CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第11話「合宿前夜のワクワクは修羅場」 | main | 星界の戦旗后Ы斌燭猟瓦戞蔽:森岡浩之) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第12話「謀略の結末は修羅場」
自演乙部は、もはや女性陣4人が互いに牽制し合うだけでなく、純粋にレクリエーションを楽しむ場に、そして真涼にとってもなくてはならない場になりつつあります。

海へ向かう5人が乗り込んだのは、特急列車でしょうか。最近のJR東日本の雰囲気を醸し出している車内です。内装は普通列車のE231, 233系のグリーン車っぽくて、座席の上にSuicaリーダーがあります。自由席グリーン車の場合ここにSuicaグリーン券をタッチするのですが、真涼はあえて鋭太の隣の席を指定していたようなので、指定席車両なのでしょう。まあ、このような車両は実在しないということで…… 行先は伊豆か房総あたりでしょうか?

鋭太と真涼はわざとらしい演技をするので、ほかの3人はますます疑念を深めつつも、目的地に到着。海に来るのは初めてという姫香を含め、みんな楽しんでおります…… 泳げない上に意図せぬ注目を集めてしまう真涼はそうでもないですが。スイカ割りでは頭突きで割るという無茶を命じられた鋭太でしたが、実際は別のスイカを揉むハメに…… それにしても姫香は思った以上にスゴイ感じになっています。別のソースでは、夏>秋>冬>春 となっていたのですが…… 一見真涼以上にありそうにも見える姫香でした。ショッピングのときはウェディングドレスで水着はお預けとなっていた愛衣でしたが、鋭太のアドバイス通り赤い水着を着てくれました。

愛衣は真涼と鋭太の関係についてかなり核心に迫っており、真涼に対して「もしそうなら許せない」と告げますが、真涼は玉ねぎをむきすぎて(分解?)、はぐらかします。愛衣はだいぶ真実に近いところを言い当てていますが、ひとつ違っていることを挙げるとすれば…… 真涼が付き合う相手は「誰でもよかった」わけではないということです。

もはやフェイクを貫くのも風前の灯。状況を危惧した真涼は、他の面子の前で烈風斬(…キス)をして見せつけてやろうと考えますが…… 鋭太にとっては、やってもやらなくても修羅場は避けられないのでした。さすがの真涼も鋭太に選択権を与えます。そしていよいよかという時…… 春、秋、冬の3人から、おそろいの「乙」ストラップのプレゼント。3人は彼女たちなりに部のことを考えて、こうしたグッズを用意していたのでした。真涼も素直に礼を言います。

このあとの言葉で、真涼は本心を鋭太に言っているのだと思います。あの3人は、ライバルに対してもこういうことができる人間なのだと、そしてそれに比べて自分は何と狭量なのかと。3人は、真涼が鋭太の彼女であることは認めないけれど、友人としては認めているのです。そのことに真涼は気が付いたでしょうか? 真涼は中二病ノートの最終ページ(医者になって千和の体をなおすという鋭太の決意が書かれている)を示して、合宿が終わったら鋭太を解放すると告げました。

翌朝真涼は部屋から出てきませんでした。鋭太は真涼の妹・真那とバッタリ。真那は一応姉の身を案じているようです。やはりただ仲が悪いだけではないようです、この姉妹。境遇については大人の都合なのかもしれませんが…… 真涼が恋愛アンチになった理由も含めて、まだ明確には示されていません。鋭太が状況を話すと、真那も以前の真涼のようすを話してくれました。大人の道具にされて役割を演じ続けた結果、自分がわからなくなり、おかしくなってしまった…… と。鋭太が真那に話した情報は、どの程度までなのかというと…… 真那は姉のことを「好きになってくれてありがとう」と鋭太に言っているので、フェイクのことは当然ながら話していないのでしょう。「彼氏彼女の関係を疑われるのでキスして見せつけてやろうとしたら、逆にプレゼントをもらってしまい、自分の小ささに落ち込んでしまった」というぐらいでしょうか。

真涼は中二病ノートで鋭太を繋ぎ止めるのはあきらめ、解放することにしたようですが、自演乙部のほうはどうするつもりなのでしょう。部の面々は、鋭太を巡ってはライバルであり、その点では決して相容れない連中なのですが、それだけではないことは、もう真涼もわかっているはずです。真涼にとっても、貴重な友人たちなのですから。それでも部を解散し、自分はまた一人ぼっちに戻って、鋭太は千和あたりに「返す」つもりなのでしょうか。それをやりかねないのが真涼ですが…… 

フェイクとは言うものの、真涼の「彼氏」は決して「誰でもよかった」わけではありません。真涼いわく、恋愛アンチかつ裏切れない人ということで、中二病ノートをネタに従わせることができる相手として鋭太を選んだ、ということらしいですが、それだけではないはずです。真涼は例の中二病ノートを最後まで読んで、相手の人となりを知った上で、鋭太を選んでいるのですから。鋭太のほうも、真涼に振り回されつつ、そんな日々も「悪くなかった」と言っています。この2人はどんな結論を出すんでしょうか。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
人気blogランキングへ
| 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1568
トラックバック