CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2014年7月開始アニメについて | main | 指揮者のロリン・マゼール氏死去 >>
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる8
GA文庫『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』8巻が出ました。

今回は、まさかのハーレムルートはありか? を考える話でした。しかも、極めてマジメに。千和とのことを知った愛衣も、フェイクを解消した真涼も、鋭太が千和と付き合うのなら、やむを得ないということであきらめられるけれども、そうでなければ難しい、ということでは同じなのだと思います。しかし鋭太自身は恋愛アンチであり、千和のことも恋人として見ることはできないので、恋人として付き合うのは無理。それ以外に彼女たちを救うには…… みんなが妥協してハーレムを作り上げるしかない! という解決策(?)です。

今回、ついに真涼のもにょもにょ奇行が鋭太にバレる!(笑) 「生まれ変わった」愛衣の決意を聞き、母親とも決着をつけ、医者になるという希望に疑問符が付き、そして真涼にも失望した鋭太は…… ハーレムを作り上げることを決意! しかし、とてもうまくいきそうには思えないんですが…… 本文中でもネックとしていくつかの点が挙げられていますが、千和がこれを認めるか、そして鋭太にそれだけの器量があるか、が問題です。鋭太はストレスで血を吐いて死ぬか、刺されて血を吐いて死ぬんではないか(笑)

興味深いのは、ハーレムを提唱し、鋭太や愛衣に吹き込んだのが遊井カオル/カオリであるということです。この状況は、カオル/カオリが仕組んだ通りになっているのではないかと…… 恐ろしい子! みずからも状況に加わるつもりなんでしょうか。

しかし、鋭太は自分自身のためではなく、女の子たちを救うために恋愛をすることになるとは…… あんたはどこの落とし神ですか(笑) 今回、「落とし神」を思い起こさせる場面がいくつかあったのですが、このハーレム構築を決意するシーンのほか、「恋愛はクソゲー」と母親を指弾するシーンも。まあ、「落とし神」桂木桂馬が言っていた「リアルはクソゲー」とは大きな違いがありますが。鋭太は、女の子たちを救えたとしても、自分自身の救いはどこにあるというのでしょうか。桂馬も結局最後には1人を選んだのですが、鋭太にもそういう時は来るのでしょうか? 「最後に誰を選ぶのか?」が普通のラブコメのテーマなのですが、現在鋭太はこの点を放棄している状況にあります。今後、ハーレムというラブコメにあるまじき(?)展開から、本来のラブコメテーマに戻るときはくるのでしょうか?

鋭太の母によれば、鋭太はちゃんと人を愛することができるということなのですが…… 恋愛アンチの鋭太が言うことも分からなくはないですが、恋愛というのは、もっと楽しいもので、希望を与えられるようなものではないのか、とも言いたくなります。鋭太が恋愛アンチの閉塞(?)から「救われる」のか、という点が、今後のテーマのひとつになりそうな気もします。

もうひとつ気になるのは、真涼が抱えている問題は、「恋人」になるだけでは解決できないということです。他の人たちは、それなりに将来どうしたいか、何になりたいか、という希望を持っているのですが、真涼だけはこの点を問われたとしても答えられないでしょう。今回、真涼の母親に関する問題には、ひとつ区切りはついたのですが、夏川家の一員として生きていく限り、真涼自身の意思とは無関係に人生や結婚相手が決まっていくことはわかっているわけです。これを何とかすることはできるのでしょうか。というわけで、驚くべき展開に突入した8巻でした。鋭太の今後が心配……

さて、8巻にはドラマCD付き限定特装版もあります。ドラマCDの方は3話を収録。特に真涼のジョジョネタと、愛衣の突き抜けっぷりが冴えている(笑) アニメのキャストによる生き生きとしたお話が楽しめます。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック