CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※未明の深夜番組は日付変更前の曜日
★配信

全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる8 | main | アルドノア・ゼロ 第4話(クレーンについて) >>
指揮者のロリン・マゼール氏死去
グスタフ・マーラー,ロリン・マーゼル
Imports

指揮者のロリン・マゼール氏が死去しました。今年の初めにはクラウディオ・アバド氏も亡くなっており、「巨匠」と呼べ指揮者の方々がどんどんいなくなってしまう感じがしています。

アバドがスタンダードで端正な名演を繰り出していたのと比べると、マゼールは結構クセのある演奏で聴かせていた印象があります。マゼール指揮による演奏のCDはいくつも持っていますが、思い出深いものが2つあります。

1つは、ソニー・ミュージックのレーベルから出ているマーラーの交響曲第2番「復活」です。わたしがクラシック音楽に興味を持っていろいろ聴くようになったときに、「復活」を初めて聴いたのはこのCDでした。レンタルCD店に置いてあったのがこのCDで、借りてカセットテープにダビングし、よく聴いていました。マーラーの交響曲自体、この演奏で初めて聴きました。マゼールはウィーン・フィルを指揮してマーラーの交響曲全集を完成させており、BOXセットで最近入手しました。当時のことを思い出しながら聴くと、感慨深いものがあります。(マーラー交響曲全集のレビューはこちら

もう1つは、旧フィリップス・レーベルから出ていたバッハのロ短調ミサです。この曲を気に入って多くの演奏を聴いていますが、やはりこれもマゼールのCDで聴いたのが初めてでした。まあ、特に深く考えず、CD店で安く売っていたのを入手しただけなのですが…… 今考えると、マゼールの演奏は初めて聴くには不向きだったと思います。ところどころに驚かされるような強調や溜めがあって、標準的な演奏とは言い難いので…… 効果的ではあるのですが。ともかく、個人的には「ロ短調ミサ」への入り口を開いてくれた演奏として思い出深いものです。

マゼールによるバッハとしては、ロ短調ミサのほかに管弦楽組曲とブランデンブルク協奏曲を全曲録音しており、タワーレコードの企画盤として出ているものを入手できます。興味を持って聴いてみましたが、わりと引き締まったテンポ、スリリングな展開、おっと思わせる強弱など、演奏効果を踏まえていてなかなか興味深いものです。モダン楽器による演奏の中では聴きやすく好み。

最近、マゼール指揮フィルハーモニア管によるマーラーの交響曲が発売されていますが、これは完成しているのでしょうか…… 気になりますが、こちらも聴いてみたいところ。指揮者が亡くなるたびにいろいろ聴いてみるのですが、本当は御存命中に生演奏を聴いておくべきですね。マゼールの演奏も、ついに聴かずじまいでした。今となっては悔やまれます。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1654
トラックバック