CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2017年6月終了アニメの感想 | main |
2017年7月開始アニメの感想

2017年第3四半期のアニメが出そろったので、最初の感想です。

 

●賭ケグルイ

蛇喰夢子は、ギャンブルがめっぽう強い(特にイカサマをしている奴には)だけでなく、ギャンブルにエクスタシーを覚えるという変態でした(笑) イカサマを企む連中が浮かべる邪悪な笑みと絶望、そして夢子の恍惚。リズムのよい顔芸と罵倒は、妙にクセになって何回も見返したくなります。生徒会にもクレイジーな奴らがそろっていそうですね。というわけで、今期一番の期待は本作です。視聴者からすれば、共感しやすいのは夢子よりもむしろ芽亜里じゃないでしょうか。

 

●Fate/Apocrypha

Fateシリーズのテレビアニメは全部見ていますので、本作も視聴。『stay night』との関係は、『プリズマ☆イリヤ』と同じような感じだと思っていいんでしょうか?

 

●戦姫絶唱シンフォギアAXZ

シンフォギアシリーズでは毎回言っていますが、今回も言っておくと、アニメはElements GardenのPVだと思っています。なので、メインは歌ですから、よい楽曲を送り出してくれることに、とにかく期待しています。

 

●ナイツ&マジック

ロボットオタクの青年が、異世界でカワイイ系美少年に転生。ここは素直にエルくんの活躍を見届けることにしたいです。

 

●恋と嘘

政府通知で結婚相手が決まる世の中。これを良いと思うかとんでもないと思うかで、視聴者の見方も分かれてきそうですが…… 莉々奈は、素直なのか何なのか、ちょっとヘンな娘ですね。美咲の真意も、つかみづらいところがありますが…… ただ、美咲は仁坂の「危険性」に気付いていたのかも。

 

●異世界食堂

異世界の住人の皆さんが、ありふれたメニューの素晴らしさを改めて解説してくださる作品です。最近のグルメ系の作品を見ていると、自分の食生活がいかに貧相かということに気づかされるような思いがします。おいしいビーフシチューやメンチカツを食べたい。

 

●アホガール

よしこはアホだなぁ〜 という月並みな感想でも許されるんではないかと思ってしまうアニメです。でも友達がいないあっくんや暴走する風紀委員長も大概です。リズムの良いギャグで楽しんで見られます。

 

●異世界はスマートフォンとともに。

重要なのはスマホ自体よりも、本質的には現代科学の叡智とインターネットかも。調べれば何でも出てくる便利な世の中で、知らないことや覚えていないことでも、すぐにわかりますからね。というわけでスマホの活用に期待。

 

●はじめてのギャル

これは、原作を読んでいます。というか、原作はこんなにエロくなかったと思いますが(笑) 八女さんが付き合うと言ったのは、果たして気まぐれだけなのか……

 

●ようこそ実力至上主義の教室へ

実力至上主義と言いつつ、評価は成績だけで決まるわけではないようでもあります。話がどういう方向に向かっていくのか注目。

 

●地獄少女 宵伽

地獄少女も息の長いシリーズになりました。前のシリーズは全部見ています。今回も謎の新キャラが出てくるようで注目。それにしても地獄通信もスマホで書き込む時代になったのかと思うと、感慨が…… 第1シリーズではブラウン管モニターのデスクトップパソコンでしたよね(笑)

 

今回は『賭ケグルイ』が意外な収穫でした。しかし残念なのは、一番期待していた『魔法陣グルグル』がテレビ放送で見られないことです。BSデジタルで放映してくれればいいのに…… 『魔法陣グルグル』は、わたしがアニメファンになるきっかけをつくったと言ってもよい作品です。新規アニメ化ということで楽しみにしていたんですが。ソフト化されるまで、過去のシリーズのDVDを見ておくことにしますか……

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

人気blogランキングへ
| アニメ関連 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 20:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1717
トラックバック