CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第6話「灰色の世界を切り裂く修羅場」 | main | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第8話「映画館Wデートで修羅場」 >>
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第7話「夏期講習なのに修羅場」
残るヒロイン・冬海愛衣が本格的に登場。風紀委員なので他の個性が強い面々よりも幾分まともかと思いきや…… そうでもありませんでした(笑)

愛衣は自演乙部を閉鎖に追い込んだものの、真涼や千和に迫られ、彼氏自慢であることないことでっちあげることに(なぜそんなウソを……)。鋭太と夏期講習で同じクラスにと知り「大勝利!」と叫んだり、弁当を褒められお外を爆走したり…… と、なかなかの暴走ぶりを発揮しています。鋭太に対してはなかなか素直になれないようですが、これはツンデレというより…… バカ(笑)。最後は鋭太にも彼氏がいるんだろうと(悪気はないんだろうけども)追いつめられ、ぶち上げた彼氏自慢を補強する羽目に。

今回は愛衣のハイテンションぶりも見られましたが、いい味を出していたのは、姫香です。鋭太に裸で迫ったり、簀巻きでゴロゴロしたりするのもさることながら、愛衣を「ラブマスター」と讃えながら追い込んでいくところは良かった(笑)

愛衣はかなりわかりやすいキャラクターで、考えていることがストレートに行動に表されているため、「本心ではどんなことを考えているんだろう?」などと想像する必要はありません。その点は真涼とは対照的です。視聴者がいろいろ想像する楽しみという点では、興味深いのは真涼のほうでしょうか。

さて、出そろったヒロインの印象をそれぞれ一言で表すと……
・夏川真涼……ひねくれ者。
・春咲千和……小動物。
・秋篠姫香……中二病(こうとしか言いようがない)。
・冬海愛衣……バカ(褒め言葉)。
こんな感じでしょうか。鋭太には女難の相が出まくっていて、これから苦労しそうですが…… 今回の保健室はかなりやばかった(笑)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
人気blogランキングへ
| 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:58 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック