CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< アルドノア・ゼロ EP18: 深い森を抜けて | main | アルドノア・ゼロ EP20: 名誉の対価 >>
アルドノア・ゼロ EP19: 楽園の瑕
アセイラム姫、ついに目を覚ます。地球との和平を望んでいたアセイラム姫が現在の状況を知ったら、お嘆きになるかもしれませんが、もはやスレインは後戻りすることはできません。

本物のアセイラム姫の意識が戻ったのは喜ばしいことですが、明らかになれば状況が複雑になるだけです。スレインはレムリナ姫にもその事実を隠し、アセイラム姫を自分のところに隔離しています。レムリナ姫に自分が用済みになったことを知らせるのは酷なので、現時点では一番良い方法なのかもしれませんが…… 自分のせいでアセイラム姫の容体が悪くなったのではないかと悩み、スレインにしがみつくレムリナ姫が哀れ(自業自得の部分もありますが)。スレインは完全に女を騙す悪い男になっております。

一方、これまで騎士たちがそれぞれ単独行動をとっていた火星側は、伊奈帆たちに各個撃破されてきましたが、権力を握ったスレインの下、ようやく協調して臨むようになったようです。優れた技術を持ちながら、帝国が苦難に直面し続けてきたのは、ちゃんとした指導者がいなかったせいでしょう。

今回スレインが語った言葉から、彼がやってきたことの意味を考えてみると、やはり根底にあるのはアセイラム姫を守りたいという一心なのでしょう。姫を守れるだけの力がなかったために、姫が命の危険にさらされることになってしまったので、権力を手中に収め、姫に反対する勢力を排除し、姫の身を守ろうというのが本来の意図するところだったのかもしれません。ただ、アセイラム姫がそれを望んでいるかというと、そういうわけではありません。特に地球との戦争については。スレインはそのあたりをどう考えているのか、姫様に否定されても姫様を守ることができればいいと、そこまで割り切っているのでしょうか。

スレインは反対派を粛清しようとしているようですが、疑念を口にしているマズゥールカ卿は引っかからず、うまく対抗することができるのでしょうか。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| アルドノア・ゼロ | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック