CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2019年6月終了アニメの感想 | main | 2019年9月終了アニメの感想 >>
2019年7月開始アニメの感想

2019年第3四半期のアニメ序盤の感想です。

 

●かつて神だった獣たちへ

戦争が終わって居場所も理性も失った擬神兵たちの姿は、あまりにも哀しいもの。エレインを妨害してこの状況をつくったケインの狙いは何なのでしょうか。最近、近代の戦争を扱った作品が多いですね。

 

●手品先輩

原作を見ています。これは先輩のポンコツぶりをひたすら愛でるアニメになりそう。

 

●彼方のアストラ

こういうテーマの作品といえば、まず思い浮かぶのは『無人惑星サヴァイヴ』ですね。ギャグをはさみながら、少年少女が困難に立ち向かう姿をテンポよく見せてくれそうです。シネマスコープとビスタサイズの使い分けは、どういう意味があるのでしょうか?

 

●魔王様、リトライ!

どうしてこういう状況になってしまったのかわかりませんが、このすば的へっぽこ珍道中を見せてくれる作品になるのでしょうか。キャラどうしの掛け合いや固有名詞がいちいち笑わせてくれます。

 

●うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

ただただラティナが健気で可愛らしいアニメ。みんなでラティナの成長を見守りましょう。

 

●荒ぶる季節の乙女どもよ。

思春期の痛々しさというのは、とても言葉で表すことができない…… 何を言っても、曾根崎部長のようになってしまいそうです。ただ、部室の戸に「純潔」とか貼っているのは相当ヘンです。TRAIN-TRAINと、和紗の泉に対する分析には笑いました。

 

●ロード・エルメロイ鏡い了件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-

Fateシリーズのスピンオフということで、いろいろと見知った顔も出てきます。ロード・エルメロイ鏡い海肇ΕДぅ弌爾蓮∨盻僂魘郢箸靴得錣Δ箸いΔ茲蠅蓮▲如璽燭箴鐚嬰な考察で事件を解決しています。ライネスは曲者ですがおもしろいキャラですね。

 

●戦姫絶唱シンフォギアXV

シンフォギアはElements GardenのPVだと思っておりますので、良い楽曲を提供していただけるのなら何も言うことはありません。前シリーズの終わり方からすると、未来がカギになってくるのでしょうか?

 

●ヴィンランド・サガ

高校世界史を学んだ人であれば、ヴァイキングが北極圏からシチリアまで大活躍したことは知っているでしょうが、それ以上のことはあまり深くは知りません。どんな骨太なお話が展開するのか、期待します。

 

●可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

先輩も後輩も変態でした。でも、手紙といっしょにパンツを置いていくような人間も、相当変態だと思います。可愛い女の子を支配するのも支配されるのも、人によっては喜ばしいことかもしれませんが、こういう嗜好とか性癖は合わないとまったくダメですからね。慧輝の苦悩は続く……

 

●ありふれた職業で世界最強

1話がだいぶざっくりした感じになってしまったので、展開が唐突感を免れない気がしますが、どう話を持って行くのか逆に気になる部分も……

 

●異世界チート魔術師

2人で異世界転移。なんだか安心して見ていられるお話です。異世界に行く作品で恋愛成就を目指す作品はあまりない気がするので、凛には頑張ってほしいところ(そういう作品なのかどうかわかりませんが)。

 

●通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

自分の親を友達に見られるだけでも恥ずかしいような思春期に、お母さんと一緒に冒険というのは、かなりつらそう…… やはり母は強し、というべきでしょうか。茅野愛衣さんも母親役をするようになったんだなあとしみじみ……

 

●ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

1期と劇場版、『ソード・オラトリア』は見ました。『ソード・オラトリア』ではアイズのキャラクターに深みが出ました。ベルだけでなく周囲の人々が何を考えどう動いていくのか、見ていきたいですね。

 

●BEM

本当に醜いのは、妖怪人間なのか、それとも人間たちなのか…… 『妖怪人間ベム』は何度もアニメ化されているようですが、キャラデザも新たにどんな話が展開するのか注目です。

 

お約束的ファンタジー異世界を舞台にした作品が多いですが、そこからどう独自性を出してくれるのか、見ていきたいですね。

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

人気blogランキングへ
| アニメ関連 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 16:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック