CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< カウンターテナーによるヴィヴァルディの声楽曲(リチェルカール・コンソート) | main | ヘンデルの「主は言われた」(最近の録音) >>
EMIのシングルレイヤーSACDから、交響曲の名盤
評価:
ミュンシュ(シャルル),ベルリオーズ,パリ管弦楽団
EMIミュージック・ジャパン

評価:
テンシュテット(クラウス),マーラー,ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
EMIミュージックジャパン

EMIミュージック・ジャパンは、最近流行りの(?)SACD市場に本格的に参入するつもりなのでしょうか。まあ、そもそもSACDブームに火が付いたのは、EMIのフルトヴェングラー・シリーズからのようですが…… SACDハイブリッドに続き、SACD専用のシングル・レイヤー・ディスクも出ています。

わたしの場合は、通常のCDとしても聴けた方が何かと便利なので、初めて聴く録音はシングル・レイヤーでは買わず、特に良いと思った演奏でSACDを持っていなければ改めて入手したいと思っています。そこで今回は、すでに普通のCDを持っている、シャルル・ミュンシュ指揮のベルリオーズ「幻想交響曲」と、クラウス・テンシュテット指揮のマーラー:交響曲第6番「悲劇的」のディスクを入手しました。

ミュンシュ&パリ管によるこの「幻想交響曲」の録音は、異論を挟む余地のない決定盤としての地位を確立しております。確かに素晴らしい演奏だと思います。SACDでは、ひとつひとつの楽器がよりクリアに聞こえ、熱気が伝わってくるようです。

テンシュテット&ロンドン・フィルによるマーラー「悲劇的」の演奏としては、1983年のこの録音(マーラー交響曲全集から)に加え、1991年のライヴ録音も有名。どちらも評価が高く、ベスト盤に挙げる人も多い演奏です(ライヴ盤が少し勝っているかも)。ただ、この1983年盤は、デジタル録音です。工学系の知識がないので詳しくはわかりませんが、デジタル録音でSACDを制作する場合、DSD録音でないと十分にSACDの威力を発揮できないのでは? という懸念があったので、どんな具合かと思いましたが…… やはり、音の大きさや広がりが丸められてしまっているように聞こえました。金管や、金属系の打楽器の音はかなりキレイに聞こえます。演奏内容は、文句なしに素晴らしいのですが。

わが家の再生機器はシングル・レイヤーとハイブリッドの違いがはっきり出るほどのものではないと思うため、ハイブリッド・ディスクでもよいので、いろいろと名演・名盤のディスクを売り出してほしいと思います。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| マーラーの音楽 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 02:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック