CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 祝生誕丸250周年! モーツァルト | main | ふしぎ星の☆ふたご姫 第43話「ミラクルサーカス☆とべ!ナッチ」 >>
ラムネ 第12話「100個の貸しと100個の借り」

中京地区でもやっと見られた…… 感動は一ヶ月遅れで、ということですね。


前回急転直下の事態が降りかかったのですが、健次は昏睡状態のまま目を覚ましません。七海も意気消沈です。目覚ましが鳴る前に目が覚めたりして…… あのベッドに挟まっていた七海がですよ。こういうところがリアルな感じです。


連日病院に通いつめ、健次に話しかける七海。かぼちゃプリンを作ったり、映画の券を持ってきたり…… おいもさんの秋になっても、雪の降る冬になっても、健次はそのまま。七海を見ていると、本当に心が痛みます。


雪が降るのは何年ぶりか…… みたいなことを言っていましたね。ということは南方の地域なのでしょうか? 以前の台風の進路上とは合わない感じですが…… 細かいことはいいです。季節が移り変わり、寒空が広がる情景はいい演出でした。


七海以外の人々も、それぞれの生活を送っています。多恵先輩の制服は初めて見たような気が…… ジャージじゃないと識別できないじゃないですか(嘘)。旅館でのお仕事も様になってます。ひかりは受験勉強の甲斐あって見事大学に合格。でも中学生に間違われるって…… 別に中学生でも排除されないと思いますけどね。鈴夏たちは畑のお世話。なんかお父さんと各務さんは…… そっちもですか(笑)


100個の貸しのお願いも届かず、季節は春。七海は髪を切って学校へ。留年しちゃったんですね…… 鈴夏と同じクラスだそうです。そしてまた夏。おさかなさんたちは、風鈴の下で泳ぎます。
「私たちはアレだから、しょうがないよね」
アレとは……?


今までずっと冒頭に入っていた幼い日のエピソード、今回はここで。
「すきだから…… なんてね」
フォークダンスの時と同じようなことを前にも言っていたんですね。でも今回は…… 「なんてね」が初めて取れました。


「いい音だな」
健次! 開口一番でそんな気の利いたこと普通は言えないですよ。ニクいね!(泣笑) ほんとよかった……


夏のメンバー大集合。健次も全快したようです。そして最後はふたりでラムネを…… 七海、ラムネ開けられないんですか…… これでラムネはおしまい。感動の最終回でした。


●総括
当初あまり期待していなかった作品が面白くなるというのはいいものですね。健次と七海のふたりの関係は全く揺らがなかったのですが、それを微笑ましくサポートする周囲との関係、長年の信頼関係に基づくふたりの強い絆、これらをしっかり描いていたおかげで、キャラに感情移入して見ることができたのだと思います。
この作品の意義は……
○組み合わせが決まっていても面白くできた
○日常生活の範囲内でも面白くできた
「魔法」とか「マホ!」とかがなくても十分楽しめました。別に魔法やマホ!が嫌いというわけじゃないですけど。
○悪い人が1人もいなかった
みんないい人でした…… 交通事故も、人が関わる衝突事故とかじゃなく、台風の爪あとでしたからね。あえて言うなら、危険箇所を通行止めにしなかった自治体に責任が……? そこまで気にしません。
最後ですが、列車もけっこうリアルなほうでした(音以外)。この作品かなりよかったと思います。ねこねこソフトは解散だそうですが、最後によいアニメが生まれました。これまでゲーム原作の作品はただのメディアミックスの産物と思いがちだったのですが、見方が変わりました。やり方しだいでいくらでもよい作品は作れますね。今後も良作が出てくることを期待します。


好感度順
七海(独壇場)、健次、ひかり、美空、多恵、鈴夏(2位以下は順番つけにくい…… というか全員よかった!)


↓ラムネが終わって寂しい…
人気blogランキングへ
| ラムネ(終) | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 03:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック