CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2016年12月終了アニメの感想 | main | 2017年3月終了アニメの感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
2017年1月開始アニメの感想

1月開始アニメを途中まで見た感想です。

 

●AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-

見覚えのあるアキバのいろいろな場所が…… 毎回多くのディープなネタが詰まったおもちゃ箱のような雰囲気、嫌いじゃないです。

 

●政宗くんのリベンジ

政宗くんは愛姫に執着しすぎ。復讐だけを糧に生きてきたのかもしれませんが、今一度自身と向き合わなきゃならないときが来ることでしょう。彼を振った「残虐姫」愛姫のほうにも、彼女なりの理由があるのかも。

 

●セイレン

『アマガミ』は見ていないです。常木さんルートの終わりまで見ました。何というか、日常のなかで突飛なイベントが起こるわけでもないので、このくらいなら実際にありえそうかも…? というようなほど良さが良いです。ほかのヒロインも見てから、また振り返ってみたいところ。

 

●幼女戦記

数多ある異世界転生もののひとつ。本作の主人公(ターニャ)は、エリートコースを歩み安全な後方で安泰な暮らしを送りたい…… と思っているようですが、実戦で活躍できる本当に有能な人間なら、そりゃあ最前線に送られることでしょう(笑) 戦争をどんな風に描いていくのかにも注目。

 

●亜人ちゃんは語りたい

亜人ちゃんたちは、普通の人間とは少し(だいぶ)違うので、日常生活を送るのにもいろいろな悩みを抱えています。現実世界にはこの作品のような亜人ちゃんはいませんが、比較的近いのは、障害を持っている人ではないかと思う次第。ですので亜人ちゃんとの接し方は、障害のある人に対するそれと近いのでは? 逆もしかり。というのが本作の裏テーマではないかと思ってみたり…… そういう啓蒙的な作品なのかどうかはわかりませんが。

 

●チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜

いきなりクライマックス、そして敗走するところからスタート、という珍しい展開。世界に漂う圧倒的な絶望感が、イヤ〜な雰囲気を醸し出しています。ユーリも満身創痍であんなですし…… アラムが希望となるのでしょうか。

 

●エルドライブ

同級生の口が悪い少女は、宇宙警察の捜査員でした。「宇宙警察」という用語には、何かロマンを感じます(笑) 宙太は「声」に反応してしまうので、何かと苦労の多い人生を送ってきたようです。彼が自身と向き合い、自信を取り戻していくのが本筋でしょうか。深夜放送じゃなくてもいい感じです。そして今期の釘宮分はここで補給(笑)

 

●テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第2期

第1期を見ていましたので、その続きを。今度はロゼに関するストーリーから。アリーシャのほうも自国の軍から攻撃を受けるなど、大変な目に遭っていますが…… スレイの歩みを、じっくり見ていきたいところ。

 

●CHAOS;CHILD

『CHAOS;HEAD』は見ていましたが、だいぶ前なので詳しいところは忘れてしまいました。しかし、今回の凄惨な事件の数々も人間の認識ゃ思考を操るという技術が関係しているんですよね、確実に。

 

●この素晴らしい世界に祝福を!2

これも前シリーズを見ております。へっぽこパーティーのノリは健在。冒険は進展しないけれど、借金ばかりは増えていく…… という笑えない状態。見ているほうは笑わせてもらいます。

 

●グランブルーファンタジー ジ・アニメーション

先行放送で冒頭2話を見ました。本放送は4月からですが、王道のファンタジーを期待して、待っておこうと思います。釘宮さんは人間じゃない役が多いですね(笑)

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

人気blogランキングへ
| アニメ関連 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 15:19 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1714
トラックバック