CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ダンダリン 労働基準監督官 第9話 | main | ダンダリン 労働基準監督官 第11話(最終回) >>
ダンダリン 労働基準監督官 第10話
今回は、労働問題そのものよりも、段田凛をめぐる陰謀が動いていく話でした。

IT企業「アプリドリーム」の従業員・小西から、残業代の未払いがあるとの相談を受け、凛と南三条は会社の記録を調べたものの、出退勤記録はICカードによるシステムでしっかり行われている様子。なかなかしっかりしています。ただ、電子的な記録は、タイムカード打刻などのアナログな記録に比べて、改ざんもしやすい…… ということで、小西本人には知らせず、夜間の張り込みをすることに。

張り込み中、凛が胡桃沢社労士に呼び出されている間に、南三条は大変なことになっていました。うその申告で逮捕…… 無実だとしても、送検されれば社会的な影響は避けられないので、署の面々は不安。今回の件を仕組んだ1人の胡桃沢は、凛に「死んでください」と言いますが…… 大人になって、面と向かって「死ね」と言われることなんて、そうそうないですよね。

今回の件は、以前凛が逮捕した御子柴社長、今はアプリドリームの飯野社長(柄本明)が、復讐のために仕組んだことでした。胡桃沢も、巻き込まれた1人ということらしい……(胡桃沢も小物っぽい感じです)。このまま凛が監督官を続ければ、無関係の人が巻き込まれるので、監督官を辞めよ、というのが飯野の狙いでした。

賃金不払いは労働基準法違反の犯罪なので、逮捕されても文句は言えませんし、完全に逆恨みなのですが…… むしろ凛にとっての問題は、自殺してしまったという岸本社労士のことでしょうか。凛は監督官を辞めてしまうのか? 南三条の身柄はどうなる? というところで次回へ。

監督官が、以前摘発した人間に恨まれて、陥れられる…… という展開は、小説「ディーセント・ワーク・ガーディアン」でも見ました。ダンダリンの方ではどう決着するのか注目です。胡桃沢は、ダメそうですが…(笑)

JUGEMテーマ:エンターテイメント
人気blogランキングへ
| ダンダリン | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック