CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2014年第4四半期開始のアニメ | main | 2014年のまとめ >>
ホグウッド死去。バロックの名曲を聴く
評価:
George Frideric Handel,Christopher Hogwood,The Academy of Ancient Music,Choir of Christ Church Cathedral,Emma Kirkby,Judith Nelson,Carolyn Watkinson,Paul Elliott,David Thomas
Decca

今年は本当に多くの巨匠が亡くなっている気がしますが…… 今度は、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックを率い、ブリュッヘンと同じく古楽界を牽引してきたクリストファー・ホグウッド氏が亡くなりました。

ホグウッドの演奏を初めて聴いたのは、バッハのコーヒー・カンタータ&農民カンタータのCDだったと思います。当時はモダン楽器・ピリオド楽器の違いもよくわかっておらず、バッハの世俗カンタータを聴いてみようと入手したのですが、なんだか線の細い演奏だなあというような感想を持った覚えがあります。

今回改めて買ったまま聴いていなかった手元のCDを見てみると、ピリオド楽器によるヴィヴァルディの協奏曲集を聴きたいと思って入手したセットがホグウッド指揮でした。作品3『調和の霊感』、作品4『ラ・ストラヴァガンツァ』、作品8『和声と創意の試み』(『四季』含む)、作品9『ラ・チェトラ』を収録した6枚組です。近年はかなり刺激的でアグレッシブな演奏も増えているヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲ですが、ここではそのようなとんがったアプローチではなく、正攻法。安心して聴けるセットとなっています。

声楽曲も聴きたいと思い入手したのは、ペルゴレージの『スターバト・マーテル』とヘンデルのオラトリオ『メサイア』です。ペルゴレージは『サルヴェ・レジナ』とのカップリングですが、こちらはホグウッド指揮ではない模様。『メサイア』では、合唱団にボーイソプラノとカウンターテナーを起用し、男声のみによる演奏を聴けるのにも注目。どちらもスタンダードな名演といえます。

ホグウッドの演奏は、奇をてらったようなところはなく、いずれも非常に端正な演奏という印象を受けます。古楽による過激な(笑)演奏も刺激的ですが、このようにスタンダードな名演を聴かせてくれる巨匠がいなくなってしまったのは残念です。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 23:05 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:05 | - | - | pookmark |
コメント
どうも、はじめまして。
アニメもクラシック音楽もお好きな方のブログはかなり稀なので、こちらを見つけられて嬉しいです♪

最近では、アニメ好きとしてのクラシック音楽論、クラシック愛好家としてのアニメ感想が多いようで、とても興味深く拝読しております。
そして、音楽オンリーの記事は、こちらが最後でしょうか?

私も去年の相次ぐ訃報には、この上ない淋しさを感じて生きておりました。
アバド、アルブレヒト、マゼール、ブリュッヘン、シップウェイ、そしてホグウッド。
若い印象のあった指揮者ばかりだったので、正直、いまだに現実感が湧いておりません。

ことに、ホグウッドの死は残念で残念で……。
バロック以外にも、クラヴィコードだけでモーツァルトの鍵盤作品を演奏したアルバムとか、新古典主義の美しさを新鮮な視点で追及するシリーズだとか……
数々の好企画で音楽ファンを楽しませてくれていた人なので。

この人の演奏は、古楽でありながら、生き生きとした温もりがあって情緒的ですよね。そこが大好きでした。
ヴィヴァルディにギターを入れたり、モーツァルトに通奏低音としてのピアノを入れたり……
珍しいことも結構しているのに、それらもすべて、曲の情緒を演出するために響いているような。

今も、『コンチェルタンテ』という、ハイドン、モーツァルト、マルティヌー(!)を組み合わせたアルバムを聴いているところです。
こういう企画ができる人、他にあまり居ませんからね。残念です。

あ、長々と失礼いたしました!
ではまた〜。
| 烏中零子 | 2015/05/09 9:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1675
トラックバック