CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 1 (Blu-ray) | main | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第11話「合宿前夜のワクワクは修羅場」 >>
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H
『俺修羅』はメディアミックスに相当力を入れているのか、スピンオフも含めていろいろな商品が売り出されています。というわけで、まずはスピンオフから攻めてみることにしました。本編の敷居が高く感じるときは、こうするのが良いのではないかと。

スピンオフ作品のひとつ、『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H』(画:稲瀬信也)は、本編で言うと、姫香や愛衣が登場する前のあたりに位置するお話。

この話の重要人物は、言うまでもなくこの話にのみ登場するキャラ「美空美晴」です。鋭太のことを「お兄ちゃん」と呼んで近づいてくるのですが、実際のところはある目的のために行動しており、なかなか強烈です。しかし、それ以上にこのお話は、真涼や千和の行動や考え方について知るには良いのではないかと思いました。

以下、ネタバレ。

美晴が鋭太に近づいたのは、真涼に対する復讐のためでした。自分のしたことに対する報いとはいえ、真涼はかなり打ちのめされています。あの真涼をここまで追い詰めるとは…… 美晴、なかなか強烈です。

このお話では、鋭太に近づく美晴…… という状況を通して、真涼や千和の反応がかなり描かれているので、その点が興味深いです。特に真涼は、鋭太とのキスについてあれこれ考えたり、鋭太におっぱいを触らせたり(!)と、いろいろやってくれます。鋭太と美晴とのキスを見て落ち込んだり、自分のせいで鋭太に迷惑をかけてしまうと焦ったり…… 真涼が鋭太についてどんなふうに思っているのか、その一端をうかがえます。千和とふたりで話すシーンが多いのも特徴。あの名セリフ(?)「ゆがんでんじゃない」も登場。

ヒロインズだけでなく、最後は鋭太がちゃんと活躍してくれたので満足です。真涼もマチ付き封筒にぎっしりの「お断りの手紙」を渡すという大盤振る舞い。これ、真涼が恋愛アンチになるに至った理由が書かれているとしたら、かなり貴重な文書なのでは…… そういうわけで、美晴の策に注目するだけでなく、真涼や千和(特に真涼)の行動や考え方について理解を深めるには良い作品だと思いました。

絵柄について。1巻の巻頭カラーはかなり良いです。そのあとはかなり変化が見られ…… 2巻の最後の方ではだいぶ個性的な感じになっています。これは作風の変化なのか、それとも原作るろお氏の絵柄に似せるのをやめたということなんでしょうか…?

スピンオフではありますが、本編ともつながっており、お勧めできるストーリーです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
人気blogランキングへ
| 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | 00:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:27 | - | - | pookmark |
コメント
とても詳しくてわかりやすいです。
読んだことがないのですが読んでみたくなりました。
| starfield | 2013/03/11 7:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1566
トラックバック