CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2019年12月終了アニメの感想 | main | 2020年3月終了アニメの感想 >>
2020年1月開始アニメの感想

新年、2020年第1四半期開始のアニメ序盤の感想です。

 

●Re:ゼロから始める異世界生活《新編集版》

本放送のときは見られる局での放送がなかったので、見ていませんでしたが、この機会に。死ぬとある時点まで戻ってしまうという、スバルの謎の能力ですが、何度も死ぬのはさすがにかなり辛そう。スバルは口がよく回る男です。まだまだわからない点が多いですが、次第に明らかになっていくんでしょうか。

 

●ID: INVADED イド:インヴェイデッド

人間の無意識や深層心理を扱うお話。映像表現はなかなか挑戦的です。キャラも一癖も二癖もありそうな人たちばかりですね。

 

●群れなせ!シートン学園

動物の擬人化ですが、雌のほうが人間の度合いが高いですね。動物豆知識もあって楽しく見られそうです。

 

●魔術士オーフェンはぐれ旅

前回のアニメ化がいつだったのか調べてみると、もう20年以上前でした。前作は見ていませんでしたので、この機会に。それにしても今頃再びというのは、どうして…… やっぱり最近の作品とはノリがちょっと違う感じはありますね。

 

●痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

MMORPGの作品その1。初心者の楓がひたすら防御力を高めていった結果、思わぬ威力を発揮するようになっています。このお話で最も重要なのは、楓の可愛らしさなので(笑)、制作側もそこをよくわかっているのだと思います。

 

●プランダラ

『そらのおとしもの』でおなじみ、定評のある(笑)水無月すう先生原作の作品です。やっぱりパンツとかパンツとか、パンツが大事なのでしょう。それにしても、陽菜の母親が「撃墜王」を訪ねて行くよう言ったのは、どういう意図なのでしょうか?

 

●インフィニット・デンドログラム

MMORPGの作品その2。このお話のヒロインは、エンブリオのネメシスなんでしょうか。似たような題材の作品が多いので、独自性をどう展開していけるのかがポイントでしょう。

 

●地縛少年花子くん

怪異のお話その1。普通は「トイレの花子さん」は女の子なのですが…… なぜ彼がトイレにいるのか、いろいろ事情がありそうです。最近、緒方恵美さんが少年役で出てくれる作品が続いてうれしいですね。

 

●虚構推理

怪異のお話その2。なかなか独特なジャンルのようです。おひいさまは可愛いけれどもなかなか食えないお人です。

 

●ドロヘドロ

かなり独特な世界観です。そして生理的嫌悪感を覚えさせる描写というのがどういうものか、よくわかっていますね。

 

うちの視聴環境では『イド』と『ドロヘドロ』が同じ日に続きます。どちらも興味深い作品ではありますが、どうも血生臭くて精神的負担が大きいですね(笑)

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

人気blogランキングへ
| アニメ関連 | 19:42 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 19:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする