CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< マーラー:交響曲第5番(インバル&都響、ワンポイント) | main | ダンダリン 労働基準監督官 第9話 >>
ダンダリン 労働基準監督官 第8話
今回は昨今話題になってるブラック企業の話。「研修」と過重労働についてです。

その前にまずは、前回労災事故を隠そうとしていた竹光製作所について。あの社長は相変わらずで、被覆が破れた配線をそのままにしていたようです。凛は「労働安全衛生法第20条違反で送検します!」とのこと。

●労働安全衛生法
(事業者の講ずべき措置等)
第20条 事業者は、次の危険を防止するため必要な措置を講じなければならない。
 機械、器具その他の設備(以下「機械等」という。)による危険
 爆発性の物、発火性の物、引火性の物等による危険
 電気、熱その他のエネルギーによる危険
●労働安全衛生規則
(配線等の絶縁被覆)
第336条 事業者は、労働者が作業中又は通行の際に接触し、又は接触するおそれのある配線で、絶縁被覆を有するもの(第36条第4号の業務において電気取扱者のみが接触し、又は接触するおそれがあるものを除く。)又は移動電線については、絶縁被覆が損傷し、又は老化していることにより、感電の危険が生ずることを防止する措置を講じなければならない。
(※前回挙げた条文ではなくこちらが適切でした。)
 
社長も少しは懲りて考えを改めればいいんですが。

さて、南三条は挫折して引きこもってしまい、温田も「ダンダストレス」に参っていますが、南三条の同級生が「ブラック企業」による過重労働でピンチです。ファミレスチェーンの「アディオス」を展開しているこの会社、ことあるごとに社員に「研修」を課し、実質は強制なのに自由参加だとして、賃金を払っていないとのこと。ただ、問題はお金というよりも、研修時間を労働時間としてカウントしていないために、長時間過重労働となっているところにありそうです。きつい仕事、やたらと高い離職率、ワンマン社長による精神主義…… と、典型的なブラック企業のパターンが揃っています。

社長の七富(升毅)は研修の強制を認めず、記録上も事実をつかむのは難しいらしい…… ということで、凛たちが協力を求めたのは、島根(石井正則)ら店長たちでした。署の面々は店長会議に乗り込んでいくという大胆な手に出ます。そこで店長たちは、自分たちの「自由参加の研修」を盾に、研修が強制であることを認めるよう社長に迫ったのでした。

過労で倒れてしまった同級生に、「いやなら辞めればいい」と言った南三条でしたが、凛によれば、不当な条件で働かされているとき、「我慢する」「辞める」のほかに、3つ目の選択肢があるという。それは、「自分たちの力で会社を改善させる」ということでした。ここで凛が言及したのが、労働基準法の第1条。法律の第1条というと、法の目的や理念が書いてあることが多く、実務ではあまり見ないものですが、基本的な考え方として押さえておく必要があるでしょう。
 
(労働条件の原則)
第1条 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。
○2 この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。

今回は店長たちが戦ってくれたおかげで、会社は改善されそうですが、店長たちがいい人でよかった(名ばかり管理職の問題はないのか心配ですが……)。店長たちのとった手段が、労働組合によるストに近い感じがするのも興味深いところです。

とはいえ、凛も常に労働者がたたかうべきと言っているわけではありません。第1話では、
「会社にしがみつくより、命にしがみついた方がいいと思います」
と言っていましたからね。

署の面々による励ましや相葉社労士の助言(?)などもあって、何とか南三条も立ち直ることができたようです。労働基準監督官だからといって、なにも段田凛のやり方だけをまねする必要はないのです。彼がどういう道を進んでいくのか興味深いところです。土手山も課長として部下のことを気遣っているのがわかります。次回はその土手山課長がピンチでしょうか…?

JUGEMテーマ:エンターテイメント
人気blogランキングへ
| ダンダリン | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック