CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2014年のまとめ | main | 2014年12月終了アニメの感想 >>
【ラノベ】星降る夜は社畜を殴れ2(著:高橋祐一)
ブラック企業の社畜たちと闘うラノベということで、一部で話題になった(笑)本作、第2巻です。

今回はついに、ブラック企業・ワクワクフーズに労基署のガサ入れが。労働基準監督官も登場です。最近は『ダンダリン』もあり、週刊ダイヤモンドでも労基署特集が組まれるなど、ブラック企業が社会問題化する中で注目されている役所。本作では、監督官の人手不足にも言及。過労死防止法の制定や、労働安全衛生法の改正などの時事ネタも取り上げています。実用的な知識も盛り込んでいるのは本シリーズの特徴であります。

新キャラとしては、社長の娘、和久村ミウが登場。ミウも重要人物ではあるのですが、やはり興味深いのは「社畜」の二階堂や斉藤係長の言動です。理由もなく社畜になる者はいない、とはよく言ったもので、愚かしさの中に悲哀を感じずにはいられません。 また、ワクワクフーズ社長・和久村平助の発言にも注目。
「残業代をきちんと払え? そんなことをしたら、我が社はたちまち大幅赤字だ。働かせすぎ? 過労で倒れるのは、自己管理ができていない証拠だ。『苦しい』は、甘えだ。『つらい』は、嘘つきの言葉だ。社員が過労で倒れようが、我々には一切責任はない!」
世間一般の感覚からずれまくっている、見事にブラック企業の理念を体現したお手本のような発言ですが…… 最近どこかの社長から聞いたことがあるような言葉ばかりですね(笑)

アキトたちはついに社長を倒し、ワクワクフーズ社も次第に良い方向へ行くのではないかと思われますが、アキトやユイカは退社し、他のブラック企業と闘う道を選んだようです。かつての革命戦士たちも、このような闘い方をしていれば、まだよかったんじゃないかという気もしてきますが……

ブラック企業と、それを擁護し自ら奴隷となる社畜たち。本作ではそういった存在を戯画化し皮肉っていますが、誰もが幸福に暮らすために働くのであり、そのために健康を害したり命を落としたりすることがあってはならないし、そうならないような環境をつくるために労働者一人ひとりが努力しなければならないというメッセージがあります。今後の展開にも注目できそうです。

JUGEMテーマ:読書
人気blogランキングへ
| 読書感想文 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック