CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※未明の深夜番組は日付変更前の曜日
★配信

全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ブルックナー:交響曲第7・8番(マゼール&ベルリン・フィル) | main | The Ring Without Words (マゼール&ベルリン・フィル) >>
チャイコフスキー:交響曲第4〜6番(マゼール指揮)
評価:
マゼール(ロリン),チャイコフスキー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック

評価:
マゼール(ロリン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック

先日亡くなったロリン・マゼールによる、チャイコフスキーの交響曲の演奏です。マゼールが亡くなる前に入手していましたが、この機会に聴いてみました。

2枚組シリーズものの "DECCA CLASSIC BEST 50" では、マゼールとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるチャイコフスキーの交響曲全集が聴けます。そのうち後半の第4〜6番が収録されたCDを入手。1963, 64年の録音です。チャイコフスキーをやるのにロマンティシズムは必要ない! と言わんばかりに、いずれの曲も金管や打楽器を派手に鳴らして、鋭い音楽づくりをしているようです。チャイコフスキーの交響曲を聴くと、特に第5番や第6番《悲愴》ではえもいわれぬ狂気を感じるのですが、そうした側面がよく表れていると思います。

マゼールによる録音では、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による1960年の交響曲第4番もあります。こちらは「BPO×DG 世紀の名盤100」シリーズで入手。後年のウィーン・フィルの演奏よりもタイムは速め。こちらも悪い演奏ではないと思いますが、なにぶん録音が古いせいか、音質があまりよくないように思えました。

また、NHKのBSプレミアムで、マゼール&NHK交響楽団によるチャイコフスキー:交響曲第4番の演奏が放送されていたのも見ました。そちらはあまり急がず、突っ込んだ感じはしませんでしたが、なかなか含蓄のある演奏で、すでに高齢ながら終演後の大喝采に飄々と応じるマゼールの姿が印象的でした。

チャイコフスキーの交響曲でウィーン・フィルによる演奏と言えば、やはり思い浮かぶのはカラヤン晩年の演奏です。このカラヤンとムラヴィンスキーあたりがチャイコフスキー交響曲の「定盤」と言われていますが、音楽づくりはだいぶ異なっていて、それぞれ良さがあります。改めて芸風の違いというものを感じます。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1658
トラックバック