CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ドラマCD 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | main | クライバーンによるピアノ曲の演奏 >>
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第13話「新しい世界への修羅場」
真涼はかなりのひねくれ者だと感じながら見てきましたが、今回の話で、鋭太もなかなかのものだと思いました。互いに「嫌い」「憎んでいる」と言う一方で、「好き」「愛してる」と言うふたり。これはいったいどう理解したらいいのでしょうか? 恋愛アンチの2人による結論。

真涼の姿が見えないまま「俺デレ」コンテストは始まり、千和のアピール。姫香も「好き」の10連発で攻めます。みんなそれぞれ思いの丈を述べたんでしょうが、愛衣の説教アピールを聞けなかったのは残念。

さて、真涼の登場です。真涼は彼氏にふられたので、参加の資格がないと言います。そんな真涼にかみついて、好きだから、彼女でいろよと言う鋭太。真涼は自分がわからないと言いますが、鋭太はキス。……2人はお互い、本心をそのまま口に出しているわけではないと思うので、このあたりは一見しただけではかなりわかりにくい感じがしました。

鋭太は、「嘘つきといっしょにいられるのは共犯者だけ」という真那の話をきいて、偽物だろうが何だろうが、今の彼氏彼女の関係を続けることが、互いにとって(いや真涼にとって、かな?)、最善であると考えたはずです。真涼にとっては、偽彼氏を演じることができるのは鋭太だけなので、今の関係をやめてしまったら、またひとりぼっちになってしまいます。フェイクの関係ができて、部活という居場所もできて、ライバルではあるけれども友人もできたわけです。鋭太は真涼のことを「助けなければならない」と考えたこともありましたが(駅前の一件のとき)、自分からそれらを捨ててしまおうとする真涼を放っておくことはできず、また憤りも感じていたのではないでしょうか。だから、彼氏彼女の関係を続けるため、端的な言葉として「好きだ」と真涼に言ったのだと思います。

つまり、鋭太が一般的な意味で本当に真涼のことを「好き」だと思っているのかどうかは、よくわかりません。おそらく鋭太自身は、自覚的にそんな風には思っていないのではないでしょうか。今まで出てきた言葉でいえば、「悪くない」というのがせいぜいでは。基本、恋愛アンチですからね、鋭太は。

では真涼の方はどうでしょうか。初めて鋭太に出会ったころから、鋭太のことをどんな風に思っていたのか、初めて語られます。いわく、憎んでいたと。気に入らないので、ノートの秘密を手に入れたときはうれしかったが、同時に自分の醜いところを知られてしまうのが悲しかったと。でも本当の自分を知った後の方が、鋭太は優しかった。もはや自分がわからないと。そして涙します。

憎しみも愛も、相手に強い執着をもつところから始まるという意味では、似たものなのかもしれません。「好き」と「嫌い」は変換可能、と言った落とし神もいましたが…… ともかく真涼は最初から、鋭太に強い関心を抱いていたわけです。同時に鋭太や他の3人に対する劣等感を抱いていたのかもしれません。自分はなんと小さいのか、所詮偽物でしかない、偽物は本物にはかなわない、と。だから鋭太を千和に返す、というようなことを言ったのではないかと。……恋愛アンチを自称しながら、一番気にしているのは、実は真涼自身なのでは。

だから、鋭太が「最悪だ、だから好きだ」と言ってくれて、だいぶ楽になったのではないかと思います。しかし、それが必ずしも鋭太の本心ではないということも知っていました。ちゃんと翌朝、「私をだました」と、優しく非難しています。鋭太もやっぱり真涼のことは「嫌いだ」と言っていますし。真涼は「好きだ」と言われたのが本心でないとしても、自分のことを気遣ってくれたことについては、鋭太に感謝しているし、好感も持っていると思います。それでもにょもにょしたりしているわけです(笑)

そんなわけで、「相手のことが好きだろうが嫌いだろうが関係ない、嘘つきと共犯者はいっしょにいるしかない、それが最善だ、だから恋人でいるのだ」というのが、このひねくれ者の2人の結論です。2人とも今はそれでいいと思っているようですし。もっとも、鋭太と真涼が相手に対して抱いている気持ちは、微妙に違うような気もしますが……

さて、真相はどうあれ、キスを見せつけられた3人はさすがにへこんだようです。冴子さんからの助言で、真涼以外から嫌われることにした鋭太でしたが…… まず姫香。バーニング・ファイティング・ファイターは、実は村人Aであった。姫香はそんな展開も良いと言うので、これは失敗。鋭太、浜辺での姫香の告白をちゃんと聞いていたんでしょうか? 姫香は「鋭太」と仲良くしたいんです。姫香は「設定」と言ってみたり…… そのへんのことはちゃんとわかっている娘だと思いますよ。

続いて愛衣。幼稚園時代の婚姻届の紙の端で指を切ってしまい、そのまま血判を押したかたちに。愛衣ちゃん大勝利! これも失敗でした…… って、そんなんでいいんでしょうか、愛衣。愛衣は思い出に生きていて、昔の「たっくん」に対する思い入れが強すぎるのではないでしょうか。もっと今の鋭太を見てあげないと、大勝利は難しいですよ!(笑)

そして千和。キスを見せつけられて、どうやら千和の心にも火が付いた模様。いつも言っていた言葉だし、今までも態度からまるわかりでしたけど…… 「えーくん愛してる」と。千和がちゃんと告白したのはこれが初めてですね。幼なじみという立場に甘んじて意地を張るのはやめたようです。

というわけで、やはりヒロインでは千和と真涼の2人がメインとなります。鋭太は今回のことで改めて千和の気持ちを認識したでしょうし…… 今までは単なる幼なじみとしか見ていませんでしたからね(無意識にそれ以上のことを避けていた可能性もありますが)。真涼との関係が「偽物」である以上、まだまだ勝ち目はあります。鋭太は修羅場ルート突入確実。俺たちの修羅場は、これからだ!(笑) エンディングは…… こんなシーンなかったでしょうが(笑)

全体を振り返ると、なかなか楽しく見ることができました。特になかなか本心を表さない真涼がどんなことを考えているのか、あれこれ想像すると楽しめました。今期はこの作品が一番良かった気がします。キャスティングについては、どうしても田村ゆかりさんの存在感がありすぎて、「田村ゆかりとそれ以外」という感じになってしまいますが、これは仕方ない面もあります。真涼という曲者のキャラにはうまくはまっていました。修羅場の続きにも期待。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
人気blogランキングへ
| 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:38 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック