CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 『涼宮ハルヒ』とショスタコーヴィチ「第7番」の関係 | main | さよなら絶望先生 第四集 >>
Fate/stay night 23話「聖杯」

物語は最終決戦へ。傍観者である視聴者が邪推できることは、もうあまり多くはありません。聖剣の鞘はセイバーの元へ還り、魔術回路から生まれたイリヤスフィールは聖杯の器となり、多くの謎が明らかになります。


凛は言峰の襲撃を受けて重傷。士郎に最後のアドバイスと「命令」です。命に別条は…… ないですよね? 磔にされたイリヤ。気味の悪い黒いものが士郎を襲います。これは、桜のときと同じでしょうか?


「娯楽」のため、聖杯による破滅を望む言峰。でもこれは、ある程度人間の本質を表しているのかもしれません。人は、本能的に血を見たいと思っているのです。スポーツ対決も、レース競技も、コロッセオにおける命をかけた見世物の延長。お茶の間で衝撃的な事件や血なまぐさい戦争の実態を目の当たりにできる時代です。ついには一瞬で何十万人もまとめて殺せる兵器まで生み出した人間ですから。そしてフィクションで過激な展開を追いかけるのもその類。Fateという作品もそうなんでしょうね。でも自らの尊厳のために、ある程度で止まろうとするのも人間です。人として、どこで止まるのか。それが問題です。


しかし士郎たちは凛の言ったとおり、どうやっても勝てそうにないんですけど…… 凛にもらったアゾット剣が会心の秘密兵器になるのでしょうか。もはや語るべきことはありません。結果を見るばかりです。


最終回に臨む前に、非難すべきを非難して、祈ろうと思います。

英雄王たるギルガメッシュは、われらの敬愛したてまつるセイバーさん…… もといアーサー王陛下に対し、畏れ多くも「俺のモノ」と事実無根の妄言を発しているのであります。しかし彼奴は誤っているのであります。陛下は衛宮士郎の…… 否、みんなのものなのであります。さらに彼奴は、「嫌がるお前をどう組み伏せ呪いを飲ませるか。泣き叫ぶ顔を踏みつけその腹が身篭るほどの泥を飲ませ、耐え切れず俺の足元にしがみつくその穢れきった姿」を、ずっと考えていたというのであります。いったい何を飲まそうというのでありましょうか。そして「俺は気の向くままに奪い、喰らうだけだ」と言い、陛下を逆さ吊りにしたのであります。何とも不敬極まりないではありませんか。彼奴は腐っても英雄王。せめて尊厳ある死を与え給え。願わくば彼奴を、セイバーをして、聖剣の塵となし給え。


聖杯戦争の管理者、神父たる言峰綺礼は、10年前の聖杯戦争で破壊の限りを尽くし、大火によって無関係の人々に対し大量殺戮をはたらいたのであります。彼奴はさらに、衛宮士郎の肉親ばかりか、養父たる衛宮切嗣も殺害したのであります。実に許し難いのであります。

さらに彼奴は、われらの敬愛する遠坂凛・大先生に対し、あろうことか危害を加えたのであります。彼奴めは同居人の帰りを待ちわびた凛先生の弱みに付け込み、仮にも被後見人であるてぃーん・えいじゃあの少女に瀕死の重傷を負わせ、衣をその血で染め上げたのであります。そして手負いの凛先生をして、これ以上の戦闘を行うこと能わざらしめ、表舞台から引き摺り下ろしたのであります。これらの罪は、決して、決して、決して許すことができないのであります!!

加えて彼奴は、われらが敬愛するイリヤタン…… もとい貴族たるイリヤスフィール・フォン・アインツベルン閣下を、体調不全に乗じて略取し、そしてその衣服を除却し、磔にして素肌を衆目に晒したのであります。この悪逆非道な犯行を、許すことができ……ないのであります。願わくば衛宮士郎をして彼奴を串刺しとなさしめ、磔となさしめ、灰となさしめ、考え付く限り最も惨めな死を、否、それ以上の死を与えたまえ。もしくは死以上の苦しみを与え、しかるべき報いと結果をもたらし給え。おしまい。

人気blogランキングへ
| Fate/stay night | 00:15 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
(アニメ感想) Fate/stay night 第23話 「聖杯」
TVアニメ「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック/アニメサントラ (音楽: 川井憲次) 今回も入れて後2話で最終回。最後の戦いがいよいよ始まります。士郎VS言峰、セイバーVSギルガメッシュ。果たしてどのような結末が待っているのか?注目の回です・・・
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2006/06/21 4:40 PM |