CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※深夜番組は日付変更前の曜日
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2017年3月終了アニメの感想 | main | 2017年7月開始アニメの感想 >>
2017年6月終了アニメの感想

2017年第2四半期が終了しましたので、終了アニメの感想です。

 

●進撃の巨人 Season 2

前シリーズの続編ありとの話があってから、だいぶ間が空きましたが、期待にこたえて良い出来の作品を出してくれたと思います。毎度多大な犠牲を出しながら、巨人とは何なのか? という謎にも徐々に迫っており、続編も目が離せません。

 

●つぐもも

桐葉さんがああいうあけっぴろげな性格なので、お色気(というか下ネタ)には事欠かないお話でした(笑) ちょっと懐かしささえ感じるようなノリでした。すなおが今後どうなるのか気になります。

 

●月がきれい

この作品は、視聴者にどういう印象を与えようしているのか、制作側の意図がよくわかりませんでした。というのも、これを見ている人の多くは、青春はもう過去のいい歳した大人じゃないか…… そんな大人たちを画面の前で悶絶させて楽しいのかと(笑) でも、最終話でだいたいわかりました。要は、小説投稿サイトに寄せられていたコメントのような感想を、素直に持ってもらえればよかったということでしょうかね。わたしは、こういう夢見がちなお話を素直に受け取るのは難しいような大人になってしまいました(笑)

 

●武装少女マキャヴェリズム

これも、どういう風に見たらいい作品なのか…… と思いましたが、剣術・格闘技のウンチクを楽しむアニメでした。ヒロインはみんな個性的でいろんな過去を背負っており、興味深いのですが、天羽斬々が、納村に対して抱いている愛憎半ばする思いというのは、なかなか強烈でしたね。

 

●ゼロから始める魔法の書

人・魔女・獣墜ちが、互いにわかりあえないという哀しみともいうべきものが、描かれる世界の根底には静かに流れていて、なんとも言えない寂しさが常に漂っていました。最後には希望も垣間見えますが…… ゼロは世知辛い世の中を恨まずにいられるでしょうか。

 

●笑ゥせぇるすまんNEW

現代の寓話とでも言うべきシリーズ。かなり不思議な話から、実際にありうる話、これは依頼者の自業自得だな、という話から、喪黒さんかなり強引だな、という話まで、バラエティに富んでいました。喪黒さんは、一応依頼者が約束を破ったから、という建前で人に不幸をもたらす悪魔か何かなんでしょうか。以前のアニメも見たことがありますが、今回はSNSなど現代のツールも出てきて、時代に即した話になっていました。井上親子が登場した回は、いろいろな意味で笑いました(笑)

 

●正解するカド

ストーリーや終わり方は、ちょっと肩透かしの感じもありましたが、人知を超えた世界をどのような映像や言葉で表現するのかという難しいテーマに挑戦し、かなり意欲的だったと思います。沙羅花のTシャツは、本当にダサかったなぁ〜(実際に売っているんでしょうか…?)

 

●ロクでなし魔術講師と禁忌教典

ラノベファンタジー枠としての期待には十分こたえてくれる作品でした。ヒロインはシスティーナもルミアも好きですが、ルミアにスポットが当たる話の方が多くて、システィーナは不遇な感じがしたのがちょっと残念。

 

●ソード・オラトリア

『ダンまち』の外伝で、本編の裏ではこんなことが起こっていた…… ということが描かれるお話。ベルくんがロキファミリアにここまで多大な影響を与えていたとは…… アイズは本編だとなんだか地に足がついていないキャラのような印象を受けていたのですが、こちらを見て、出自や考え方も含め、なかなか興味深いキャラだと思いました。それにしても「愛が思い」人が多いなぁ……

 

●GLANBLUE FANTASY The Animation

ファンタジーの王道はこうでなくては、というポイントを押さえてくれる作品でした。冒険はまだ途中ですが、続きを見られる機会はあるんでしょうか…?

 

●恋愛暴君

非常にテンポの良いギャグ作品として楽しめました。やはりグリのキャラが良いからでしょう。樒は本気でハーレム要員に参加する気なんでしょうか…?

 

●ツインエンジェルBREAK

先代ツインエンジェルのアニメも見ています。魔法少女もののパロディのような面もある作品ですが、友情・努力・勝利をちゃんと描いてくれました。みるくちゃんは、まだあのままなんでしょうか。

 

●ベルセルク 次篇

ファルネーゼやシールケが一行に加わり、ガッツも仲間に少しずつ心を許していきます。ファルネーゼは登場時から一番変わったキャラかも。やはりこの話を十分に理解するには、アニメ前シリーズより前の話もちゃんと見ておいた方がよさそう。

 

●アトム・ザ・ビギニング

あのアトムの前身(?)、A106にまつわるお話。というより「ベヴストザイン」の話ですね。AIに着目しているのが当世風、でしょうか。まさに現代の研究者の方々が取り組んでいる問題ですからね。「天馬博士」のキャラは意外でした。茂斗子が2人に関わり続けているのは、本当に自分の関心だけからなのか、ちょっと気になるところではありますが。

 

次期に続くシリーズは継続視聴。前から言っていますが、BSを中心に見ようとすると土曜深夜(日曜未明)に集中しすぎているので、視聴に工夫が必要です。次期シーズンも…… 何とかならないものかと。

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

人気blogランキングへ
| アニメ関連 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1716
トラックバック