CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< Canvas2 #16「薄紫のオールナイトロング」 | main | JUGEM IT! from 歌のザ・ベストテン - ぱにぽにWiki >>
ふしぎ星の☆ふたご姫 第44話「めざせ優勝☆シャル・ウィ・ダンス?」

サブタイトルがちゃんと疑問形になってます。文法的に正しいですね。って、そんなことはいいです。プリンセスパーティー開幕前から、たたかいはすでに始まっています。それは、「誰とパートナーを組むか」ということ。


一度も優勝していないふたごたちですが、そうか、アルテッサも優勝していないんですね。当然アルテッサはかなりの気合の入れようです。でもアウラーの申し出はお断りして、一人で踊るとのこと。足に故障を抱えて…… 大丈夫なんでしょうか。


一方のふたごたちは、シェイドにパートナーを申し込み。でも、一人の相手にふたりで頼むのは無理がありますね。レインと練習を始めるシェイドに、ファインは気をもむことに…… シェイドはこれまでも、ふたごのうちレインをより高く評価している節がありました。ただそれ以上の思うところがあるのかどうかは謎です。


ファインに振り回されティオは戦線離脱かと思いきや、ソフィーの「かざぐるまスパイラル」の実験台(?)になるようです。つづいて「ガビーン」は卒業した様子のナルロですが、こっちはこっちでミルキーと…… ませてますね。ソロ、新体操の道具のように扱われていますが、いいんでしょうか? リオーネはサンバ祭りのときの衣装で登場ですが、リンボーダンスって、趣旨に合っているんでしょうか? いちおうダンスですけど。


ブライトはアルテッサをダンスのパートナーに誘います。でもアルテッサ、理念のために闇の力を利用しているブライトを認めるのはまずいのでは。ブライト、裏では各国の玉璽を勝手に用いて、文書の偽造を図っていました。力でねじ伏せるのではなくて、見た感じ合法的な手段を使おうとしているのですね……


さてシェイドが去ってちょっとほっとするファインですが、ナギ様のブキミな動きにたじたじ…… こっちはタネタネプリンセスたちの組体操と組むことになりました。
今回のお助けキャメンは…… 超高速ミシンさばき。ドレスを作り上げるプーモの腕も大したものだと思いますけど。


「人形と踊ったほうがましだ!」って、ひどい言いようですね…… アルテッサは兄のもとを去ります。権力欲にとりつかれている人間が、リーダーにふさわしいとは言えないですよ。パーティーをぶち壊しにしようとするブライトですが、ここはプロミネンスで阻止。ふたごはふたりでペアを組みます。やっぱりそれが一番無難ですよ。それにしても「双子」って、立場が微妙なんですね…… いろいろ苦労がありそうです。


落下するミルロをキャッチしたシェイド。ふたごからお払い箱にされたこともあり、ミルロとペアを組みます。そうきましたか。ちょっと意外かも。アルテッサの故障に気づいたアウラー、リボンをサポーター代わりにと差し出します。傷心のときにこういう心遣いはうれしいもの。こちらもペア成立です。しかし、本気でスペシャル高速イヤイヤダンスで臨むのでしょうか。それは次回で。プリンセスパーティーは次回が最後ですか。この番組の最初のあたりを見ていなかったので、プリンセスパーティーの対戦成績とかよく分からないんですけど……


↓次回もナギ様ブキミな動き?
人気blogランキングへ
| ふしぎ星の☆ふたご姫(終) | 11:35 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 11:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
愛に○○は関係ない。
ふしぎ星の☆ふたご姫第44話「めざせ優勝☆シャルウィダンス?」 先に言わせていた
| Fere libenter homines id quod volunt credunt | 2006/02/05 3:12 PM |