CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< トータル・イクリプス 第17話「仄暗き追憶」 | main | バッハ:モテット集(ガーディナーによる新録音) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
トータル・イクリプス 第18話「歪みの羽音」
ラトロワ中佐はユウヤに自分の息子を重ねて構ったのでしょうが、ユウヤの方も母親的なものを感じていたのではないか、と思うようになりました。メインの話はユウヤの過去やヒロインたちの動きなんですけど。

米軍のレオンがユウヤに突っかかる理由は、表向きは死者が出た演習中の事故が原因ということですが、彼の言動を見ていると、ユウヤに対する劣等感からきている部分も大きいのではないでしょうか。2番手に甘んじるつもりはない、というようなことも言っていましたし。そういう意味では私情を挟みまくりなのです。

ユウヤがその過去について話した相手は、クリスカでした。まあ、こういう話は日常的な付き合いのある職場の同僚や上官には話しにくいことでもあるでしょう。クリスカの対応は、「事故は一定の確率で起こるので、個人が責任を感じる必要はない」というもので、事実を淡々と述べているだけです。これは「自分以外のことなど気にしなくてもよい」と言っているわけではないので、納得できる内容です。

ここでユウヤは、ラトロワ中佐の言葉も思い出していました。中佐は「分をわきまえろ」が口癖だったので、この話を聞いていたら「すべてのことについて自分に責任があるなどと考えるのは、傲慢だ」というようなことを言ったかもしれません。それはともかく、ことあるごとにユウヤはラトロワ中佐のことを思い出していて、彼女からけっこう影響を受けていることがうかがえます。中佐はユウヤに自分の息子を重ねて見ていたところがあったのでしょうが、無意識ながら、ユウヤもそうだったのかもしれません。物心ついてから周囲や母親に反発していたので、大人(や母親)の言葉をちゃんと聞く機会がなかったのでしょう。中佐の話は、母親に諭されているのと同じようなものだったわけです。

さて、ユウヤの件について、ツイ中尉は唯依を呼び出して釘を刺しております。さすがに大人げなくヤキを入れたりはしませんでしたが…… 「色恋沙汰」に関して、唯依の本気度が問われます。

「好き」の反対が「無関心」だというのは、どこかで聞いて知ってましたよ(笑)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
人気blogランキングへ
| トータル・イクリプス(終) | 01:25 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1535
トラックバック
◎トータル・イクリプス第18話「歪みの羽音」
〓2000/8/12:ネバダ州グルームレク基地>シャロン:減速して!ユウヤ:まだだ!ついてこれねーなら帰島しろ!>大尉:チェイサーは俺が引き継ぐ>レオン:自殺する気ですか?凹...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/04/02 3:45 PM |