CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< シュタルケルによるチェロの演奏 | main | ショルティ指揮によるロマン派の交響曲 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
ミンコフスキ指揮、J.S.バッハの演奏
評価:
Johann Sebastian Bach,Marc Minkowski,Les Musiciens du Louvre,Lucy Crowe,Joanne Lunn,Julia Lezhneva,Nathalie Stutzmann,Terry Wey,Blandine Staskiewicz,Colin Baltzer
Naive

オリジナル楽器派の指揮者として勢いのある、マルク・ミンコフスキ。以前聴いたヘンデルの曲では、速めのテンポを取りながらセンスのある快演を聴かせてくれました。ミンコフスキは、ヘンデルや古典派以降の曲ではいろいろ録音をしているようですが、バッハはあまりありません。いま入手できるのは、このくらいではないでしょうか。

まず、ミサ曲ロ短調。ル・ミュジシャン・ドゥ・ルーヴル(ルーヴル宮音楽隊)による演奏です。声楽パートはソリスト10人で担当しており、曲によって編成を変えています。最近流行りのOVPP(1パート1人)に近い形です。聴いた感想は、アレグロの曲がかなり速い。Cum Sancto Spirituはじめ、速いテンポの曲は、これまでに聴いた中で一番速いのではないかと思います。それについていき、破たんしないオケやソリストは見事。小編成だからこそできるワザかもしれません。

もうひとつ、こちらはDVDですが、バッハの曲に振付をし、バレエとして上演したもの。チューリヒ歌劇場「ラ・シンティラ」オーケストラの演奏で、バレエの振付はハインツ・シュペルリ。採用されているバッハの曲は、無伴奏フルートのためのパルティータ、ブランデンブルク協奏曲第3番(全曲)、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番(全曲)、カンタータBWV 5, BWV 82, マニフィカト(全曲)です。

特に良いと思ったのは、ブランデンブルク協奏曲の演奏です。速めのテンポで躍動感があり、まさにバレエにふさわしいような演奏。バッハはオペラやバレエ音楽は残していませんし、ブランデンブルク協奏曲も絶対音楽であり、何かを表したものではないとは思うのですが、こうしてバレエとともに聴くのもおもしろく、アリかなと思いました。マニフィカトは、ロ短調ミサと同じく、声楽はソリスト10人。これも速めのテンポでキレのある演奏です。

これを聴いて、ミンコフスキがブランデンブルク協奏曲など、バッハの管弦楽曲を録音してくれないかな〜という期待が高まりました。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| J.S.バッハの音楽 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック