CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< コルボ指揮、フォーレのレクイエム(2種類) | main | マーラー:交響曲第6番、第9番(サロネン指揮) >>
ベートーヴェン:交響曲全集(バレンボイム指揮)
評価:
バレンボイム(ダニエル),ベートーヴェン,ウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ
ユニバーサル ミュージック クラシック

ダニエル・バレンボイムによるベートーヴェンの交響曲全集としては、シュターツカペレ・ベルリンの演奏によるもの(1999年録音)がありましたが、わたしは持っていません。このたび新録音が出て、しかもユニバーサルミュージックのCD誕生30周年の一環として、かなりお買い得になっているので、この機に入手してみました。

国内盤はSHM-CD仕様ですが、5枚組で2,980円(期間限定価格)と、輸入盤よりお安くなっています。演奏内容はどうかというと…… ウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラによる演奏。第9番の合唱団とソリストは以下の通りです。
・ソプラノ:アンナ・サムイル
・メゾ・ソプラノ:ワルトラウト・マイヤー
・テノール:ペーター・ザイフェルト
・バス:ヴォルフガング・コッホ
・合唱:ケルン大聖堂ヴォーカル・アンサンブル

聴き慣れない楽団名だったのですが、これはバレンボイムが中東の若い音楽家を集めて一緒に音楽をやろうということで結成したものだとか。バレンボイムが中東和平のためにいろいろやっておられることは知っていましたが、このような楽団も設けていたとは。

ベートーヴェンの演奏については、ドラマティック・ロマンティックな「巨匠風」スタイルと、楽譜重視のピリオド・アプローチがあり、最近ではティーレマンあたりが「巨匠風」を貫いているようですが、全体的にはピリオド・アプローチが主流だと思います。モダン楽器の演奏もそちらから影響を受けていますし。しかしバレンボイムはフルトヴェングラーの影響を受けていると言っているくらいなので、スタイルは「巨匠風」。音も重厚なものが聞こえてきます。

印象に残ったのは第1番、第2番あたりで、締まった良い演奏だと思いました。第6番「田園」は、ありがちな流麗な感じではなく、かなり力強い印象。第3番「英雄」や、第5番はちょっと物足りない感じでした(リピートを省略するのは個人的にはいただけません)。第9番は、ちょっとわざとらしくもったいぶりすぎかな〜と感じられるところがありました。ところどころのタメやアクセントが、いかにもフルトヴェングラーがやりそうな気がします(笑)

国内盤を低価格で売り出すということは、これを入門編として位置付けているのだと思いますが、確かに全集の入門編としては申し分ない演奏だと思いました。個人的にはピリオド・アプローチの方が好きなんですけど…… これはやり方の問題なので、どちらが間違っているとかいうことではないですからね。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| ベートーヴェンの音楽 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1526
トラックバック