CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2019年10月終了アニメの感想 | main | 2019年12月終了アニメの感想 >>
2019年10月開始アニメの感想

2019年第4四半期開始アニメの冒頭を見た感想です。

 

●旗揚!けものみち

異世界転移・転生その1。魔獣を倒すのではなく、プロレス技も使いながら手なずけるお話。へっぽこ珍道中的なお話で楽しく見られそうです。シグレも性格はアレですが、他の人たちも強烈すぎて…… 尻姫様ことアルテナさんは、今後源蔵にふたたび会うことはあるのでしょうか。

 

●慎重勇者〜この勇者が俺TSUEEEくせに慎重すぎる〜

異世界転移・転生その2。本編中で何度も病気呼ばわりされている聖哉。慎重というより、異常に疑り深いようです。そしてリスタルテも、セリフの半分以上をしゃべっているんじゃないかというくらい、ツッコミまくっています。このアニメは、リスタルテのツッコミを聴くアニメ! ということで、豊崎愛生さんは本当にご苦労様ですががんばっていただきたいです。

 

●俺を好きなのはお前だけかよ

パンジー先生の深遠なる計画。おみそれしました。このお話は、こんな具合に、各キャラが自分の利益にために他人をいろいろと利用したり、されたりするお話なのでしょうか。なかなか面白そう。1話の前半と後半のギャップは笑いました。

 

●本好きの下克上〜司書になるためには手段を選んでられません〜

異世界転移・転生その3。マイン/本須麗乃は、本好きというか、かなりの中毒者だったようです。現代に比べて技術が遅れている異世界での奮闘を通して、現代の出版文化がどんな技術に支えられているのか、再認識させてくれそうです。

 

●超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

異世界転移・転生その4。このような高校生たちが存在している時点で、その世界は現実世界とは異なるファンタジーなので、わざわざ異世界に行く必要がないのでは? と思ってしまいました。

 

●アズールレーン

群像劇ではありますが、まず中心になるのはエンタープライズ、その次に綾波あたりでしょうか。海戦だけでなく肉弾戦もするのは目新しいですね。

 

●厨病激発ボーイ

みんな楽しそうで良いですね。竜翔院凍牙のマンガはかなり香ばしいやつですが、それでストーカーを撃退するのは笑いました。瑞姫の存在がいい味出しています。

 

●GRANBLUE  FANTSY The Animation Season2

前シーズンも見ていましたので継続。最初から出ていながらなかなか掘り下げのなかったカタリナのお話です。ヴィーラはなかなか興味深いキャラですね。

 

●戦×恋

この手の作品は、好感の持てるキャラがいると見やすいのですが。北欧神話をもとにした世界観は面白いと思います。

 

●Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

Fateシリーズも、ついにFGOのテレビシリーズです。ゲームはやっていませんが…… stay nightの頃から見知ったような顔もちらほら。それにしても画面の美しさには舌を巻きます。じっくり見ていきたいところですね。

 

●ぼくたちは勉強ができない!

前シーズンも見ていましたので継続。各ヒロインのキャラにも深みが出てきました。お風呂ネタはこの手の作品では必ずありますが、男湯に入ってしまうというのは意外と珍しいパターンなのでは…… 桐須先生もやっぱりヒロインズなのですね。

 

●バビロン

「特定の思想、信条を肯定する内容ではありません」と注意書きをつけなければならない理由は、次第にわかってきました。しかし法に基づいて行動するしかない検事が、このような事件にどう立ち向かうのか、気になります。曲世愛という女はかなりの曲者ですね。敵にしたくありません。

 

●Fairy gone フェアリーゴーン

これも前シーズンを見ていましたので継続。レイ・ドーンがなぜ焼き討ちなどということをしたのかは、わかりました。ウルフランがどんなことを考えて行動しているのかも、わかってくるのでしょうか。復讐にとらわれているヴェロニカにも、救いがあってほしいところですか……

 

●ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル

PSO2のアニメは以前のものも見ました(会長は良いキャラでした)。それにしても、ダーカーとの戦いがこれほど血みどろだったとは…… 映画の『スターシップ・トゥルーパーズ』を思い出しました。この戦い自体にも、いろいろと闇がありそう。アークスのメンバーはエキセントリックな人たちばかりですね。

 

●私、能力は平均値でって言ったよね!

異世界転移・転生その5。マイルは自称・女子高生栗原海里が転生したとのことですが、実は中身はオッサンなのではないかという疑いが……(笑) これもへっぽこ珍道中になるのでしょうか。

 

●BEASTARS

肉食と草食の動物たちが共生しているという、なかなか独特な世界観。いろいろなテーマを描くことができそうです。原作の評価が高いようなので、期待して見たいと思います。

 

●アサシンズプライド

なかなかのオサレな作品です。それはともかく、みんな見事に平らですね。制作側の強いこだわりを感じます(笑) ただ、戦闘少女はスレンダーな体型の方が有利なのではないかとは、以前から思っていましたけど。

 

●ノー・ガンズ・ライフ

エクステンドという名前ですが、いわゆるサイボーグですね。どういう切り口で見せてくれるのか期待します。

 

●食戟のソーマ 神ノ皿

本作も4期目ですか。原作は読んでいます。創真だけでなく、えりながどんな想いで調理に臨んでいるのかというところに注目したいですね。

 

●僕のヒーローアカデミア 第4期

前シーズンまで見ていますので、これも継続。この作品の興味深いところは、ヒーローとはどうあるべきか? という点について、いろいろな考え方をもつ人たちがいることですね。その中で、出久がどう成長していくのか、注目です。

 

今期もたくさん新作が出てきました。改めて数えてみると、やっぱり異世界転移・転生ものが多いです。いろいろな切り口のあるジャンルですね。

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

人気blogランキングへ
| アニメ関連 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 18:36 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック