃からあったわけですね。


そして、ハンニバルやスキピオの活躍も目覚しいのですが、ほかに印象に残った人物が1人。ローマの「持久戦」の代名詞、マルケルスです。ハンニバルを追撃し、たびたび攻撃をかけるものの、決して会戦には持ち込まない。この地味ながら粘り強い戦いぶりが、確実にハンニバルの戦力をそぎ、疲弊させました。この貢献を忘れるわけにはいかないでしょう。ハンニバルもマルケルスには一目置いていたようです。マルケルスはこの戦い方かするとあまりにあっけなく命を落としてしまうのが残念なところでした。

人気blogランキングへ
| ローマ人の物語 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック