CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ワルター指揮、マーラーの交響曲(その2) | main | ベルリオーズ:レクイエム 他(コリン・デイヴィス指揮) >>
ベートーヴェン:交響曲全集(トスカニーニ指揮)
評価:
Ludwig van Beethoven,Arturo Toscanini,NBC Symphony Orchestra
RCA

アルトゥーロ・トスカニーニは、19世紀生まれの巨匠指揮者。トスカニーニの「芸風」を知りたくて、ベートーヴェンの交響曲の演奏を聴いてみました。

RCAレーベルから出ているNBC交響楽団による全集。1949〜1952年モノラル録音です。聴いてみての印象は…… 同時代のフルトヴェングラーや、クレンペラーらの巨匠指揮者とは、かなり異なるアプローチをしているようです。速めのテンポで勢いよく突き進む推進力はすごい。ピリオド・アプローチが全盛となるずっと前にこのような演奏がされていたとは、驚きです。

どの曲も名演だと思いますが、印象に残った点をいくつか。第3番「英雄」(1953年)でのテンポは、やはりベートーヴェンのみなぎる力を表すにはこのくらいがちょうど良い気がします。フルトヴェングラーの演奏も名演ですが、この曲には勢いも欲しいところ。第6番「田園」(1952年)は、最終楽章の一番最後、こういう終わり方はほかにはあまり聴いたことがないです。第7番(1951年)の熱狂ぶりも良いです。第9番(1952年)も、速めのテンポで進んでいきますが、最後はフルトヴェングラーのようにハチャメチャな感じにはなりません。

トスカニーニは繰り返しを省くなどしているので、「楽譜に忠実」「作曲家の意図の通り」という昨今のピリオド・アプローチによる演奏が目指していることとは、微妙に違うのかもしれませんが、このようなエキサイティングな演奏が半世紀前に行われていたというのは興味深く、聴いてよかったと思います。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| ベートーヴェンの音楽 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 16:48 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1576
トラックバック