CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2012年12月終了アニメの感想 | main | 2013年1月開始アニメ、はじめの感想 >>
2012年のまとめ
2012年ももうすぐ終了。いろいろと振り返ってみます。今年は昨年よりも何かと忙しかったため、見るアニメを絞ったり、CDがなかなか聴けなかったり…… と、影響が出ました。来年は少しはマシになればいいのですが……

●アニメについて
今年はこれぞ、という作品はなかったように思いますが、印象に残っているものを。『Fate/Zero』は、録画したもののまだ見ていません……
○『Another』は、ストーリーのまとめ方がうまく、最後までひきつけられました。見崎鳴のキャラも良かったです。
○『男子高校生の日常』は、まったくの日常系…… というわけでもなく、微妙なところを突いたギャグが笑わせてくれました。「女子高生は異常」のはじけっぷりも良かったです。
○『這いよれ!ニャル子さん』は、ストーリーについては特に言うことはないのですが…… なんだかよくわからないけど、引きつけられる作品でした(笑) キャラクターが個性的だったからでしょうか。「太陽曰く燃えよカオス」は良かったです。2期にも期待。
○『輪廻のラグランジェ』は、ストーリーはあまり深いものではなかったのですが、京乃まどかのナイスなキャラクターにかなり好感が持てるようになったので、印象に残りました。
○『貧乏神が!』は、基本はギャグなのですが、硬軟織り交ぜた構成がうまくはまって、なかなか楽しんで見られる作品になっていました。
○『トータル・イクリプス』は、架空の世界を描いてはいますが、いまの現実世界そのものの問題を反映して複雑なテーマを取り上げていたので、見方によっては考えさせられる作品でした(それがメインではない気もしますが)。

●鉄道について
記事は書かなかったのですが、鉄道乗りつぶしがかなり進んできていて、あとは九州地方の一部を残すのみになり、ゴールが見えてきました。来年は達成できそうです。鉄道で行けない沖縄にも行かなきゃいけませんが…… 続いて興味がわいたのは、鉄道代替バスです。九州の都城〜志布志、伊集院〜枕崎あたりの路線に乗ったところ、廃線跡なども見られて良かったので、福島の白棚線、北海道の胆振線や深名線にも乗ってみました。深名線は秋に行くつもりだったのが、もうかなり雪が積もっていて…… 北海道をなめてました(笑) ここはもう一度行きたいところ。来年は五新線あたりにも乗りたいですね。ニュースでは、急行「きたぐに」の定期運行が廃止されたのが印象に残っています。よく使っていましたので。夜行列車がどんどんなくなるのはさびしいところです。

●クラシック音楽について
 昨年はマーラーを主に聴きましたが、今年は加えてブルックナーやチャイコフスキーを聴いていきました。特にヴァントやムラヴィンスキーの名演を聴いて、曲の魅力に改めて気付かされました。円高の影響か、お値打ち価格の輸入盤CDやBOXセットが次々と発売されたので、どんどん購入したのですが、聴くのが追い付いていません……
 今年はなるべく生演奏を聴く機会を増やそうと思い、いろんなコンサートに行きました。バッハやヘンデルの大作、ブルックナーやチャイコフスキーも聴きましたが、やはり一番はエリアフ・インバル指揮の東京都交響楽団によるマーラー・ツィクルスです。インバルによるマーラーの演奏は、CDでよく聴いていたので、コンサートで実際に聴けるのはたいへんうれしかったです。演奏も見事で、毎回ソロ・カーテンコール。天候の関係で第2番「復活」だけ聴けなかったのは非常に心残りですが…… 来年早々の第5番と、後半の各曲にも大いに期待が持てます。コンサート終了後のサイン会にもなるべく参加し、レイチェル・ポッジャー、ヴァレリー・ゲルギエフ、鈴木雅明…… と、世界的に有名な方のサインもいただけました。来年はヴェルディやワーグナーが生誕200年ということで、オペラにも挑戦してみるべきか…? まずはBlu-rayで。

来年も良い経験ができればいいですが。
人気blogランキングへ
| 雑記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック